当サイトの記事内には広告が含まれています

ダンロップ FX500LS 2023 インプレ 評価 感想レビュー 球速を出しやすい

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年以上の週末プレーヤー・テニスタイガーです(^^)/

今回は「ダンロップ FX500LS 2023」のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

 

本記事の内容

  1. スペックの紹介
  2. 使われているテクノロジーをサクッと解説
  3. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー
  4. 類似・競合ラケットの紹介

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年以上
  • ラケット試打数&購入数合計200本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「柔らかめの打感、弾きの良さ、飛距離&ボールスピードの出しやすさ、打ち負けにくさが特徴的な軽量フラットドライブ系ラケット」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

ダンロップ FX500LS 2023のスペック

「ダンロップ FX500LS 2023」

フェイスサイズ100平方インチ
重さ285g
バランスポイント325㎜
フレーム厚23-26㎜
ストリングパターン16×19

285gの軽量タイプ。

軽くて振りやすい設計です。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

解説動画

【Fukky'sインプレ】ダンロップ最新テニスラケット『FX』全貌公開@初打ちイベントで細木祐佳プロと一緒!!

 

関連記事>>新作情報 FX500 2023シリーズ ラインナップ テクノロジーまとめ

ダンロップ FX500LS 2023のデザイン

メタリックなブルー系のデザイン。

いいね!

 

 

 

ダンロップ FX500LS 2023のインプレ・評価・レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、レビューを書いていきます。

打感の柔らかさ: 8/10

ガットのたわみがわかりやすい柔らかめの打感。

フレームはほぼしならず屈強な感じですが、たわみ感によってソフトさを感じやすいタイプです。

たわみ系。

球離れについて

球離れは早め。

ガットがたわんだ後にすぐスカッと速球を弾き出す感触です。

弾きが良い。

ボールの飛びの良さ: 8~8.5/10

反発力は強め。

ハードヒッターだとアウトしやすいと思いますが、ラクにボールを飛ばしたい方にはピッタリだと思います。

よく飛ぶ。

球速も出しやすい。

軌道について

打球は低~中軌道辺りのスピードボールになりやすいです。

スピンのかけやすさ: 7.5~8/10

スピン性能はまあまあ。

勝手に強力な回転がかかることはないですが、自分から回転をかけるスイングで打つと結構かかる感触です。

もっと強烈な回転量の軽量ラケットが良いならSX300LSピュアアエロチームバーン100LS辺りが向いている。

スライスについて

スライスは適度な飛距離かつ中軌道のショットになりやすい印象。

コントロール性能: 7~7.5/10

打球を狙った所に打ち込むコントロール性能はボチボチといったところ。

弾きの良い高反発系なので、コントロール重視の方よりもパワー&スピードで相手を圧倒する使い方が向いていると思います。

操作性&取り回しの良さ: 8.5~9/10

軽めの285gなので、スイングしやすく疲れにくい。

女性やジュニア、操作性重視の男性向きです。

良い。

ストローク

ガットのたわむソフトさを感じつつ、あっさりスカッと直線的な高速ボールを弾き飛ばしやすい。

フレームの安定性も高く、軽量ラケットにありがちな打ち負けやすさ&押される感じは全くなく、相手がガンガン打ってきても強烈なカウンターショットを返球しやすいです。

飛距離&球速がラクに出せて、フレームの安定性もバツグン。

イメージ通りの「パワー系軽量ラケット」という感じ。

ただ、パワーと弾きが強い分コントロール性能はそこそこで、強打する際は軌道を低めに抑えるか、回転をしっかりかけることを意識しないとアウトしやすい。

コントロール重視のプレイヤーよりも、パワーとスピードで勝負したいプレイヤーにおすすめの1本だと思います。

コントロール性能&球持ち感強めの軽量モデルが良いならCX400パーセプト 100Lクラッシュ100Lとかが良い。

守備について

ボールが楽に飛ばせて面の安定性も良いので、走らされた際のボールの処理はカンタン。

守備時に安心感があります。

ボレー

パン!と鋭くボールを弾いてスピーディかつ攻撃的なボレーがしやすい。

やはり面の安定性が高く、打ち負けにくい所もメリットです。

サーブ

フラットサーブ⇒ストローク同様に軽く打ってもボールスピードや球威が出しやすい。

サービスエリア内への収まりもまあまあ良いと思います。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒回転のかかりは良好。

結構曲がったりハネたりしやすいです。

スカッとスピーディなフラットサーブを叩き込める!

回転もかけやすい!

 

 

類似・競合ラケットの紹介

ライバルラケットを紹介していきます

ダンロップ FX500 2023

300gの兄弟モデル。(100インチ/バランス320㎜)

パワー&スピン&コントロール性能はほぼLSと同じくらいの印象。

重さによる球威の出しやすさを求めるなら通常のFX500、操作性重視ならFX500LSといった風に選ぶと良いと思います。

ガットのたわみがわかりやすいパワー系の2本。

ダンロップ FX500 2023 インプレ 評価 感想レビュー ソフトな超パワー&スピード系
「ダンロップ FX500 2023」(DUNLOP FX500 2023)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ダンロップ CX400 2024

コントロール系シリーズ「CX」の軽量モデル。(100インチ/285g/バランス330㎜)

FX500LSにパワーや球速の出しやすさは負けますが、その代わりに打感がより柔らかく、球持ちが良く、適度な飛び感でボールコントロールしやすい。

ソフトさやコントロール性能重視ならCX400の方がおすすめです。

FX500LSよりもソフトな打ち心地。

ダンロップ CX400 2024 インプレ 評価 感想レビュー ソフトな軽量コントロール系
ダンロップ CX400 2024のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ダンロップ SX300LS 2022

スピン特化シリーズ「SX」の軽量モデル。(100インチ/285g/バランス325㎜)

FX500LSにパワーや球速の出しやすさは負けますが、回転をかけやすく、曲がりながら急降下して高く弾むグリグリスピンを打ちやすい。

スピン性能重視ならSX300LSの方がおすすめ。

ガンガンに回転がかかる◎

ダンロップ SX300 LS 2022 インプレ 評価 感想レビュー 軽量超スピン
ダンロップ SX300 LS 2022のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ダンロップ FX500LS 2023はこんな人におすすめ

  • 柔らかめの打感が好きな人
  • 楽にボールを飛ばしたい人
  • 球速の出しやすさ重視の人
  • 打ち負けにくさ重視の人
  • 軽いラケットを使いたい人

こんな人には向いてない

  • ボールの飛びを抑えたいコントロール志向な人
  • 球持ち感/ホールド感重視の人
  • 強力なスピン性能を求める人

まとめ:ラクにスピードボールを弾き飛ばせるたわみ系パワーモデル

本記事では「ダンロップ FX500LS 2023」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

柔らかめの打感、強めの反発力、球速の出しやすさ、面の安定性の高さが特徴の軽量モデル!

ソフトな打ち心地で打ち負けにくい軽量パワー系ラケットを使いたい方には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるから、実店舗で買うよりも5000~10000円くらい安く手に入るよ。

今回解説したテニス用品一覧

 

タイトルとURLをコピーしました