プリンス X105 270g 2018 2020 インプレ 評価 感想レビュー

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー・テニスタイガーです(^^)/

今回は「プリンス X105 270g 2020」(Prince X105 270g 2020)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

ブラックカラーの「プリンス X105 270g 2018」とはデザインのみの違いだから、2018版の使用感を知りたい人もこの記事を読めばOK。

本記事の内容

  1. スペック、使われているテクノロジーをサクッと解説
  2. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー
  3. 類似・競合ラケットの紹介

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年
  • ラケット試打数&購入数合計130本以上
  • ガットインプレ数70種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「トップヘビー系特有の遠心力を利かした打撃のしやすさとスイートスポットの広さが特徴の飛びすぎない軽量デカラケ」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

スポンサーリンク

プリンス X105 270g 2018 2020のスペック

プリンス X105 270g 2020

フェイスサイズ105平方インチ
重さ270g
バランスポイント335㎜
フレーム厚27-25-22㎜
ストリングパターン16×19

標準より面が大きく軽い軽量デカラケモデル。

かなり軽くスイングしやすそうなスペック。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

テクノロジー/予備知識

ツイストパワーテクノロジースロート部をねじらせ、フォアとバックで異なる性能を引き出すテクノロジー
2ピーススロートボールヒット時の衝撃を抑えるパーツ

フォアとバックを打った時に最大11%しなりに差が出る特殊なスロートを採用したXシリーズのラケット。

フォア面では強い弾きを、バック面ではしなりによる伸びのある打球を打てる設計となっています。

右利きと左利きで性能が変わるから、左利きバージョンも売り出されている。

 

ブラックカラーの2018年版はこちら↓(デザインのみ変更。性能やスペックは2020年版と全く同じ)

 

 

プリンス X105 270g 2018 2020のデザイン

ホワイト×ブルーのデザイン。

シャフト部分はXシリーズ特有のねじれがあります。

プリンス X105 270g 2018 2020のインプレ・評価・レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、レビューを書いていきます。

打感の柔らかさ: 7.5/10

やや柔らかめの打感。

デカラケ特有のガットのたわみやすさがありつつ、スパーンと弾いて飛ばす硬さも持ち合わせた感触です。

球離れはやや早く、あっさりとボールを弾き出す。

ボールの飛びの良さ: 8/10

反発力は強く、ボールはラクに飛ぶ。

ただ、ボールが吹っ飛ぶラケットが多い軽量デカラケの中ではそこまで飛びが強すぎず、比較的しっかりスイングしてもアウトしにくいです。

飛びすぎないデカラケ。

【軌道について】

打球の軌道はやや低めの直球になりやすい印象です

スピンのかけやすさ: 7.5/10

スピン性能は標準的。

自然な回転量のフラットドライブが最も打ちやすいです。

【スライスについて】

スライスは中軌道の丁度良い飛距離のショットが簡単に打てる。

ラケット自体のパワーで軽く飛んでいってくれるので、力む必要なしです。

打ちやすい。

コントロール性能: 7~7.5/10

反発力が強すぎず軌道も抑えやすいので、軽量デカラケの中ではボールコントロールしやすい部類だと思います。

操作性&取り回しの良さ: 8.5~9/10

270gの軽量ラケットなので、操作性は良い。

疲れにくくビュンビュン振れます。

軽い。

ストローク

トップヘビー系ゆえに一度振り始めると遠心力が利きやすく、強力な打撃ができる。

スピードが出やすく、スイートスポットが広く、アウトもそこまでしないので、結構使いやすいです。

意外と吹っ飛ばないから振り切って使える。

低軌道のフラットドライブがスカッと飛んでいく。

一方で、軽量デカラケの中では少し飛びを抑えられたタイプなので、超ラクに飛ばしたいプレイヤーにはちょっと向いてないかなと。

あとラケット自体が軽い分、ショットの威力も出にくい印象です。

軽量でなおかつ自分からある程度スイングできるラケットを使いたい初中級~中級者プ向け。

【守備について】

ちゃんと飛ぶしスイートスポットも広いので、走らされた時のボールの処理はカンタン。

ボレー

ストローク同様にスイートスポットが広く、ラク。

軽いので操作性は良く、飛びも適度でアウトしにくいです。

サーブ

フラットサーブ⇒しっかり振ると飛びすぎますが、軽く打ってもスピードは出やすい。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒スライスサーブの変化は大きく、かなり曲がる印象。

スピンサーブのハネはボチボチといったところです。

力まず打てるフラットサーブとキッチリ曲がるスライスサーブが良かった。

 

 

類似・競合ラケットの紹介

☑プリンス X105 290g 2020

105インチ/290g/バランス310㎜のトップライト系の軽量デカラケ。

270gは遠心力の利きやすさが特徴的な一方、290gはトップライト系特有の操作性の高さが魅力の一本です。

270gも290gも軽量デカラケの中では飛びを抑えられている。

トップヘビー系が好きかトップライト系が好きかで決めればOK。

プリンス X105 290g 2018 2020 インプレ 評価 感想レビュー
「プリンス X105 290g 2020」(Prince X105 290g 2020)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑プリンス エンブレム 110 2020

非常に柔らかい打感、強めの飛び&スピン性能が特徴の軽量デカラケ(110インチ/255g)

ソフトな打ち心地で良く飛ぶラケットが良いならエンブレムの方がおすすめです。

ガットが良くたわむ。

プリンス エンブレム 110 2020 2021 インプレ 評価 評判レビュー
「プリンス エンブレム 110 2020/2021」(Prince Emblem 110 2020 2021)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ヘッド エクストリーム S 2020

ヘッドのスピン特化デカラケ。(105インチ/275g)

超回転をかけたいならエクストリームが良いと思います。

ハンパないスピン量。

ヘッド エクストリーム S 2020 インプレ 評価 レビュー スピン系デカラケ
「Head Graphene 360+ Extreme S 2020」(ヘッド グラフィン 360+ エクストリーム S 2020)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

プリンス X105 270g 2018 2020はこんな人におすすめ

  • 軽いラケットを使いたい人
  • スイートスポット広めが良い人
  • 飛びすぎないデカラケが良い人
  • 遠心力を利かせた打撃がしたい人

こんな人には向いてない

  • ボールの飛びを抑えたいパワフルプレイヤー
  • 球威を重視する人
  • ガンガンに回転をかけたい人

まとめ:飛びすぎない反発力と遠心力の利きやすさが特徴の軽量デカラケ

本記事では「プリンス X105 270g 2020」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

トップヘビー系特有の遠心力の利きやすさ、軽量デカラケの中では飛びすぎない反発力、スイートスポットの広さが特徴のラケット!

軽くてスイングしやすく、振り切ってもアウトしにくい軽量デカラケを使いたい初中級~中級者の方には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したテニス用品一覧

 

 

 

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました