テクニファイバー ブラックコード 4S インプレ 評価 レビュー 高反発スピン

テクニファイバー

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー、テニスタイガーです(‘ω’)ノ

今回は「テクニファイバー ブラックコード 4S」(Tecnifibre Black Code 4S)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

本記事の内容

  1. スペック、使われているテクノロジーの紹介
  2. 打感、ボールの飛び、スピン性能などのインプレレビュー
  3. 類似・競合ガットの紹介

スペックや詳細情報を盛り込みつつ使用感を詳しく書いていくので、

  • このガットがどういった特徴を持っているのか知りたい方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「柔らかい打感と強めの反発性能、スピン性能が特徴のコスパの良いポリエステルストリング」

です。

では、早速紹介していきます。

3分位で読み終わるよ~。

 

 

スポンサーリンク

テクニファイバー ブラックコード 4Sのスペック

テクニファイバー ブラックコード 4S

太さ1.20mm/1.25mm/1.30mm
長さ12m/200m
構造ポリエステルモノ、特殊添加剤、特殊コーティング
素材ポリエステル
ブラック

テクノロジー/予備知識

サーモスコア テクノロジー数段階にわたりストリングを熱したり冷やしたりすることで柔らかさと安定性を与える技術

”攻撃的パワースピン”がコンセプトの4角形ストリング。

回転がかけやすい設計になっています。

価格は非常に安く、お財布に優しい。

テクニファイバー ブラックコード 4Sのインプレ・評価・感想レビュー

次に使用感のインプレ、評価、感想を書いていきます。

使用ラケットブリヂストン エックスブレード
太さ1.25mm
ブラック
ポンド数縦48ポンド、横46ポンド

※夏なので、普段より3ポンド上げたセッティングです。

打感の柔らかさ: 7.5/10

ポリの中ではまあまあ柔らかめな印象。

ボールの重さはあまり感じないあっさり軽めの打球感です。

ガッシリした感じはナシ。

球離れはやや早い。

ボールの飛びの良さ: 8/10

反発性能は非常に強く、ボールが楽に飛ぶ。

軌道は上がりやすいです。

ポリの中ではだいぶ飛ぶ部類。

飛びを抑えたい人には向かないけど、簡単に飛んで欲しい人にはおすすめ。

回転のかけやすさ: 9/10

スピン性能はバツグン。

普通に打ってもしっかり回転がかかり、ガンガンに回転をかけるスイングで打つとグリグリスピンが打てます。

”スピン特化型ポリ”というコンセプトにふさわしい回転量。

軌道が上がりやすいこともあって、急降下して良く弾む相手が打ちにくいスピンショットを量産できます。

 

 

類似・競合ガットの紹介

☑テクニファイバー ブラックコード

4Sより飛びとスピン性能が少し抑えめで、打感が非常に柔らかいポリ。

ソフトな打感を感じつつ、適度な飛びと回転性能でスピン系ショットを展開したいならこちらの方がおすすめです。

テクニファイバー ブラックコード インプレ 評価 レビュー 柔らかいスピン系
「テクニファイバー ブラックコード」(Tecnifibre Black Code)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑バボラ RPM ラフ

4Sと同等のスピン量を誇り、なおかつ飛びが少し抑えめなタイプ。

回転はかけたいけどそこまで飛びすぎて欲しくないならこちらの方がおすすめです。

バボラ RPMラフ(ブラストラフ)インプレ 評価 レビュー 柔らかスピン
「バボラ RPM ラフ(ブラストラフ)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

※テクニファイバーのポリ5種を打ち比べした記事もあるので、興味のある方はご覧ください。

テクニファイバーのポリガット(ストリング)5種類を打ち比べて違いを徹底比較!
テクニファイバーのポリエステルガット(ストリング)5種の特徴や実際に打ち比べ比較してわかった違いのインプレ・評価・感想レビュー記事です。

テクニファイバー ブラックコード 4Sはこんな人におすすめ

  • ポリの中ではやや柔らかいガットを使いたい人
  • 楽にボールを飛ばしたい人
  • ガンガンに回転をかけたい人
  • コスパ重視な人

こんな人には向いてない

  • 硬い打感が好きな人
  • ボールの飛びを抑えたい人
  • フラット系プレーヤー

まとめ:ソフトな打感で高軌道スピンショットを飛ばしやすい

本記事では「テクニファイバー ブラックコード 4S」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

ポリの中ではやや柔らかく軽めな打感、強めのボールの飛び&回転性能が特徴のスピン特化ポリ!

楽に軌道高めのスピンショットを展開して相手からミスを沢山引き出したい方には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したテニス用品一覧

 

 

(※ガットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも20%位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました