【2022】ヘッド スピード(SPEED) MPとブーン(BOOM) MPの違いを徹底比較

テニスラケットインプレ

 

ヘッドのスピードMP 2022ブーン MP 2022ってどっちが自分に合っているかな?

違いが知りたい!

どちらもヘッドの人気ラケットなので、どっちを使おうか迷いますよね。

そこで今回は上記の疑問を持つ方へ向けて、実際に両方使った私が使用感の違いについてサクッと解説していきます(‘◇’)ゞ

本記事の内容

  1. スペック比較
  2. 使用感の違いを解説

結論は、

「スピードはブーンよりボールを飛ばしやすく回転もかけやすい。ブーンはスピードより球持ちが良く打球をコントロールしやすい。打感はどちらもかなり柔らかめ」

です。

個別のレビュー記事はこちら↓

☑SPEED MP 2022

ヘッド スピード MP 2022 インプレ 評価 感想レビュー 神ラケ
「ヘッド スピード MP 2022」(HEAD SPEED MP 2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑BOOM MP 2022

ヘッド ブーン/BOOM MP 2022 インプレ 評価 レビュー ソフトなバランス型
「ヘッド ブーン/ブーム MP 2022」(HEAD BOOM MP 2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ではでは、双方の違いについて細かくかみ砕いて解説していきますね。

3分位で読み終わるよ~。

 

 

 

 

【2022】ヘッド スピード(SPEED) MPとブーン(BOOM) MPのスペック比較

まずは簡単にスペック比較から。

スピードMP 2022スペックブーンMP 2020
100平方インチフェイスサイズ100平方インチ
300g重さ300g
320㎜バランスポイント315㎜
23㎜フレーム厚24㎜
16×19ストリングパターン16×19

スピードは100インチ/300g/バランス320㎜の黄金スペック系ラケット。

黄金スペックは幅広い層に最適化された使いやすいスペックで、非常に人気が高い。

ブーンはスピードより少し軽めの295gかつバランスが5㎜程度グリップ寄りのトップライト系ラケットです。

トップライト系はフルスイングしやすくボレー時に取り回しが利く。

【2022】ヘッド スピード(SPEED) MPとブーン(BOOM) MPの使用感の違いを解説

次にこの二つのラケットの使用感をそれぞれ比較していきます。

打感の柔らかさ

スピード MP8~8.5/10
ブーン MP8~8.5/10

打感はどちらもだいぶソフト。

スピードはガットのたわみがわかりやすく、ボールを包み込むような柔らかさと軽めの打感が特徴的。

ブーンはフレームのしなる柔らかさやホールド感(球持ち感)を感じやすく、ガットとボールの接地時間が長めでマイルドな打ち心地です。

たわみ重視ならスピード、しなり重視ならブーンがおすすめ。

スイートスポットの広い点も共通していて、ミスヒットした時の硬さや飛ばなさは極力抑えられている印象です。

ボールの飛びの良さ

スピード MP8/10
ブーン MP7.5/10

ボールはスピードの方が少し飛びやすい。

ラケット全体で見ればやや反発力強めな部類です。

楽に飛ぶ。

ブーンは飛びすぎず飛ばなすぎずのバランスの取れた飛び感です。

【軌道について】

スピード⇒中軌道ショットになりやすい

ブーン⇒低~中軌道ショットになりやすい

若干ブーンの方が低めになると思います。

回転のかけやすさ

スピード MP8.5/10
ブーン MP7/10

スピードはガットがボールに引っ掛かる感触が強く、結構ガッツリ回転がかかる。

急降下して良くハネるスピンボールが打ちやすいです。

スピン性能高め。

ブーンはスピードほどは回転がかからず、自然な回転量のフラットドライブが最も打ちやすいです。

【スライスに関して】

スピード⇒スピン同様に回転が良くかかり、打球の変化が大きめ。

軌道はやや上がりすいです。

ブーン⇒低~中軌道のスーッと滑っていくスライスが打ちやすい。

球持ちの良さを十分感じられ、ボールをフェイスに乗せて運べる感触が強いです。

”ノリ感”が心地よい。

ボールコントロール性能

スピード MP7.5/10
ブーン MP8/10

ブーンはしなりのよる球持ちの良さと適度な反発力によって、フラットドライブを狙った所に打ちやすく、アウトもしにくい。

コントロール性能は良いと思います。

スピードはブーンより飛ぶ回転系のラケットなので、標準くらいの印象です。

ボールコントロールのしやすさを重視するならブーンの方が向いている。

操作性&取り回しの良さ

スピード MP8/10
ブーン MP8.5~9/10

ブーンは少し軽い上にトップライト系なので、とてもスイングしやすく疲れにくい。

スピードは標準的なスペックなので、至って普通です。

ブーンはブンブン振れる。

ストローク

スピード⇒ガットのたわむ柔らかさを感じつつ、安定して中軌道のスピンボールを展開できる。

良く飛ぶ一方で、回転のかかりが良いのでアウトしにくい印象です。

ソフトで反発力と回転性能が良く、おまけにスイートスポットも広めでミスりにくい。

神ラケ。

ブーン⇒ソフトで球持ちの良い打ち心地を感じつつ、フラットドライブを狙った所にコントロールして打ち込める。

丁度良い反発力と高いコントロール性能により、ストレスなく安定してストローク展開できます。

操作性もバツグン。

  • 反発力とスピン性能が高いスピード
  • 飛びとコントロール性能のバランスが良くフラットドライブが打ちやすい軽量のブーン

といった印象です。

正直どっちもかなり使いやすいから、好みに感じるプレイヤーは多いと思う。

【守備に関して】

反発力はどちらも十分あるので、走らされた際のボールの処理はカンタン寄り。

特にスピードはなんとか触れたボールが相手コートに返ってくれる場面が多く、粘りやすい印象です。

ボレー

ブーン⇒柔らかく、軽くて操作しやすく、スイートスポット広めでミスしにくく、飛びも丁度良い。

ボールコントロールも結構しやすいので、ボレーに関しては最高レベルで使いやすいです。

想像以上にボレーがしやすくて驚いた。

頻繁にボレーに出るネットプレイヤーにイチオシ。

スピード⇒若干ボールが浮きやすい印象。

ただ、打感が柔らかい&面ブレしにくい&飛びも良好といったことから、ラクにプレーできる部類ではありますね。

サーブ

★スピードMP

フラットサーブ⇒フルスイングすると飛びすぎるけど、8割位の力で打てば十分サービスエリア内に収まり、スピードも出やすい。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒回転のかかりはかなり強い。

スライスサーブは良く曲がり、スピンサーブはハネやすいです。

回転系サーブが得意。

フラットサーブも中々。

★ブーンMP

フラットサーブ⇒割としっかり打ち抜いてもサービスエリアに収まりやすく、コースも狙いやすい。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒回転は比較的かかりやすく、まあまあ曲がったりハネたりしやすいです。

フラットサーブの収まりの良さが印象的だった。

軽いから振り始めの腕への負担が少ないのも良い所。

回転系サーブ向きのスピード、フラット系サーブ向きのブーンという印象です。

まとめ:飛び&スピンのスピード、コントロール&操作性のブーン

本記事ではスピードMP 2022ブーン MP 2022を比較してきました。

柔らかい打感が共通しているヘッドの超人気ラケット。

ガットのたわみ&強めの飛び&スピン性能重視⇒スピード

フレームのしなり&適度な飛び&コントロール性能&操作性重視⇒ブーン

といった風に選ぶと良いと思います。

では今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました