新作情報まとめ ヘッド ラジカル MP/プロ (HEAD RADICAL)2023

テニスラケットインプレ

今回は、2023年2月発売の新作テニスラケットシリーズ「ヘッド ラジカル 2023(HEAD RADICAL)」の

  • ラインナップ
  • 各種スペック
  • 使われているテクノロジー
  • インプレ/解説動画

の4つをまとめていきます。

5分で読めるよ。

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年以上
  • ラケット試打数&購入数合計170本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

 

 

 

スポンサーリンク

新作情報 ヘッド ラジカル MP/プロ 2023 ラインナップ スペックまとめ HEAD RADICAL

ヘッドの超人気シリーズ「ラジカル」に新作が登場。(既に予約の受け付けが開始中

ネイビーブラック×オレンジ系のカッコいいデザインです。

デザイン超良い!

 

ヘッド ラジカル 2023の特徴は?

ラジカルはパワー&スピン&コントロールのバランスの良さ/オールラウンドさをコンセプトにしたシリーズ。

2023バージョンは、新たにオーセチックというヘッド独自のテクノロジーを採用し、従来よりも扱いやすさをアップした仕様となっています。

ヘッド ラジカル 2023を使用している選手は?

BIG4の一角のマレーや、トップランカーのシュワルツマンフリッツなどが使用しています。

今回の主なラインナップは以下の通り↓

以前のシリーズとの大きな違いは、

  • 新テクノロジー「オーセチック」の採用

です。

まずはラインナップについて詳しく見ていきましょう。

ヘッド ラジカル(RADICAL) プロ 2023

 

フェイスサイズ98平方インチ
重さ315g
バランスポイント315㎜
フレーム厚20-21.5-21㎜
ストリングパターン16×19
CPI200

ラジカルの最上位モデル。

重量があってフレームは薄いスペックです。

パワフルな中上級者に好まれる1本。

※CPIとは?

⇒ヘッド独自の指標で、数値が小さいほどボールの飛びが控えめでアウトしづらく、大きいほどラクにボールを飛ばせる傾向があります。

CPI200はトップクラスに低く、グラビティプロ2021やプレステージプロ2021と同じ数値です。

ヘッド ラジカル(RADICAL) MP 2023

 

フェイスサイズ98平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚20-23-21㎜
ストリングパターン16×19
CPI400

ラジカルシリーズの主力モデル。

重量は標準的ですが、少し面が小さいので振り抜きの良いスペックです。

ラジカルプロと比べてフレームがやや厚く、ボールを飛ばすパワーが備わったタイプ。

シリーズの中で一番人気。

 

CPI400は、

と同じ数値です。

 

関連記事>>ラジカル MP 2021 インプレ レビュー

ヘッド ラジカル(RADICAL) チーム 2023

 

フェイスサイズ102平方インチ
重さ280g
バランスポイント320㎜
フレーム厚22-25-23㎜
ストリングパターン16×19
CPI700

少し面が大きくて軽い軽量デカラケモデル。(※前作では「ラジカルS」という名称でした)

楽にボールを飛ばしたい方やボレーを頻繁にするダブルスプレイヤー向きの設計です。

軽いラケットはバランス(重心)がヘッド寄りになるモデルが多いけど、このラジカルチームは標準的な320㎜。

操作性がかなり良いタイプ。

CPI700は

と同じ数値です。

ヘッド ラジカル(RADICAL) チーム L 2023

 

フェイスサイズ102平方インチ
重さ260g
バランスポイント340㎜
フレーム厚22-25-23㎜
ストリングパターン16×19
CPI800

標準より40g軽い超軽量タイプ。(※前作では「ラジカルLITE」という名称でした)

女性やジュニアに人気のスペックです。

CPI800は、

  • スピード チーム L 2022

と同じ数値です。

テクノロジー:飛びや打ち心地のばらつきを抑え安定感を向上

主に以下のテクノロジーが搭載されています。

  • オーセチック
  • グラフィン インサイド
  • サウンドグロメット
  • コントロールパターン
  • バリアブルビーム

 

参考:ヘッド公式サイト

オーセチック(Auxetic)

横に引っ張ると全体が均一に広がり、横に押し込むと全体が縮まる特殊な分子構造”オーセチック”をフレームのヨーク部(5時~7時の間の部分)に採用。

この機能があることによってスイートエリアを少し外した際に本来なら起こるヨーク部の変形具合のばらつきを抑え、飛びや打球感の安定性に繋がる設計となっています。

オーセチックがあると打感が柔らかく、スイートスポットが広く感じる傾向にある。

ブーン2022/スピード2022/エクストリーム2022/プレステージ2021にも使われている。

分子構造をわかりやすくした模型は以下の通り↓

面白い素材ですね。

通常の素材なら横に引っ張ると真ん中が細くなり、横に押し込むと真ん中が縦長になるけど、これは均一に広まり縮む。

グラフィン インサイド(Graphene Inside)

前作から使用されていた

ダイヤモンドよりも硬いカーボン素材「グラフィン」

を今作にもきっちり使用。

高い剛性とクリーンな打球感を実現しています。

サウンドグロメット(SOUND GROMMETS)

ストリングの動きと打球音を最適化するグロメット。

コントロールパターン(CONTROL PATTERN)

コントロールとパワーの完璧な両立をもたらす密度の高い16×19のストリングパターン。

バリアブルビーム(VARIABLE BEAM)

パワー&コントロール×スピンの完璧なバランスを生むフレーム設計。

解説・インプレ動画

☑ラフィノさん

【HEAD Tennis】みんなのラジカルに『オーセチック』搭載!!2023年最新モデル全貌公開!!

 

【Fukky'sインプレ】ヘッド みんなのラジカル”v2.0”『オーセチック』搭載モデル初打ち!!

☑ウィンザーさん

本日情報解禁!30年目のHEAD RADICAL!

発売予定は2023年2月中旬

発売予定は2023年2月中旬です。

予約受付開始中!

ラジカルは非常に人気のあるシリーズで品薄・品切れ状態になりやすいので、確実にゲットしたい方は予約がおすすめです。

まとめ:オーセチック採用でより安定感のあるラケットに変化

今回は「ヘッド ラジカル 2023」シリーズについてまとめてきました。

ヨーク部にオーセチックを使用することでミスヒットした際のボールの飛びや打感のばらつきを抑え、安心して振っていけるラケットとなっています。

より使いやすく変化したヘッドの大定番シリーズ。

初回入荷分は数に限りがあるので、気になる方はお早めにどうぞ。

というわけで、以上です。

今回解説したラケット用品一覧

 

 

 

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました