プリンス ツアー 95 2020 インプレ 評価 感想レビュー 剛速球が打てる

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー・テニスタイガーです(^^)/

今回は「プリンス ツアー 95 2020」(Prince Tour 95 2020)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

本記事の内容

  1. スペック、使われているテクノロジーをサクッと解説
  2. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー
  3. 類似・競合ラケットの紹介

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年
  • ラケット試打数&購入数合計130本以上
  • ガットインプレ数70種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「スピーディでバウンド後に良く伸びる低軌道のヘビーフラットドライブの打ちやすさと振り抜きの良さが特徴的な中上級~上級者向けラケット」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

スポンサーリンク

プリンス ツアー 95 2020のスペック

プリンス ツアー 95 2020

フェイスサイズ95平方インチ
重さ310g
バランスポイント310㎜
フレーム厚22-22-20㎜
ストリングパターン16×19

標準よりフェイスサイズが小さく、重いハードスペックモデル。

フレーム厚は20~22㎜とだいぶ薄いです。

がっつり打っていく中上級~上級者を想定して設計されてそうなスペック。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性×

テクノロジー/予備知識

テキストリーム×トワロン球持ち感、球速のアップ、振動吸収に役立つハイブリッド素材
ATSテキストリーム×トワロンをシャフト部、フレームの10時、2時に使用し、打球のコントロール性能をアップ
Xモーフフレームフレームの内側と外側の厚さを変えることでねじれに対して強くなり、空気抵抗も減少
2ピーススロートボールヒット時の衝撃を減らすパーツ

プリンス ツアー 95 2020のデザイン

ホワイトを基調とした美しいデザイン。

フェイスは縦長の形状をしていて、振り抜きの良さを重視した設計となっています。

プリンス ツアー 95 2020のインプレ・評価・レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、レビューを書いていきます。

打感の柔らかさ: 7/10

硬すぎず柔らかすぎずな打球感。

スイングが速いとボールを潰せて柔らかさ(ホールド感)を感じる一方、スイングが遅いと硬さを感じやすいタイプです。

ボールの重みを感じやすいしっかりとした打ち心地。

面が小さいこともあってか、ガットのたわみ量は少ないように思う。

ボールの飛びの良さ: 7~7.5/10

反発力は標準あたり。

ボールの飛びが抑えられたラケットが多い95インチ系の中では割りとボールは飛ぶ部類です。

ラクラク飛ぶラケットじゃないけど、ボールが全く飛ばないようなシビアなラケットという感じでもない。

【軌道について】

打球の軌道は低くなりやすく、低軌道の直球になりやすいです。

スピンのかけやすさ: 7/10

スピン性能は標準的。

特に回転性能が高いといった感触はなく、フラット~フラットドライブ辺りの球種が打ちやすいです。

【スライスについて】

スライスは低~中軌道かつ丁度良い飛距離のショットになりやすい印象です。

コントロール性能: 8.5~9/10

ボールコントロール性能はかなり高め。

打球を狙った所に打ちやすく、意図せぬアウトをしにくいです。

軌道を低めで打ち抜いている分にはアウトしにくいからガツガツハードヒットできる。

操作性&取り回しの良さ: 6.5/10

310gあり重いので、操作性は低め。

パワーのあるプレイヤー推奨です。

フェイスサイズが小さくて振り抜きやすい点は良い。

ストローク

バウンド後に良く伸び、球威のある軌道低めのスピーディなフラットドライブを展開可能。

あまりガットのたわみや食いつく感じが無く、適度な反発力があって弾きが良いので非常に球速が出しやすいです。

ボールコントロールしやすく狙った所に打ちやすいのもメリット。

面が小さくて振り抜きやすさもバツグンなので、中上級~上級者でパワーと技術に自信のあるハードヒッターには相性が良い。

ただ、重量があり打感もしっかりしていて、スイートスポットが小さいので初中級~中級者には向いてないです。

ガンガンスイングして剛速球を打ち込みたいプレイヤー向け。

【守備について】

反発力はそこそこあるものの、重くて面が小さいので走らされた時のボールの処理はやや難しい。

超大変という感じではないですが、簡単ではないですね。

攻撃の方が得意。

ボレー

やはりスイートスポットが小さく重量もあるので、きちんと面の中心でボールを捉えられる技術とパワーが必要。

ちゃんとヒット出来た時は、飛びが丁度良くコントロールもしやすい印象です。

サーブ

フラットサーブ⇒フルスイングした時の収まりの良さ、バウンド後のノビ、球威、スピードがピカイチ。

スーパーフラットサーブが打ちやすいです。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒回転系サーブのボールの変化はボチボチといったところ。

そんなに急激に曲がったりハネたりはしないと思います。

フラットサーブが最高すぎる。

 

 

類似・競合ラケットの紹介

☑プリンス ツアー 100 310g 2020

面が大きいバージョン。(100インチ/310g)

95より打感が柔らかく、ボールの飛びが強く、強力な回転がかかるラケットです。

振り抜きの良さや剛速球の打ちやすさよりもパワー&スピン性能を重視するなら100の方がおすすめ。

プリンス ツアー 100 310g 2020 インプレ 評価 感想レビュー
「プリンス ツアー 100 310g 2020」(Prince Tour 100 310g 2020)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑プリンス ツアー 100 290g 2020

100の290gバージョン。(100インチ/290g)

310gよりも20g軽く、操作性が高いスピン系ラケットです。

取り回しやすさを重視するなら100/290gがおすすめ。

プリンス ツアー 100 290g 2020 インプレ 評価 感想レビュー
「Prince Tour 100 290g 2020」(プリンス ツアー 100 290g 2020)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

プリンス ツアー 95 2020はこんな人におすすめ

  • フルスイングして低軌道のヘビーフラットドライブを打ち込みたいハードヒッター
  • ショットのノビ重視の人
  • ボールコントロール性能を重視する人
  • 適度な反発力を求める人
  • 振り抜きの良さを重視する人

こんな人には向いてない

  • 柔らかい打感が好きな人
  • フェイスサイズが大きい方がいい人
  • ガンガンに回転をかけたい人
  • 軽いラケットを使いたい人

まとめ:剛速球の打ちやすさと振り抜きの良さが魅力の95インチ

本記事では「プリンス ツアー 95 2020」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

しっかりした打感、低軌道のヘビーフラットドライブの打ちやすさ、振り抜きの良さが特徴のラケット!

ガンガンハードヒットして剛速球を展開したい中上級~上級者には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したテニス用品一覧

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました