当サイトの記事内には広告が含まれています

ヨネックス ブイコア 100 2023とブイコアプロ 100 2021の違い・比較・選び方を解説

ヨネックス

 

ヨネックスのブイコア 100 2023ブイコアプロ 100 2021ってどっちが自分に合っているかな?

違いが知りたい!

どちらもヨネックスの超人気ラケットなので、どっちを使おうか迷いますよね。

そこで今回は上記の疑問を持つ方へ向けて、実際に両方使った私が使用感の違いについてサクッと解説していきます(‘◇’)ゞ

本記事の内容

  1. スペック比較
  2. 使用感の違いを解説
  3. おすすめの選び方を解説

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年以上
  • ラケット試打数&購入数合計180本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

結論は、

「スピン&飛び&ボールスピードに特化したブイコア、球持ちの良さ&飛びとボールコントロール性能のバランスの良さが特徴のブイコアプロ」

です。

個別のレビュー記事はこちら↓

☑VCORE 100 2023

ヨネックス ブイコア 100 2023 インプレ 評価 感想レビュー パワフル超スピン
「ヨネックス ブイコア 100 2023(YONEX VCORE 100 2023)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑VCORE PRO 100 2021

ヨネックス ブイコアプロ 100 2021 インプレ 評価 感想レビュー 神ラケ
「Yonex Vcore Pro 100 2021」(ヨネックス ブイコアプロ 100 2021)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

(※最新作のブイコア 100 2023とパーセプト 100 2023の比較記事も書いてますので、気になる方はそちらをご覧ください↓)

ヨネックス ブイコア100とパーセプト100の違い・比較・選び方を徹底解説 2023
ヨネックスのブイコア100とパーセプト100(2023年モデル)を徹底比較していきます。違いを知りたい方はご覧ください。

ではでは、双方の違いについて細かくかみ砕いて解説していきますね。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

 

ヨネックス ブイコア 100 2023とブイコアプロ 100 2021のスペック比較

まずは簡単にスペック比較から。

ブイコア 100 2023 スペック ブイコアプロ 100 2021
100平方インチ フェイスサイズ 100平方インチ
300g 重さ 300g
320㎜ バランスポイント 320㎜
25.3-25.3-22㎜ フレーム厚 23㎜
16×19 ストリングパターン 16×19

両方とも100インチ/300g/バランス320㎜のいわゆる黄金スペックモデル。

黄金スペックは最も万人に扱いやすい仕様で人気があり、メーカー各社が特に力を注いでいるスペック。

最大フレーム厚はブイコアが25.3㎜、ブイコアプロが23㎜となっています。

基本的にフレームが厚い方がボールの飛びが強くなる傾向にある。

ヨネックス ブイコア 100 2023とブイコアプロ 100 2021の使用感の違いを解説

次にこの二つのラケットの使用感をそれぞれ比較していきます。

打感の柔らかさ

ブイコア 100 7.5~8/10
ブイコアプロ 100 7.5~8/10

両方とも柔らかめの打感。

とても柔らかいという感じではないですが、ヨネックスらしいスイートスポットの広さを感じやすいと思います。

ブイコアプロはフレームがしなりやすいタイプだから、スイングスピードが速いならブイコアより柔らかさを感じると思う。

【球離れについて】

ブイコアは球離れがやや早く、あっさりスカッとスピーディにボールを飛ばす弾きの良さがある。

一方、ブイコアプロはホールド感強めの球持ちの良いタイプで、ボールとガットの接地時間を長く感じます。

球離れは正反対の使用感。

ボールの飛びの良さ

ブイコア 100 8/10
ブイコアプロ 100 7.5~8/10

反発力はブイコアが強め、ブイコアプロが標準~やや強め辺り。

ブイコアは弾きの良さも相まってスピーディかつパワフルなスピンボールが飛んでいきます。

飛びやパワー重視ならブイコアが良い。

ブイコアプロは飛びすぎず飛ばなすぎず、丁度良い飛び感です。

【軌道について】

ブイコア⇒中軌道辺りのショットになりやすい

ブイコアプロ⇒低~中軌道辺りのショットになりやすい

少しブイコアプロの方が低めの印象。

回転のかけやすさ

ブイコア 100 9/10
ブイコアプロ 100 7~7.5/10

スピン性能はブイコアの方が確実に強力。

ガッツリ回転がかかったグリグリスピン系のショットを楽に打てます。

申し分なし。

ブイコアプロは標準的なスピン性能。

自然な回転量のフラットドライブが最も打ちやすいと思います。

【スライスに関して】

ブイコア⇒スピン同様にバッチリ回転がかかり、軌道はやや上がりやすい印象

ブイコアプロ⇒打球は中軌道辺りになりやすい印象

ボールコントロール性能

ブイコア 100 7~7.5/10
ブイコアプロ 100 8~8.5/10

ブイコアプロはホールド感(球持ち感)が強く、適度な飛びかつ、軌道も少し抑えやすいので、だいぶボールコントロールしやすい。

意図せぬアウトも起きにくいと思います。

使いやすい。

コントロール性能重視なら絶対ブイコアプロ。

ブイコアはスピン性能強め、飛び強め、弾き強めなので、細かなボールコントロールはブイコアプロより苦手。

コースを狙ってフラットショットを打ち抜くよりも、回転をかけてパワフルスピンショットをコート内に収めていく使い方が向いています。

操作性&取り回しの良さ

ブイコア 100 8/10
ブイコアプロ 100 8/10

2本とも標準的なスペックなので、特に違和感ナシ。

ストローク

ストロークの使用感の違いを書いていきます。

ブイコア 100 2023

スピン性能が強力で、ボールスピードを出しやすく、飛びも良い。

急降下して高く弾むグリグリスピンボールで相手からミスを引き出しやすいと思います。

ハイスピン&ハイパワー&ハイスピードラケット。

ブイコアプロ 100 2021

球持ちが良く、適度な飛びでボールコントロールしやすい。

スピン性能やスピード感はブイコアに負けますが、意図せぬアウトをしにくく、狙った所にボールを打ちやすいと思います。

攻撃時には打球がしっかりコート内に収まり、守備時にはきちんと相手コートに返せるバランスの良さが最高。

【守備に関して】

どちらも反発力はある部類なので、走らされた際のボールの処理はカンタン寄り。

ボレー

ボレーの使用感の違いを書いていきます。

ブイコア 100 2023

ストローク同様に弾きが良く、スカッとスピーディなボールが飛んでいく。

不用意に打球が浮くことも少なく、飛びは適度な感じです。

スパーンと弾く。

球が速い。

ブイコアプロ 100 2021

飛びすぎず飛ばなさすぎずの丁度いいパワー感、相手の打球に打ち負けない面の安定性、柔らかな打感を感じられる。

ボールが浮きにくい&ガットとの接地時間が長くて狙った所に打球を運びやすいし、トップクラスにボレーしやすいです。

弾き&スピード重視ならブイコア、ボールをフェイスに乗せて運ぶ感じが好きならブイコアプロが良いと思う。

サーブ

サーブの使用感の違いを書いていきます。

ブイコア 100 2023

フラットサーブ⇒ストロークやボレーと同じく、球速が出しやすい。

フルパワーで打つと飛びすぎるし、バウンド後のノビもそこそこだけど、8割位の力で打っても安定してスピーディな打球になるのは良い。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒回転系サーブの変化は大きめ。

スライスサーブはしっかり曲がり、スピンサーブはハネやすいです。

やはりスピードが出て回転のかかりが良い感触。

ブイコアプロ 100 2021

フラットサーブ⇒思い切り打つとややアウトしやすいけど、8割位の力で打つ分にはちゃんとサービスエリア内に収まり、コントロールもしやすい。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒打球の変化はまあまあ。

回転が超かかるとか、逆にかからないということもなく、標準的な印象。

おすすめの選び方:スピン&スピード重視ならブイコア、飛びとコントロールのバランス重視ならブイコアプロ

本記事ではヨネックスのブイコア 100 2023ブイコアプロ 100 2021を比較してきました。

ヨネックスの大人気ラケット2本!

名前は似ているけど、使用感はだいぶ違う。

おすすめの選び方は以下の通りです↓

ブイコア 100 2023

  • ラケットに強力なスピン性能を求める人
  • ボールを楽に飛ばしたい人
  • ボールスピード&弾きの良さ重視の人

ブイコアプロ 100 2021

  • ホールド感(球持ち感)重視の人
  • ボールの飛びとコントロール性能のバランスの良さを求める人
  • フラットドライブ系プレーヤー

では今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました