ヘッド グラフィン 360+ エクストリーム MP 2020 インプレ 評価 感想レビュー【スピンマシーン】

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー、テニスタイガーです(‘ω’)ノ

今回はHead社が誇る最強のスピンマシーン、「Head Graphene 360 + Extreme MP 2020」(ヘッド グラフィン 360+ エクストリーム MP 2020)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

本記事の内容

  1. スペック、使っているプロの紹介
  2. 使われているテクノロジーをサクッと解説
  3. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー
  4. 前作との比較/類似ラケットの紹介

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「強烈な回転量と飛びの良さ、ホールド感が特徴的なスピン特化型ラケット」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

スポンサーリンク

ヘッド グラフィン 360+ エクストリーム MP 2020のスペック


Head Graphene 360+ Extreme MP 2020

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント325㎜
ストリングパターン16×19
フレーム厚23㎜-26㎜-21㎜
発売日2020年7月

フェイスサイズと重さは標準的ですが、バランスポイント(重心)が普通よりも5㎜程度ラケットのヘッドに寄ったトップヘビー系のラケット。

トップヘビーはサーブやストロークの際に遠心力が効かせやすいという特徴がある。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

エクストリームシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

※プロテニス選手は独自にラケットをカスタマイズしているので、市販品とスペックが違うことがあります。

☑リシャール・ガスケ(世界最高ランク7位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

ESPN Tenis(@espntenis)がシェアした投稿

☑マッテオ・ベレッティーニ(世界最高ランク8位)

ブラックのデザインが印象的な数量限定モデル「Nite」もあります。(デザインのみの変更で性能は同じ)

 

 

テクノロジー/予備知識

グラフィン360+カーボン素材「グラフィン」とスパイラルファイバーを組み合わせ、高い剛性とクリーンな打球感を実現
スピングロメットストリングの可動域を増やし、スピン量とパワーを増大
スピンシャフトスイング時のねじれを抑え、面の安定性を向上

要はパワー&スピン増し増しの性能ということですな。

ヘッド グラフィン 360+ エクストリーム MP 2020のデザイン

前作の真っ黄色カラーからグレーを基調とした落ち着いたペイントに変更。

ストリングはスピンをより強く掛けやすくするために縦横の幅を広めに設計されており、目が粗くなっています。

スロート部は厚さ21㎜とやや薄く、スッキリしている印象です。

ヘッド グラフィン 360+ エクストリーム MP 2020のインプレ・評価・感想レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、感想を書いていきます。(ストリングは高いスピン性能を誇る「ゴーセン G-SPIN 3」を使いました)

打感の柔らかさ: 7.5/10

やや柔らかめの印象。

ガットがボールを掴むホールド感もスピン系ラケットの中では強めだと思います。

ガットのポンド数を下げてたわみ量を増やして使うのがおすすめ。

ボールの飛びの良さ: 8/10

パワーアシストは少し強め。

ボールが楽に飛んでくれます。

フラット系で打つと少し収まらないので、スピンを意識的にかけてキッチリコート内に収める意識で使うと良いと思います。

ボールがぶっ飛ぶパワー系ラケットの少し下くらいの飛び感。

スピンのかけやすさ: 9.5/10

スピン特化モデルというだけあって、回転量は反則級。

引っ掛かり感をとても強く強じられます。

フラット系で球出ししたつもりでもそこそこ回転がかかってハネるw

スライスもめちゃくちゃかかるし変化します。

コントロール性能: 7/10

ラケット全体で見るとスピン特化ゆえにややコントロール性能は落ちるものの、スピン系ラケットの中ではホールド感が強めで使いやすいモデルだと思います。

操作性&取り回しの良さ: 7/10

標準より5㎜ほど重心がトップ寄りの為、黄金スペックのものよりもちょっとだけ取り回しはしにくいです。

とはいえ300gではあるので、一般的な筋力の方なら普通に使えるかなと。

ストローク

比較的ラクに打ってもボールが跳ねるし曲がるし、急降下もしてくれる楽しいラケット。

バウンド後の伸びはえげつなく、ストローク相手がめちゃくちゃ打ちにくそうでしたし、ミスも沢山してくれましたw

中軌道のショットを永遠と打っているだけで相手の心は折れるはず( ̄▽ ̄)

普通のラケットなら打てないような鋭角のショートクロスショットも、ストンと落ちてコートに収まるのは面白かったですね。

フラット系のショットは先述した通りアウトしやすいので、基本中軌道で強烈なスピンがかかったショットを打ち相手を翻弄したい方向けです。

【守備に関して】

走らされた時でもパワーアシスト強めな分カンタンに返球可能。

守備型ストローカーにとっても良き相棒になると思います。

ボレー

トップヘビーですので標準的なものより若干取り回しが効きにくいです。

ただ、打感は柔らかくボールの飛びも良いので、あんまりボレーが得意ではない方にとっては優しめなモデルだと思います。

サーブ

ストローク同様に回転系が大得意。

スピンサーブは超跳ねるしスライスサーブも超曲がります。

あんまり頑張って打たなくても大きく変化してくれるのが嬉しい所。

フラットも収まりが良くてコントロールもまあまあ効くので、サーブに関しては文句なしに使いやすかったですね。

 

前作 エクストリーム MP 2018との比較

前作の「エクストリーム MP 2018」と比較すると、2020モデルは打感が柔らかくなり、ホールド感も増した印象。

標準的な打感の柔らかさで、球離れが早いスピンラケットが好き⇒2018

打感がやや柔らかく、ガットがボールを掴むホールド感のあるスピンラケットが好き⇒2020

といった具合に適性が分かれると思います。

類似・競合ラケット

☑ヘッド エクストリームツアー 2020

兄弟機種。

MPのスピン性能をコントロール性能に振り分けたようなモデルなので、フラットドライブをコントロールして展開していきたい中上級者にはこちらの方が向いていると思います。

ヘッド エクストリーム ツアー 2020 インプレ 評価 感想レビュー【シビア過ぎないコントロールスピン】
「Head Graphene 360+ Extreme Tour 2020」(ヘッド グラフィン 360+ エクストリームツアー 2020)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑バボラ ピュアアエロ 2019

黄金スペック&スピン特化型ラケット。

エクストリームより打感が硬く、飛びが強めです。

ピュアアエロ 2019 インプレ 評価 感想レビュー【王道スピンラケット】
Babolat Pure Aero 2019(バボラ ピュアアエロ 2019)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

☑ヨネックス ブイコア 100 2021

黄金スペック&スピン特化型ラケット。

エクストリームより少し打感が柔らかめです。

Yonex Vcore 100 2021 インプレ 評価 感想レビュー【柔らか超スピン】
「Yonex Vcore 100 2021」(ヨネックス ブイコア100 2021)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ヘッド グラフィン 360+ エクストリーム MP 2020はこんな人におすすめ

  • 強烈な回転系のショットで相手を翻弄したい方
  • ボールを楽に飛ばしたい方
  • 柔らかめの打感が好きな方

こんな人には向いてない

  • フラット系ストローカー
  • コントロール志向な方

まとめ:ボールの変化が大きい回転系ラケット

本記事では「Head Graphene 360 + Extreme MP 2020」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

強烈な回転量、やや強めなホールド感、飛びの良さが特徴的ラケット‥‥!

楽に強烈な回転ショットを打っていきたい方には最適だと思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

 

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました