ゴーセン G-XX1とG-XX3を打ち比べて徹底比較!

テニスガット・ストリングインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー、テニスタイガーです(^^)/

今回は、

  • ゴーセンのハイブリッドガット「G-XX1」と「G-XX3」を同じラケット・同じポンド数で打ち比べしてわかった違い
  • おすすめの選び方

を解説していきます。

☑筆者情報

  • テニス歴20年
  • ラケット試打数&購入数合計150本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

打感、ボールの飛び、回転性能などの使用感を詳しく書いていくので、

  • それぞれのガットにどういった違いがあるのか知りたい方

はご覧ください(‘ω’)ノ

(※個別のインプレ・評価・感想レビュー記事も書いているので、それぞれの特徴などをまだ詳しく知らない方はチェックしてみてください↓)

G-XX1

G-XX3

ではでは、それぞれの違いについて細かくかみ砕いて解説していきますね。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

 

スポンサーリンク

ゴーセン G-XX1とG-XX3 を打ち比べしてわかった違いを解説

今回打ち比べた機種とその特徴はざっくり表の通り。

機種名特徴
G-XX3ポリの中ではかなり柔らかい打感、強めの反発力&ホールド感
G-XX1ポリの中ではやや柔らかい打感、球速の出しやすさ、スピン性能の高さ

ジーダブルエックス3は縦糸にソフト系ポリ「ジーツアー3」を張ったバージョン。

ジーダブルエックス1は縦糸にボールスピード特化ポリ「ジーツアー1」を張ったバージョン。

横糸は両方とも耐久性に特化した「AKプロ CX」を張っています。

縦ポリ、横ナイロンのハイブリッドガット。

以下ではそれぞれを打ち比べた際の

  • 打感の柔らかさ
  • 打感の重さ
  • ボールの飛びの良さ
  • 軌道の高さ
  • スピン性能
  • 球離れの早さ

の6点をさらに詳しくまとめていきます。

打ち比べ環境

  • ラケット:ブリヂストン エックスブレード
  • ポンド数:縦45ポンド・横43ポンド
  • ガットの太さ:

G-XX3⇒1.23㎜

G-XX1⇒1.25㎜

打感の柔らかさ

8~8.5/10G-XX3
7.5/10G-XX1

G-XX3はポリの中ではだいぶ柔らかめ、ナイロンの中では硬めの打感。

元々ジーツアー3が柔らかいポリなので、それにさらにナイロンであるAKプロCXのソフトさが加わった感じです。

ナイロンからポリへ、またはポリからナイロンへの移行にピッタリなハイブリッドガット。

G-XX1はポリの中ではやや柔らかめくらい。

ナイロン系のソフトさではないですね。

横糸にナイロンを張っていてジーツアー1単体より柔らかくなっているけど、まだ”ポリの硬さ”の範囲内。

打感の重さ

やや軽いG-XX3
標準G-XX1

G-XX3はポリの中では軽めの打球感。

G-XX1はポリの標準くらいの印象です。

ボールの飛びの良さ

7.5~8/10G-XX3
7.5/10G-XX1

G-XX3の反発力はポリの中では適度~やや強め辺り。

割とボールは飛びやすいですね。

良好な反発力。

G-XX1は少しG-XX3より控えめですが、ポリ全体で見れば適度な飛び感です。

飛びすぎたり飛ばなすぎたりしないちょうど良い感触。

結構ガッツリ打ってもアウトしにくい。

2つとも横糸にナイロンがあることにより、ポリ単体で張った時より反発力が上がっています。

軌道の高さ

やや低め~中軌道G-XX3、G-XX1

軌道はどちらも低~中軌道辺りになりやすい印象。

あまり意図せず高く上がる感じはしないですね。

回転のかけやすさ

8.5~9/10G-XX1
8~8.5/10G-XX3

G-XX1はかなり回転をかけやすい。

ガッツリ回転をかけるスイングで打つと急降下してハネやすいと思います。

G-XX3はまあまあといった感じです。

ジーツアー3、ジーツアー1、AKプロCXは特に単体で張った時はスピン性能をあまり感じなかったけど、ハイブリッドだとスピン性能が上がる。

球離れの早さ

標準G-XX1
やや遅いG-XX3

G-XX1は球離れは早すぎず遅すぎず、ポリの標準辺りの印象。

適度にホールド感がありつつ、あっさりスカッとスピーディに弾き出す感触もあります。

ジーツアー1の持ち味であるボールスピードの出しやすさもしっかり感じられる。

G-XX3はポリの中ではかなりホールド感(球持ち感)が強く、球離れはゆっくり。

ナイロン寄りの球離れの仕方だと思います。

ゴーセン G-XX1とG-XX3の選び方まとめ

おすすめの選び方は以下の通りです。

G-XX3

・ナイロンからポリorポリからナイロンへ移行を考えている人

・ソフトな打感のポリが好きな人

・ジーツアー3をもう少し柔らかく飛ぶ仕様にしたい人

G-XX1

・ボールスピードを出しやすいハイブリッドガットを使いたい人

・適度な反発力を求める人

・スピン性能重視の人

・ジーツアー1をもう少し柔らかく飛ぶ仕様にしたい人

ガットによってラケットの良さを最大限引き出してくれるものもあれば、またその逆もあるので、色々試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したテニス用品一覧

 

(※ガットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも20%位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました