ヘッド スピード プロ 2020 インプレ 評価 感想レビュー【ジョコビッチモデル】

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー、テニスタイガーです(‘ω’)ノ

今回はノバク・ジョコビッチ使用モデルの「Head Graphene 360+ Speed Pro 2020」(ヘッド グラフィン 360+ スピード プロ 2020)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

本記事の内容

  1. スペック、使っているプロの紹介
  2. 使われているテクノロジーをサクッと解説
  3. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー
  4. 類似ラケットの紹介

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「柔らかめな打感と高いコントロール性能が特徴的な中上級者向けスピン系ラケット」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

スポンサーリンク

ヘッド スピード プロ 2020のスペック

Head Graphene 360+ Speed Pro 2020

フェイスサイズ100平方インチ
重さ310g
バランスポイント315㎜
フレーム厚23㎜
ストリングパターン18×20

フェイスサイズは標準的な100インチですが、重量はやや重く、ストリングパターンは目が細かい18×20。

バランスポイント(重心)は普通より5㎜ほど手元よりのトップライト系ラケットです。

トップライト系はフルスイングしやすくボレー時に取り回しが利く。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

ヘッド スピードシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

※プロテニス選手は独自にラケットをカスタマイズしているので、市販品とスペックが違うことがあります。

☑フェルナンド・ベルダスコ(世界ランク最高7位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lo mejor está por llegar . Best is yet to come

FΞRNΛNDO VΞRDΛSCO(@ferverdasco)がシェアした投稿 –

色に関しては、ジョコビッチ専用カラーの「Black」もあります。(2021年発売、数量限定)

☑ノバク・ジョコビッチ(世界最高ランク1位)

 

テクノロジー/予備知識

 

グラフィン 360シャフト部とフレームにダイヤモンドよりも硬いカーボン素材「グラフィン」を使用し、フレームの安定性とエネルギーの伝達精度を向上させた。
スパイラル・ファイバー・テクノロジーフレームの5時7時部分にフレックスを高めクリーンな打球感を実現する革新的なスパイラル・ファイバーを搭載。

ヘッド スピード プロ 2020のデザイン

ホワイトを基調としたシンプルなデザイン。

18×20なので結構ガットの目の細かさは感じますね。

ヘッド スピード プロ 2020のインプレ・評価・感想レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、感想を書いていきます。(※ガットは「テクニファイバー アイスコード」を使用しました。)

打感の柔らかさ: 7.5/10

やや柔らかめな印象。

ガットがたわむ感触やホールド感をしっかり感じられます。

ガツンと来るようなハードさはナシ。

ボールの飛びの良さ: 7.5/10

反発性能はやや強く、割とラクにボールが飛びます。

ストリングパターン18×20のラケットは飛びが抑えられたラケットが多いですが、それらと比較するとだいぶ飛んでくれます。

頑張って振っているのに全然飛ばないってことにはならないと思う。

スピンのかけやすさ: 8/10

スピン性能は結構高め。

打球に強めの回転がかかりやすいです。

ガッツリ回転をかけるとボールが急降下しハネる。

【スライスに関して】

スライスの回転量はそこそこで、中軌道のショットが打ちやすい印象です。

コントロール性能:8.5/10

飛びが強すぎずなおかつスピン性能もあるので、コントロール性能もまあまあ高め。

フラット系でガンガン打たなければそんなにアウトは起きないと思います。

スピン×コントロールのバランスが良い。

操作性&取り回しの良さ: 7/10

標準より10g重いので、ちょい取り回しにくさはあり。

300gのラケットに慣れている自分からするとやや重量は感じましたね。

ストローク

回転量多めのフラットドライブをコントロールして展開していきやすい\(^_^)/

フラットで打つとだいぶ飛びますが、スピン要素を混ぜて打っていくとキッチリコート内に収まります。

ある程度パワーアシストのあるコントロール系スピンラケットを使いたい人にドンピシャな感じ。

18×20で難しそうと思う方も多いかもしれないですが、飛ぶし回転もかけやすいので、あまり難易度は高くない使いやすいラケットだと思います。

【守備に関して】

走らされた時のボールの処理は、カンタンでもなく、難しくもなくといった印象です。

ボレー

スイートスポットを外すと若干の硬さはありますが、飛びすぎず飛ばなすぎのパワー感でボールコントロールしやすい。

ただ、310gなので、取り回しはちょっとしにくいですね。

サーブ

フラットサーブ⇒コントロールしやすく、ガッツリ振っても収まってくれる。

バウンド後の伸びも結構良いと思います。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒変化がやや大きめ。

そこそこしっかり回転がかかり、曲がったりハネたりしやすいです。

フラットも回転系もどっちもいける!

 

類似ラケットの紹介

☑ヘッド スピード MP 2020

兄弟機種。

プロよりMPの方がボールが飛びやすく打感も柔らかいので、よりラクにスピンショットを飛ばしていきたい方向けです。

MP⇒中級者向け

PRO⇒中上級者向け

といった感じ。

Head グラフィン 360+ スピード MP 2020 インプレ 評価 感想レビュー【神ラケ】
「ヘッド グラフィン 360+ スピード MP 2020」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ヘッド グラビティ プロ 2019

スピードプロよりボールの飛び控えめ、ガットがボールを掴むホールド感強め、コントロール性能高めなフラット系ラケット。

スピンよりもコントロール重視のフラット系プレーヤーにおすすめです。

ヘッド グラビティプロ 2019&2021 インプレ 評価 感想レビュー【ズベレフモデル】
「Head Graphene 360 + Gravity Pro 2019&2021」(ヘッド グラフィン 360+ グラビティ プロ 2019&2021)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ヘッド スピード プロ 2020はこんな人におすすめ

  • ボールにしっかり回転をかけたい人
  • コントロール性能を重視する人
  • 柔らかな打感が好きな人
  • ジョコビッチ使用モデルを使いたい人

こんな人には向いてない

  • 硬い打感が好きな人
  • 軽いラケットを使いたい人

まとめ:ジョコビッチが使用する柔らかい打感のコントロール系スピンラケット

本記事では「Head Graphene 360+ Speed Pro 2020」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

やや柔らかめな打感、高いコントロール性能、スピン性能が特徴的なラケット!

ボールがある程度飛んでくれてコントロールしやすいスピン系ラケットを使いたい中上級者には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

 

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました