新作情報まとめ バボラ エボ アエロ(BABOLAT EVO AERO)2022 2023

テニスラケットインプレ

今回は、2022年10月発売の新作テニスラケット「バボラ エボ アエロ 2022/2023(BABOLAT EVO AERO 2022/2023)」の

  • ラインナップ
  • 各種スペック
  • 使われているテクノロジー
  • インプレ/解説動画

をまとめていきます。

5分で読めるよ。

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年
  • ラケット試打数&購入数合計150本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

 

 

 

スポンサーリンク

新作情報まとめ バボラ エボ アエロ(BABOLAT EVO AERO)2022 2023 ラインナップ スペックまとめ

ピュアアエロシリーズの軽量デカラケバージョン「エボアエロ」に新作が登場。(既に発売が開始中

「スピン性能の高さと軽快にボールを飛ばせるパワー感」がコンセプトとなっています。

通常のピュアアエロと同じデザインのバージョンと、ピンクを基調とした可愛らしいバージョンの2つがある。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Babolat(@babolat)がシェアした投稿

既に発売中の「ピュアアエロ(300g)」と「ピュアアエロチーム(285g)」は超人気のテニスラケットです。

 

 

ピュアアエロとピュアアエロチームについては以下の記事にまとめています↓

 

それでは引き続きエボアエロの情報について詳しく見ていきましょう。

バボラ エボ アエロ 2022 2023

 

 

フェイスサイズ102平方インチ
重さ275g
バランスポイント320㎜
フレーム厚23-26㎜
ストリングパターン16×18

標準より少し面が大きく、25g軽い軽量デカラケモデル。

テニスを始めたばかりの方や、初級~初中級辺りを想定して設計されているテニスラケットですね。

軽くて振りやすいスペック。

ストリングパターンは通常の16×19より横糸を1本減らした16×18を採用。

基本的にガットの目が粗いほど回転がかけやすくなる傾向にあるので、スピン性能を重視していることがわかります。

バボラ エボ アエロ ライト 2022 2023

260gのバージョン。

こちらも通常のピュアアエロのデザインとピンクの2種類があり、発売は2023年の2月頃です。

テクノロジー:パワフルスピンボールの打ちやすさと軽さを追求

主に以下のテクノロジーが搭載されています。

スピン アルファ(SPIN ALPHA)

エボ4 フィール(EVO 4 FEEL)

ウーファー(WOOFER SYSTEM)

スピン アルファ(SPIN ALPHA)

回転をかけやすいエアモジュラーフレームと16×18のストリングパターンを組み合わせることでスピン性能を増大させるテクノロジー。

ガットのたわみ戻りでボールを飛ばしやすく、優れたパワー性能を発揮します。

エボ4 フィール(EVO 4 FEEL)

振動対策のエキスパートであるSMAC社と共同開発した振動吸収材をフレームの3時6時9時12時に搭載。

振動吸収性を高め、打球音も心地良い快適な打球感を生む仕様です。

ウーファー(WOOFER SYSTEM)

ボールとガットの接触時間を長くするバボラ独自のテクノロジー。

インプレ・解説動画

☑ラフィノさん

【Fukky'sインプレ】コスパ最強!バボラ『EVOアエロ』の完成度が高すぎてフッキー店長絶賛!!

 

【Fukky'sインプレ】コスパ最強のバボラ『EVOアエロ』でロンギさんの高速ストロークはボレーできるのか!?

発売日:エボアエロ⇒2022年10月 エボアエロ ライト⇒2023年2月

発売日はエボアエロの通常カラーが2022年の10月、ピンクは11月発売で既に予約の受け付けが開始中。

エボアエロライトは2023年2月頃の予定です。

エボアエロは好評発売中!

新作にしてはだいぶリーズナブル!

エボアエロは新作ラケットにしてはだいぶリーズナブルな価格設定◎

バボラがなるべく価格を抑えてテニスを始めたての方でも手に届きやすいように配慮してくれているようですね。

嬉しい。

まとめ:スピン性能、ボールの飛ばしやすさ、軽さを追求した軽量デカラケモデル

今回は、「バボラ エボ アエロ 2022/2023」についてまとめてきました。

スピン性能、反発力、操作性の良さを求めた軽量パワースピンデカラケとなっています。

通常カラーとピンクカラーの2つの色がある。

重さは275gと260gの2パターン。

少し安い価格。

初回入荷分は数に限りがあるので、気になる方はお早めにどうぞ。

というわけで、以上です。

今回解説したラケット用品一覧

 

 

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました