新作情報まとめ ヨネックス ブイコア 100/98/95(YONEX VCORE)2023

ヨネックス

今回は、2023年1月発売の新作テニスラケットシリーズ「ヨネックス ブイコア 2023(YONEX VCORE 2023)」の

  • ラインナップ
  • 各種スペック
  • 使われているテクノロジー
  • インプレ/解説動画

の4つをまとめていきます。

5分で読めるよ。

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年以上
  • ラケット試打数&購入数合計170本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

 

 

 

 

スポンサーリンク

新作情報 ヨネックス ブイコア 100/98/95 2023 ラインナップ スペックまとめ YONEX VCORE

ヨネックスの超人気シリーズ「ブイコア」に新作が登場。(既に発売が開始中

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yonex Tennis(@yonex_tennis)がシェアした投稿

ヨネックス ブイコア 2023の特徴は?

ブイコアはヨネックスのスピン特化シリーズであり、2023シリーズのコンセプトは「跳高弾道スピン」

グリグリスピンで相手を翻弄したいプレイヤー向けのテニスラケットです。

従来のモデル以上にスピン性能を上げた仕様!

メイドインジャパン品質!

ヨネックス ブイコア 2023を使用している選手は?

広告塔のシャポバロフ選手や日本トップランカーの西岡良仁選手などが既に使用を開始しています。

今回の主なラインナップは以下の通り↓

以前のシリーズとの大きな違いは、

  • フレーム形状/スペックの微調整
  • 新テクノロジーの採用

です。

まずはラインナップについて詳しく見ていきましょう。

ヨネックス ブイコア(VCORE)100 2023

 

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚24-25-22㎜⇒25.3-25.3-22
ストリングパターン16×19

強烈な回転をかけやすい100インチ/300g/バランス320㎜のブイコアの主力モデル。

ヨネックスの超人気スピン系ラケット。

フレーム厚は前作の2021モデルよりも若干厚いスペックとなっています。

フレームは厚くなるほどボールの飛びが良くなる傾向にある。

 

関連記事>>ブイコア 100 2021 インプレ・評価・レビュー

ヨネックス ブイコア(VCORE) 100L 2023

 

フェイスサイズ100平方インチ
重さ280g
バランスポイント330㎜
フレーム厚24-25-22㎜⇒25.3-25.3-22
ストリングパターン16×19

ブイコア100の軽量バージョン。

こちらもフレームが厚くなっています。

女性やジュニア・操作性重視の男性プレイヤー向けモデル。

 

関連記事>>ブイコア 100L 2021 インプレ・評価・レビュー

ヨネックス ブイコア(VCORE) 98 2023

 

フェイスサイズ98平方インチ
重さ305g
バランスポイント315㎜
フレーム厚22.5-23-21㎜⇒23-23-21
ストリングパターン16×19

標準より少し面が小さく重い中上級者向けのスペック。

100同様に98もとても人気があります。

使いやすい。

 

関連記事>>ブイコア 98 2021 インプレ・評価・レビュー

ヨネックス ブイコア(VCORE) 98L 2023

 

フェイスサイズ98平方インチ
重さ285g
バランスポイント325㎜
フレーム厚22.5-23-21㎜⇒23-23-21
ストリングパターン16×19

98の軽量バージョン。

スイングのしやすさや振り抜きの良さ重視の方に合うスペックですね。

ヨネックス ブイコア(VCORE) 95 2023

 

フェイスサイズ95平方インチ
重さ310g
バランスポイント310㎜
フレーム厚21.5-22-21㎜⇒22-22-21
ストリングパターン16×20

ブイコアシリーズの中で最も面が小さく重い最上位モデル。

速いスイングでボールを打ち抜きたいプレイヤー向けのスペックです。

 

関連記事>>ブイコア 95 2021 インプレ・評価・レビュー

ヨネックス ブイコア(VCORE) 102 2023

 

フェイスサイズ102平方インチ
重さ275g
バランスポイント330㎜
フレーム厚26-26-22㎜
長さ26.75インチ
ストリングパターン16×18

ブイコアシリーズに新たに追加された102インチモデル。

面が少し大きい上に、ストリングパターンは通常の16×19より横糸が1本少ない16×18を採用し、スピン回転がかけやすい設計となっています。

ガットは本数が少ないほどボールに回転をかけやすくなる傾向にあるから、かなり回転がかかりそうなラケット。

ブイコアシリーズの中で唯一長さが標準の27インチより0.25インチ短い26.75インチになっていて、操作性も良いタイプですね。

ヨネックス ブイコア(VCORE) GAME 2023

 

フェイスサイズ100平方インチ
重さ270g⇒265g
バランスポイント330㎜⇒335㎜
フレーム厚24-26-22㎜⇒26-26-22.5
ストリングパターン16×18

超軽量モデル。

前作よりさらに軽くなり、フレームも厚く変更されています。

 

関連記事>>ブイコア GAME 2021 インプレ・評価・レビュー

ラケットに合わせてバッグの発売も開始

ラケットの発売に合わせて、ブイコアカラーのバッグも発売されます。

☑2本用

☑6本用

☑9本用

 

テクノロジー:シリコンオイルをグロメットに浸透させスピン量を増加

主に以下のテクノロジーが搭載されています。

  • シリコンオイルインフューズグロメッツ
  • フレームトップ幅広設計
  • フレーム正面厚最薄設計
  • 新シャフト設計
  • アイソメトリック&VDM
  • 2Gエヌアムドフレックスフォース

 

出典:ヨネックス公式サイト

シリコンオイルインフューズグロメッツ(Silicone Oil Infuse Grommets)

シリコンオイルをグロメット内部に浸透させることで、ガットの滑りを良くし、スピン性能を上げるテクノロジー。(滑り性26.3%アップ)

ガットが動いて元に戻る力(スナップバックと呼ばれる)が増大すると、回転量も上がりやすくなる。

フレームトップ幅広設計

フレームトップを幅広にすることで、ショットの軌道を上げやすくするテクノロジー。

フレーム正面厚最薄設計

フレームの正面厚を以前のモデルよりも薄くすることで空気抵抗を減らし、スイングスピードを引き上げるテクノロジー。

新シャフト設計

シャフトの幅と断面形状を変更することでねじれとパワーロスを防ぐテクノロジー。

アイソメトリック&VDM

 

ヨネックス独自のフレーム形状「アイソメトリック」と雑振動を抑える「VDM」も採用。

アイソメトリックはスイートスポットが従来のラケットと比べて7%ほど広くなるメリットがあり、VDMは衝撃値を11%減衰させられるメッシュ素材です。(グリップ内部に内蔵)

二つともヨネックス製ラケットのお馴染みのテクノロジー。

2Gエヌアムドフレックスフォース

強靭なしなりと復元力を持つカーボン素材。

インプレ・解説動画

☑ラフィノさん

【Fukky'sインプレ】ヨネックス最新Vコア2023年モデル全貌公開!!(VCORE100初打ち編)

 

【Fukky'sインプレ】ヨネックス最新Vコア『98/95』2023年モデル初打ち!!

☑ぬいさんぽさん

【本音で言います】ヨネックス新VCORE(ブイコア)は本当に進化したのか?辛口インプレ〈ぬいさんぽテニス(Tennis)〉

 

☑メーカーの開発裏話はコチラ↓

VCORE発売直前!もう何も言えません・・・

 

発売日:ブイコア100/98/95⇒2023年1月中旬 100L/98L/102/GAME⇒2023年3月

発売日は以下の通りとなっています↓

ブイコア100/98/95⇒2023年1月中旬

ブイコア100L/98L/102/GAME⇒2023年3月

予約受付開始中!

ブイコアは非常に人気のあるシリーズで品薄・品切れ状態になりやすいので、確実にゲットしたい方は予約がおすすめです。

まとめ:スピン性能と打ち出し角度がアップ!

今回は「ヨネックス ブイコア 2023」についてまとめてきました。

グロメットの中にシリコンオイルを浸透させてガットの滑りを良くすることで従来モデル以上にスピン性能を上げた他、ボールの軌道も上がるように改良されました。

ヨネックスが誇る超人気スピン系シリーズ。

跳高弾道スピン!

初回入荷分は数に限りがあるので、気になる方はお早めにどうぞ。

というわけで、以上です。

今回解説したテニス用品一覧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました