ヘッド エクストリーム S 2020 インプレ 評価 レビュー スピン系デカラケ

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー、テニスタイガーです(‘ω’)ノ

今回は「Head Graphene 360+ Extreme S 2020」(ヘッド グラフィン 360+ エクストリーム S 2020)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

本記事の内容

  1. スペック、使っているプロの紹介
  2. 使われているテクノロジーをサクッと解説
  3. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー
  4. 類似・競合ラケットの紹介

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「打感が柔らかくボールが楽に飛び、超回転をかけやすい初中級者向けスピン特化型デカラケ」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

スポンサーリンク

ヘッド エクストリーム S 2020のスペック

Head Graphene 360+ Extreme S 2020

フェイスサイズ105平方インチ
重さ275g
バランスポイント340㎜
ストリングパターン16×19
フレーム厚23㎜-26㎜-22㎜

標準より面が5インチ大きく、非常に軽量なスペック。

いわゆるデカラケですが、フレーム厚は26㎜とそこまで分厚くはない設計です。

通常のデカラケはフレームが27㎜以上あるから、当てるだけでボールがぶっ飛ぶような感じではなさそう。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

エクストリームシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

※プロテニス選手は独自にラケットをカスタマイズしているので、市販品とスペックが違うことがあります。

☑リシャール・ガスケ(世界最高ランク7位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

ESPN Tenis(@espntenis)がシェアした投稿

☑マッテオ・ベレッティーニ(世界最高ランク8位)

テクノロジー/予備知識

グラフィン360+カーボン素材「グラフィン」とスパイラルファイバーを組み合わせ、高い剛性とクリーンな打球感を実現
スピングロメットストリングの可動域を増やし、スピン量とパワーを増大
スピンシャフトスイング時のねじれを抑え、面の安定性を向上

要はパワー&スピン増し増しの性能ということですな。

ヘッド エクストリーム S 2020のデザイン

グレーを基調としたおしゃれで落ち着いたデザイン。

ストリングはスピンをより強く掛けやすくするために縦横の幅を広めに設計されており、目が粗くなっています。

フェイスも大きいからガットのマス目が大きいね。

スロート部は厚さ22㎜とやや薄く、そこまでゴツい感じはナシ。

ヘッド エクストリーム S 2020のインプレ・評価・感想レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、感想を書いていきます。

打感の柔らかさ: 9/10

とても柔らかい印象。

ガットのたわみがわかりやすく、手首や肘に優しい系です。

めっちゃソフト。

ボールの重みを感じにくい軽めであっさりとした感触。

ボールの飛びの良さ: 8.5/10

反発性能は強く、ボールはラクに飛ぶ。

フラット系で叩くと飛びすぎる傾向にありますが、力まずにストローク展開するにはとても使い勝手が良かったですね。

スイートスポット広めだからミスヒットにもなりにくい。

スピンのかけやすさ: 9.5/10

スピン特化型のエクストリーム×スピンをかけやすいデカラケという回転をかけるのに最高の組み合わせなので、超回転がかけやすい◎

あんまり頑張って打たなくてもガッツリ回転がかかります。

【スライスに関して】

スライスもスピン同様にバッチリかかり、バウンド後に変化しやすい打球になる。

軌道はやや上がりやすいです。

コントロール性能: 6/10

ボールが良く飛ぶスピン系デカラケなので、細かくコースを狙っていくのは苦手なタイプ。

操作性&取り回しの良さ: 9/10

面は大きいものの、軽いので操作性は良いです。

疲れにくい。

ストローク

曲がり、急降下し、高くハネる中~高軌道のグリグリスピンをカンタンに打てる◎

相手のミスを沢山引き出せます。

ボールは非常に飛びやすいですが、強烈なスピン回転のおかげで急降下してコートに比較的収まりやすいので、意図せぬアウトも意外と少なく使いやすかったです。

軽くてスイートスポットも大きいし、無理せずグリグリスピンショットを展開できるラクラク回転特化ラケットというイメージ。

欠点としては、相手の力強い打球に弾かれやすい点。

軽量デカラケなのでこの点は仕方ないですが、ガンガン攻撃してくるプレーヤーと戦う機会が多い中上級者にはあまり向いてないですね。

あと先述したようにフラットで振り切ると飛びすぎる。

攻撃するときはしっかり前の打点で回転をかけるスイングで打っていこう。

【守備に関して】

当てるだけでも相手コート後方に割と返球できるので、守備は簡単。

ゆったりとした滞空時間の長いバックハンドスライスも打ちやすいので、ディフェンス系プレーヤーには心強い味方になると思います。

ボレー

面が大きくて軽く、打感も柔らかいカンタン系。

ただ、若干飛びすぎる感があるので、キッチリ前の打点で面が上を向かないようにボールを捉えることを意識する必要はありますね。

サーブ

フラットサーブ⇒思い切って打つと飛びすぎる。

その代わりに軽く打ってもそこそこスピードが出て収まりやすいサーブが打てるので、楽ちんです。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒打球の変化が大きめ。

スライスサーブはしっかり曲がり、スピンサーブはハネます。

回転系のサーブと力まず展開できるフラットサーブを織り交ぜて使うのがしっくりきた。

 

 

類似・競合ラケットの紹介

☑ヘッド エクストリーム MP 2020

エクストリームシリーズのメイン機種。(100インチ、300g)

300gのラケットを無理せず振れて、相手の打球に打ち負けずにヘビースピンショットを打ちたいならこちらの方が向いています。

S同様にめちゃくちゃ回転がかけやすい。

ヘッド エクストリーム MP 2020 インプレ 評価 レビュー スピンマシーン
「ヘッド グラフィン360+ エクストリーム MP 2020(Head Graphene 360+ Extreme MP 2020)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ヘッド グラビティ S 2019 2021

104インチ、285gでエクストリームSと近いスペックのラケット。

ボールが良く飛び回転がかかる点はエクストリームと同じなので、もう少し重くてもOKなら選択肢に入ってきますね。

かなり似たタイプのラケットだからデザインで決めちゃうのも割とアリだと思う。

ヘッド グラビティ S 2019&2021 インプレ 評価 レビュー
「Head Graphene 360+ Gravity S 2019 2021」(ヘッド グラフィン 360+ グラビティ S 2019 2021)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ヘッド エクストリーム S 2020はこんな人におすすめ

  • 柔らかい打感が好きな人
  • 楽にボールを飛ばしたい人
  • スイートスポット広めが良い人
  • グリグリスピンを打ちたい人

こんな人には向いてない

  • 硬い打感が好きな人
  • コントロール志向な人
  • パワフルな人
  • フラット系プレーヤー

まとめ:ボールが良く飛ぶ超スピン特化型デカラケ

本記事では「Head Graphene 360+ Extreme S 2020」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

柔らかい打感、強めの反発性能、グリグリスピンの打ちやすさが特徴のデカラケ!

ソフトな打感を感じつつ、力まず楽にグリグリスピンを展開したい初中級者の方には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました