Dunlop FX500 2020 インプレ 評価 感想レビュー【飛ぶけど収まりが良いパワー系】

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー、テニスタイガーです(‘ω’)ノ

今回は、ダンロップのパワー系ラケットである「Dunlop FX500 2020」(ダンロップ FX 500 2020)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

本記事の内容

  1. スペック、使っているプロの紹介
  2. 使われているテクノロジーをサクッと解説
  3. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「パワー系ラケットの中ではコントロール性能高めな中級者向けフラットドライブ系ラケット」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

スポンサーリンク

Dunlop FX500 2020のスペック

Dunlop FX500 2020

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
フレーム厚23-26㎜
バランスポイント320㎜
ストリングパターン16×19

フェイスサイズ100平方インチ、重さ300g、バランスポイント320㎜の完全な”黄金スペック”。

黄金スペックは幅広い層に最適化された使いやすいスペックで、非常に人気が高い。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

Dunlop FXシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

※プロテニス選手は独自にラケットをカスタマイズしているので、市販品とスペックが違うことがあります。

☑ジャック・ドレイパー

☑ザリナ・ディアス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Zarina Diyas(@zarinadiyas)がシェアした投稿

テクノロジー/予備知識

フレックスタッチレジンスロート部に伸縮性と反発性に優れた素材を使用し、柔らかな打感と食いつき感を実現
パワーブーストフレーム新形状のラウンドフレームを採用し、面の安定性を高め、パワーとコントロールの両立を実現
パワーブーストグルーブ新たなグロメット構造を採用し、たわみ量を増やしてスイートエリアを拡大

今作は”フルスイングしてもボールがコート内に収まるコントロール性能を兼ね備えたパワー系ラケット”というテーマで開発された。

Dunlop FX500 2020のデザイン

ライトブルー×ブラックのシンプルなデザイン。

フレームは厚さが最大26㎜なので厚さは感じますが、シャフト部分は割とスッキリしている印象。

Dunlop FX500 2020のインプレ・評価・感想レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、感想を書いていきます。(ガットは「GOSEN G-Tour 3」を使いました

打感の柔らかさ: 8/10

かなり柔らかめな印象。

ミスヒットしてもキツイ衝撃はほぼ来ず、ガットのたわむ心地よい感触がわかりやすいタイプです。

肘や手首に優しい系。

ボールの飛びの良さ: 7.5/10

ボールはラクに飛びますが、決して飛びすぎない反発性能。

黄金スペックはパワーアシストが強すぎて抑えが利かずアウトになりやすいラケットも多いですが、

これはガットがボールを掴むホールド感がまあまあ感じられて打球が暴れにくいです。

しっかり振り切ってもコート内に収まってくれるから気分よく振っていける。

スピンのかけやすさ: 7.5/10

スピンに関しては、ごくごく自然な回転量のフラットドライブが打ちやすい。

超回転がかかるとか、全く回転がかからないとかそういったことはないと思います。

【スライスに関して】

軌道を抑えた低軌道のスライスが打ちやすいです。

コントロール性能: 7.5/10

パワー系ラケットの中では少しだけ飛びが抑えられている&ホールド感もそこそこあるので、

ボールコントロールはしやすい部類。

パワフルプレイヤーにはそんなに向いてないけど、一般的な筋力の方は意図しないアウトミスはそんなに起こらないと思う。

175㎝/60キロであまりパワフルではない私には、結構ガッツリフラットドライブで振り切ってもちゃんとコート内に収まってくれて非常に使いやすく感じました\(^_^)/

操作性&取り回しの良さ: 8/10

黄金スペック(300g/バランスポイント320㎜/100インチ)なので、一切違和感なし。

ストローク

低軌道~中軌道のフラットドライブをバンバン打っていくのが楽しい!

打感が柔らかい&パワーアシストによって球速が出しやすく、なおかつコントロール力もパワー系にしては高めで、使いやすく感じる方は多いモデルだと思います。

面の安定性も高くカウンターショットも打ちやすいのも良いところ。

しっかりラケットを振っていきたいけど、パワーアシストも欲しいという中級前後の人にばっちり。

開発のテーマである、パワーがありつつ、コントロールしやすく、なおかつ打感も柔らかいという要素は完璧に実現していると感じましたね。

175㎝/60キロであまりパワフルではない私にはピッタリなパワー感でした。

メーカーのうたい文句って実感できないことが多々あるけど、このFX500 2020に関してはしっくりきた。

ただ、硬い打感が好きで超コントロール志向なパワフルプレイヤーだとパワーアシストが邪魔に感じられるかもしれないので、その点は注意です。

【守備に関して】

パワーアシストがちゃんと感じられる分、走らされた時でも楽に返球可能。

ボレー

飛びすぎず飛ばなすぎずの丁度いいパワー感と、打感の柔らかさが魅力。

面の安定性も高いですし、ボレーがあんまり得意じゃなくても難しさは感じないと思います。

サーブ

フラットサーブは8割で打っているときは球速が出て収まりが良いですが、目いっぱい振り切るとちょっと収まりが悪く、バウンド後の伸びもボチボチ。

スピンサーブのバウンド後のハネはそこそこでしたが、デュースサイドからのスライスサーブは超曲がりやすくて驚きました。(回転特化型ラケット並みに曲がる)

フルスイングしてガンガンエースを狙っていくよりも、楽に良いサーブを打って展開したい人向けかな。

 

類似・競合ラケットの紹介

☑バボラ ピュアドライブ 2021

スペックがほぼ同じなバボラの大人気パワー系ラケット。

使用感もかなり近いですが、ピュアドラの方が若干パワーアシストが強めな印象です。

FX500 2020の最大にして最強のライバル…!

【バボラ】ピュアドライブ 2021 インプレ 評価 感想レビュー【コントロール性能UP】
「バボラ ピュアドライブ2021(Babolat Pure Drive 2021)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ダンロップ FX500 Tour 2020

FX500の兄弟機種。

パワー系の中ではややコントロールが利きやすい点はFX500と同じですが、ツアーの方が若干コントロールしやすくなおかつトップライト系なので、よりフルスイングしていきたい方向けです。

ダンロップ FX500 Tour 2020 インプレ 評価 感想レビュー【使いやすいツアーモデル】
「Dunlop FX500 Tour 2020」(ダンロップ FX500 ツアー 2020)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ダンロップ SX300 2019

ダンロップのスピン特化型ラケット。

楽にボールを飛ばして強めの回転をかけたいならFX500よりこちらのがおすすめです。

Dunlop SX 300 2019 インプレ 評価 感想レビュー【奈良くるみモデル】
「Dunlop SX300 2019」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

Dunlop FX500 2020はこんな人におすすめ

  • 柔らかな打感が好きな人
  • パワー系でもある程度コントロール性能が高いラケットが欲しい人
  • フラットドライブ系ストローカー

こんな人には向いてない

  • 硬い打感が好きな人
  • パワフルな人
  • 超コントロール志向な人

まとめ:ボールコントロールしやすい黄金スペックモデル

本記事では「Dunlop FX500 2020」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

柔らかな打感と、パワー系の中でも飛びすぎないちょうどいい反発性能が特徴のフラットドライブ系ラケット!

パワーアシストがありつつ、ラケットを振り切ってもちゃんとコート内に収まってくれるラケットを欲しい中級前後の方には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました