プリンス X100 2022 2023 インプレ 評価 感想レビュー ねじれラケット

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年以上の週末プレーヤー・テニスタイガーです(^^)/

今回は「プリンス X100 2022 2023(PRINCE エックス100 2022 2023)」のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

本記事の内容

  1. スペック、使われているテクノロジーをサクッと解説
  2. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー
  3. 類似・競合ラケットの紹介

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年以上
  • ラケット試打数&購入数合計170本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「かなり弾きの良いフォア、ややホールド感強めのバック、強めの反発力&スピン性能、ノビのあるバックスライスの打ちやすさが特徴の軽量ラケット」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

 

スポンサーリンク

プリンス X100 2022 2023のスペック

プリンス X100 2022 2023

フェイスサイズ100平方インチ
重さ290g
バランスポイント325㎜
フレーム厚24.5-24.5-20㎜
ストリングパターン16×18

標準より少し軽めのスペック。

ストリングパターンは通常の16×19より横糸が1本少ない16×18を採用していて、回転がかけやすい設計です。

少し軽くて振りやすいタイプ。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

テクノロジー/予備知識

ツイストパワーテクノロジースロート部をねじらせ、フォアとバックで異なる性能を引き出すテクノロジー
テキストリーム×トワロン球持ち感、球速のアップ、振動吸収に役立つハイブリッド素材
ATSテキストリーム×トワロンをシャフト部、フレームの10時、2時に使用し、打球のコントロール性能をアップ
2ピーススロートボールヒット時の衝撃を減らすパーツ

フォアとバックを打った時に最大11%しなりに差が出る特殊なスロートを採用したXシリーズのラケット。

フォア面では強い弾きを、バック面ではしなりによる伸びのある打球を打てる設計となっています。

右利きと左利きで性能が変わるから、左利きバージョンも売り出されている。

 

また、今作から高級素材のテキストリーム×トワロンを採用したことで、以前よりも打球感を向上させた仕様となっています。

 

>>新作情報 プリンス X(エックス) 2022 2023 ラインナップ スペックまとめ

プリンス X100 2022 2023のデザイン

メタリックネイビーブルーの美しいデザイン。

シャフトはXシリーズ特有の「ねじれ」があります。

プリンス X100 2022 2023のインプレ・評価・レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、レビューを書いていきます。

打感の柔らかさ: フォア⇒7~7.5/10 バック⇒7.5~8/10

フォアは硬すぎず柔らかすぎずといった印象。

弾きが良くて球離れが早く、ボールスピードが出しやすいです。

バックと比べて硬さでガツンと弾く感触。

バックは柔らかめの打球感。

フォアよりソフトで割と球持ちの良い打ち心地です。

フォアとバックの差を結構感じる。

かなり弾くフォア、ややホールド感強めのバック。

練習仲間にも打ってもらいましたが、バックの方が柔らかく気持ち良い打感だと言っていたので、特に普段打ち比べなどをしていなくてもある程度の違いは分かるかなと思います。

ボールの飛びの良さ: フォア⇒8/10 バック⇒7.5~8/10

フォアはかなり弾きが良く、良好な反発力。

飛びを抑えたい方には向かないですが、ラクに飛ばしたいなら合うタイプですね。

パワー強めかつ球離れ早めで弾き飛ばす感じ。

バックはフォアより少し飛ばず、適度なパワー感。

飛びすぎず飛ばなすぎず丁度良いです。

球持ちが良く、フォアより飛ばない。

【軌道について】

軌道はフォア/バック問わず中軌道のショットになりやすい印象。

極端に軌道低めになったり、高軌道になったりといった感じはしないです。

スピンのかけやすさ: 8~8.5/10

回転性能は高め。

フォアもバックも割とスピンをかけやすいと思います。

しっかりかかる。

【スライスについて】

バックスライスはスーッと滑って伸びていく軌道低めのショットが超うちやすい。

ホールド感強めでフェイスにボールを乗せて運べる感触が強いです。

球持ちの良さによる「ノリ感」がたまらん。

気持ち良い。

コントロール性能: フォア⇒7~7.5/10 バック⇒7.5~8

フォアは飛びが強く、球離れも速いので、打球を狙った所に打ち込むコントロール性能はやや低め。

コースを狙うよりもスピーディなパワフルスピンボールで圧倒する使い方が向いています。

フラットで打つと飛びすぎてアウトしやすい。

回転をかけるときちんと収まる。

バックは球持ちが良く、適度な飛び感なので、まあまあボールコントロールしやすいです。

フォアよりバックの方がコントロールしやすい。

操作性&取り回しの良さ: 8~8.5/10

やや軽めの290gなので、操作性は良いですね。

疲れにくい。

ストローク

★フォア

弾きの良さを感じつつ、パワフルスピンボールを展開しやすい。

球離れが早いので、ボールスピードも結構出しやすいと思います。

弾きの良いパワースピン系。

ただ、先述した通りフラット系のショットをコントロールするのは難しめ。

フラット系パワーヒッターには向いてないと思います。

スピンをかけてコート内に収めていくと良い感じ。

★バック

やや強めのホールド感と柔らかめの打感を感じつつ、安定してスピンショットを展開しやすい。

弾きの良さやスピード感はフォアに負けますが、フォアより球持ちが良く、飛びすぎず、ボールコントロールしやすいです。

フォアより柔らかく、球持ちが良く、コントロール性能が高い。

【守備について】

軽い上に反発力が結構強いので、走らされた際のボールの処理はかなり簡単。

ボレー

フォアもバックも飛びすぎず飛ばなすぎず丁度良いパワー感で、操作性も良く使いやすい。

良いですね。

サーブ

フラットサーブ⇒しっかり振り抜くと飛びすぎるけど、8割位の力で打てば十分サービスエリア内に収まる。

やや軽量なので威力やバウンドのノビはそこそこといった感じです。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒回転のかかりは良好。

スライスサーブはしっかり曲がり、スピンサーブはハネやすいと思います。

回転系サーブの方が得意。

軽いから振り始めの時の肩への負担が小さい所も良い。

フォアとバックで性能差は感じた

Xシリーズのコンセプトである「フォアの弾き/バックのホールド感」は実際どうだったの?って思う方が多いと思いますが、先述の通り違いは感じました。

めちゃくちゃ差があるというわけではないけど、確かに違うと思う。

フォアはかなり弾きが良く、バックは柔らかくややホールド系。

比較的ラケットごとの「球離れ・弾き・ホールド感」の違いを感じられるプレイヤーなら、X100のフォアとバックの違いも感じられると思います。

ただ、「どのラケットを打っても違いがよくわからない」という方だと性能差がわからないかもしれないので、この点は考慮しておくと良いでしょう。

唯一無二の性能を持つラケット。

 

 

類似・競合ラケットの紹介

☑プリンス ツアー 100 2022

柔らかい打感、適度な飛び、ボールコントロールのしやすさ、スピン性能の高さが特徴のプリンスの人気ラケット。(100インチ/290g/バランス325㎜)

X100とスピン性能の高さは似ていますが、ツアーの方が打感がソフトで飛びを少し抑えやすく、ボールコントロール性能に長けていると思います。

クセの少ない超バランス型ラケット。

特にフォアとバックの性能差を求めていないならツアー100の方がおすすめ。

プリンス ツアー 100 290g 2022 2023 インプレ 評価 レビュー 超バランス型
「プリンス ツアー 100 290g 2022/2023(PRINCE TOUR 100 290g 2022/2023)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

X2022シリーズの100/105(290g&270g&255g)は以下の記事で徹底比較しているので、気になる方はご覧ください。

プリンス X100とX105 290g/270g/255gの違いを徹底比較 2022 2023
プリンス Xシリーズ2022のX100/X105 290g/X105 270g/X105 255gを徹底比較していきます。違いを知りたい方はご覧ください。

プリンス X100 2022 2023はこんな人におすすめ

  • フォアの弾きの良さ/バックのホールド感を求める人
  • ノビのあるバックハンドスライスの打ちやすさを求める人
  • ボールを楽に飛ばしたい人
  • スピン性能重視の人
  • 軽いラケットを使いたい人

こんな人には向いてない

  • ボールの飛びを抑えたい人
  • フォアもバックも同じ使用感を求める人

まとめ:フォアとバックで性能が違う唯一無二の使用感

本記事では「プリンス X100 2022 2023」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

かなり弾きが良いフォア、ややホールド感強めのバック、良好な反発力&スピン性能が特徴の軽量ラケット!

弾くフォア、球持ちの良いバック、強めの飛び&スピン性能を求める方には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したテニス用品一覧

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました