新作情報まとめ ダンロップ FX500/ツアー 2023 テクノロジー ラインナップ

テニスラケットインプレ

今回は、2023年1月発売の新作テニスラケットシリーズ「ダンロップ FX500 2023(DUNLOP FX500 2023)」の

  • ラインナップ
  • 各種スペック
  • 使われているテクノロジー
  • インプレ/解説動画

の4つをまとめていきます。

5分で読めるよ。

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年以上
  • ラケット試打数&購入数合計170本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

 

 

 

スポンサーリンク

新作情報 ダンロップ FX500 2023 ラインナップ スペック インプレまとめ

ダンロップのシリーズ「FX500」に新作が登場。(既に予約の受け付けが開始中

鮮やかなブルーカラーのデザインです。

いいね!

ダンロップ FX 2023の特徴は?

FXはダンロップのパワー特化シリーズであり、2023シリーズのコンセプトは「柔らかい打球感」

強力なパワフルボールを打ちやすく、なおかつソフトな打ち心地も欲しいプレイヤー向けのテニスラケットです。

ダンロップ FX 2023を使用している選手は?

広告塔のジャック・ドレイパー選手やダブルスグランドスラマーのマックス・パーセル選手、若手有望株のポピリン選手などが使用しています。

今回の主なラインナップは以下の通り↓

以前のシリーズとの大きな違いは、

  • フレーム形状/スペックの微調整
  • 新テクノロジーの採用

です。

まずはラインナップについて詳しく見ていきましょう。

ダンロップ FX500 2023

 

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚23~26㎜
ストリングパターン16×19
RA値71⇒69

100インチ/300g/バランス320㎜のいわゆる黄金スペックモデル。

FXシリーズの主力モデルです。

フレームの硬さを表すRA値は69。

前作の71より2つ下がっている。

RA値が下がると打球感が柔らかく感じやすくなる傾向にあります。

 

関連記事>>FX500 2020 インプレ 評価 レビュー

ダンロップ FX500 ツアー 2023

 

フェイスサイズ98平方インチ
重さ305g
バランスポイント315㎜
フレーム厚21~23㎜
ストリングパターン16×19
RA値70⇒66

標準より面が小さく重い中上級者向けのスペック。

通常のFX500の飛びを少し抑えてボールを狙った所に打ち込むコントロール性能を上げたタイプです。

FX500ツアーもRA値が下がっている。

 

関連記事>>FX500 ツアー 2020 インプレ 評価 レビュー

ダンロップ FX500 LS 2023

 

フェイスサイズ100平方インチ
重さ285g
バランスポイント325㎜
フレーム厚23~26㎜
ストリングパターン16×19
RA値71⇒69

標準より15g軽い軽量モデル。

女性やジュニア、操作性重視の男性向けのスペックです。

ダンロップ FX500 ライト 2023

 

フェイスサイズ100平方インチ
重さ270g
バランスポイント330㎜
フレーム厚23~26㎜
ストリングパターン16×19⇒16×18
RA値71⇒69

超軽量タイプ。

ストリングパターンが前作の16×19から横糸を1本減らした16×18に変更になっています。

ガットは本数が減るとスピン性能が上がる傾向にある。

ダンロップ FX700 2023

 

フェイスサイズ107平方インチ
重さ265g
バランスポイント340㎜
フレーム厚23~27㎜
長さ27.25インチ
ストリングパターン16×19⇒16×18
RA値70⇒69

フェイスサイズが大きく、長さも通常の27インチより0.25インチ(6.35㎜)長いデカラケモデル。

こちらも16×19から16×18に変更されています。

ラケットに合わせてバッグの発売も開始

ラケットの発売に合わせて、バッグも3種類発売されます。

☑12本用

☑8本用

☑2本用

 

テクノロジー:ガットのたわみを増やしソフトな打ち心地を追求

主に以下のテクノロジーが搭載されています。

  • パワーブーストプラスグルーヴ
  • パワーブーストフレームジオメトリー
  • フレームスティフネスアジャストメント

 

出典:ダンロップ公式サイト

パワーブーストプラスグルーヴ

グロメットに設けた溝の深さと幅を従来よりも50%拡大することでガットのたわみを増やすテクノロジー。

たわみが増えることで反発性が向上し、スイートスポットも広くなる設計となっています。

たわみ量アップ。

パワーブーストフレームジオメトリー

フェイス部は剛性の異なる2つの形状を効果的に組み合わせた高反発なラウンドフレームを採用。

シャフト部はより高い剛性を実現し、ねじれを抑制。

スロート部はワイドに設計し、面安定性を向上。

フレームスティフネスアジャストメント

フレームの硬さを従来よりも柔らかくし、食いつき感を向上させ、より柔らかい打感を実現するテクノロジー。

インプレ・解説動画

☑ラフィノさん

【Fukky'sインプレ】ダンロップ最新テニスラケット『FX』全貌公開@初打ちイベントで細木祐佳プロと一緒!!

 

【Fukky'sインプレ】ダンロップ最新テニスラケット『FX500TOUR』初打ち(マッスル國司コーチ編)

☑ぬいさんぽさん

【パワーあるのに柔らかい】ダンロップ新FX500はパワー&マイルドで新感覚のラケット/ラケットインプレ〈ぬいさんぽテニス(Tennis)〉

メーカーの開発秘話はコチラ↓

開発担当者初出演!DUNLOPのガチはガチなのか!

発売日:2023年1月中旬

発売日は2023年1月中旬です。

既に予約の受け付け開始中!

まとめ:柔らかい打感を追求したパワー系

今回は「ダンロップ FX500 2023」についてまとめてきました。

グロメットの溝を拡大してガットのたわみ量を増やした他、フレームを従来よりも柔らかくすることでソフトな打ち心地を追求したパワー系ラケットとなっています。

ソフトなパワー系!

初回入荷分は数に限りがあるので、気になる方はお早めにどうぞ。

というわけで、以上です。

今回解説したテニス用品一覧

 

 

 

 

 

 

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました