YONEX VCORE 95 2021 インプレ 評価 レビュー シャポバロフ使用

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー、テニスタイガーです(‘ω’)ノ

今回はデニス・シャポバロフ使用モデルの「Yonex Vcore 95 2021」(ヨネックス ブイコア95 2021)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

本記事の内容

  1. スペック、使っているプロの紹介
  2. 使われているテクノロジーをサクッと解説
  3. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー
  4. 類似・競合ラケットの紹介

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「柔らかめの打感、高いスピン&コントロール性能、バツグンの振り抜きやすさが特徴の中上級者向けラケット」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

スポンサーリンク

YONEX VCORE 95 2021のスペック

Yonex Vcore 95 2021

フェイスサイズ95平方インチ
重さ310g
バランスポイント310㎜
フレーム厚21.5㎜-22㎜-21㎜
ストリングパターン16×20

標準よりフェイスサイズはかなり小さめ、重量は重めのスペック。

バランス(重心)は普通より10㎜ほどグリップ寄りのトップライト系ラケットです。

トップライト系はフルスイングしやすくボレー時に取り回しが利く。

95インチかつ重いので、しっかりとした技術&パワーのある中上級者に向けて設計されている感じですね。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性×

ヨネックス ブイコアシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

※プロテニス選手は独自にラケットをカスタマイズしているので、市販品とスペックが違うことがあります。

☑デニス・シャポバロフ

☑西岡良仁

テクノロジー/予備知識

 

アイソメトリックフェイスの形を四角っぽくすることでスイートスポットを従来のものより約7%広げるヨネックス独自の技術。
VDMメッシュ状の特殊な振動吸収材。グリップ部に内蔵されていることにより、衝撃値を11%削減することに成功。
2G-Namd Flex Force強靭なしなりと急激な復元力を生む新素材。エネルギーロスを軽減し変形からの復元力が飛躍的に向上。
String Sync Grommetsガットの可動域を広め、スピン量を増幅させるグロメット。

YONEX VCORE 95 2021のデザイン

レッドをベースにシャフト部とバンパー部にライトブルーが入ったデザイン。

95インチなので面の小ささは感じます。

フレーム厚は約21㎜。

薄くてすっきりした見た目です。

YONEX VCORE 95 2021のインプレ・評価・感想レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、感想を書いていきます。

打感の柔らかさ: 7.5/10

標準~やや柔らかめ辺りの柔らかさ。

95インチの中ではかなりソフト系で打球感もやや軽めな印象です。

芯を外すとボールの飛ばなさは感じるけど、硬さ・重さはそれほどといった感じ。

ガッシリ感もあまりなし。

ハードヒットすると少ししなりを感じられ、ガットがボールを掴むホールド感を強く感じます。

ボールの飛びの良さ: 7/10

飛びすぎず飛ばなすぎずな反発性能。

95インチゆえにスイートスポットは小さめではあるものの、しっかりラケットを振って打っていけるとスピーディな低軌道フラットドライブを展開できます。

軌道は低めになりやすい。

スピンのかけやすさ: 8/10

スピンアシストはやや強め。

しっかり回転がかかり、ベースライン際でグッと落ちてくれます。

直球で飛ばして落とす使い方がスタンダードだろうけど、縦スイングで振り切って軌道を上げてもハネて返球しにくいショットになっていい感じ。

【スライスに関して】

スライスは軌道を抑えた良く伸びるショットがマジで打ちやすい。

全く浮かずにスーッと伸びていくので気持ち良いです。

コントロール性能: 8.5/10

飛びが強くない&回転性能強め&ホールド感ありなので、非常にボールコントロールしやすい◎

意図せぬアウトはほぼない印象です。

操作性&取り回しの良さ: 7.5/10

310gあるので、若干の重みはあり。

とはいえ、面が小さくて空気抵抗が少ないので振りやすさは抜群で、どちらかというと操作性は良い方だと思います。

シャポバロフのように片手バックの人には振り抜きが良くて特に合っていると思う。

ストローク

振り抜きの良さを感じつつ、キッチリハードヒットして低軌道フラットドライブをコントロールしていける◎

ホールド感もあるし打感もちょい柔らかめなので、ハードなスペックにしては扱いやすく快適な使用感です。

ガンガン打ち込める人には申し分ないフィット感だと思う。

コントロール×スピン性能×振り抜きのバランスが最高。

欠点としては、やはりスイートスポットが小さいこと。

ちゃんとラケットの真ん中でボールを捉えないとあまり飛ばないので、初中級者には難しいモデルだと思います。

この点は95インチだから仕方なし。

逆に言えば、技術があるなら使ってみる価値大アリなタイプ。

【守備に関して】

走らされた際のボールの処理は簡単ではないけど、難しすぎるといったこともない印象。

最低限ボールは飛んでくれるし打感も柔らかい+低軌道で深く差し込めるスライスが打ちやすいので、意外と劣勢でも逃げやすかったです。

ボレー

硬さや重さはそれほど感じないものの、スイートスポットが小さいので外すと飛ばない。

当てるだけだと浅くなるので、押していくイメージでボールを運ぶ必要があります。

ストローク同様にしっかり芯で捉えられる中上級者向けの仕様。

ボールが浮かずに落としたいところに落とせる安心感がある点は良いと思いました。

サーブ

フラットサーブ⇒収まりの良さ、コントロール性能、振りやすさがピカイチ。

当てるだけだとあまり威力が出ないので、球威は自分の腕っぷしでどうぞという印象です。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒打球の変化が割と大きめ。

面は小さいですが回転系が苦手という感触はなかったです。

ガンガン打てるならフラットも回転系もどっちもいける。

 

類似・競合ラケットの紹介

☑ヨネックス ブイコア98 2021

スピン×コントロール性能の高さは95とほぼほぼ近い感じ。(打感も柔らかめ)

95が振り抜きの良さがあるのに対し、98はスイートスポットが若干広くて扱いやすい点に違いがありますね。

Yonex Vcore 98 2021 インプレ 評価 感想レビュー 西岡良仁モデル
「Yonex Vcore 98 2021」(ヨネックス ブイコア 98 2021)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ヨネックス ブイコア100 2021

かなり強めの回転性能とパワー、打感の柔らかさが魅力の大人気スピン特化ラケット。

ラクにグリグリスピンを打ちたいなら100がおすすめです。

Yonex Vcore 100 2021 インプレ 評価 感想レビュー 柔らか超スピン
「Yonex Vcore 100 2021」(ヨネックス ブイコア100 2021)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ヨネックス イーゾーン98 2020

ブイコアのスピン性能を少しパワーに振り分けたタイプのラケット。(打感は標準的)

打球にスピンより球威・球速を求めるならイーゾーンの方が向いていると思います。

Yonex Ezone98 2020 インプレ 評価 感想レビュー 大坂なおみモデル
「Yonex Ezone98 2020(ヨネックス イーゾーン98 2020)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

YONEX VCORE 95 2021に合うガットは?

☑ヨネックス ポリツアー ストライク

打球のスピードが上がりやすくなり、バウンド後のボールのノビも良くなるフラット系ポリ。(シャポバロフが使用中)

打感はやや硬くなりますが、攻撃力を上げたいなら良いと思います。

>>ポリツアー ストライクのインプレ記事はコチラ

☑ヨネックス ポリツアーレブ

打感柔らかめ、反発性能高めなスピン特化ポリ。

ブイコア95のスピン量と飛びをパワーアップさせて楽に回転系ショットを展開できるセッティングにしたい方に向いていると思います。

>>ポリツアーレブのインプレ記事はコチラ

YONEX VCORE 95 2021はこんな人におすすめ

  • パワフルな人
  • 振り抜きの良さを重視する人
  • コントロール性能とスピン性能のどっちも欲しい人
  • 毎回ボールを芯で打ち抜ける中上級者
  • シャポバロフモデルを使いたい人

こんな人には向いてない

  • 楽にボールを飛ばしたい人
  • ボールをラケットの芯に当てるのが苦手な初中級者
  • 軽いラケットが好きな人

まとめ:高いスピン×コントロール性能を持つ振り抜きやすいラケット

本記事では「Yonex Vcore 95 2021」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

やや柔らかめな打感、高いスピン&コントロール性能、振りやすさが特徴的なシャポバロフモデル!

快適な振り心地のコントロール系スピンラケットを使いたい中上級者には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました