ヘッド エクストリーム ツアー 2020 インプレ 評価 感想レビュー【シビア過ぎないコントロールスピン】

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー、テニスタイガーです(‘ω’)ノ

今回は「Head Graphene 360+ Extreme Tour 2020」(ヘッド グラフィン 360+ エクストリームツアー 2020)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

本記事の内容

  1. スペック、使っているプロの紹介
  2. 使われているテクノロジーをサクッと解説
  3. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「パワー&スピン&コントロール性能のバランスが良く、取り回しも利きやすい中上級者向けラケット」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

スポンサーリンク

ヘッド エクストリーム ツアー 2020のスペック

Head Graphene 360+ Extreme Tour 2020

フェイスサイズ98平方インチ
重さ305g
バランスポイント315㎜
フレーム厚22-23-21㎜
ストリングパターン16×19

標準よりややフェイスが小さく、重いスペック。

バランスポイント(重心)は普通より5㎜ほど手元よりのトップライト系ラケットです。

トップライト系はフルスイングしやすくボレー時に取り回しが利く。

フレーム厚は21~23㎜とやや薄めで、ある程度ラケットを振っていける方を想定して作られている感じですね。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

ヘッド エクストリームシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

※プロテニス選手は独自にラケットをカスタマイズしているので、市販品とスペックが違うことがあります。

☑マッテオ・ベレッティーニ

☑ロレンツォ・ムゼッティ

 

この投稿をInstagramで見る

 

lorenzo musetti(@lore_musetti)がシェアした投稿

テクノロジー/予備知識

グラフィン360+カーボン素材「グラフィン」とスパイラルファイバーを組み合わせ、高い剛性とクリーンな打球感を実現
スピングロメットストリングの可動域を増やし、スピン量とパワーを増大
スピンシャフトスイング時のねじれを抑え、面の安定性を向上

ヘッド エクストリーム ツアー 2020のデザイン

イエロー&グレーの落ち着いたデザイン。

フレーム厚23㎜なのでやや薄さは感じました。

ヘッド エクストリーム ツアー 2020のインプレ・評価・感想レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、感想を書いていきます。(※ストリングは「ヨネックス ポリツアープロ」を使用しました。)

打感の柔らかさ: 7/10

硬すぎず柔らかすぎずな印象。

スイートスポットを外すとやや硬さを感じますが、芯でボールを捉えられている時はガットのたわむ感触が伝わり、柔らかさを感じます。

ガットがボールを掴むホールド感もまあまああり、心地良い打感。

ボールの飛びの良さ: 7.5/10

ボールが飛びにくい難しいモデルが多いツアー系にしてはそこそこ飛んでくれる部類。

勿論当てるだけで吹っ飛ぶということはないですが、中級以上の方なら「一生懸命振っているのに全然飛ばない、ツラい」といったことは感じないと思います。

スピンのかけやすさ: 7.5/10

スピンは勝手にかかる感じはないものの、自分からしっかり回転をかけていくようスイングすると、思った以上に強めの回転がかかりバウンド後に伸びるフラットドライブが打てます。

厚く当てて振りぬくフラットドライブ推奨。

スライスは軌道低めでバウンド後に滑る質の良いショットがとても打ちやすかったです。

コントロール性能: 8.5/10

ホールド感があり、振り切ったショットもスピンが効いてコート内にちゃんと収まってくれやすいので、コントロール性能は高め。

操作性&取り回しの良さ: 7.5/10

標準より5g重いですが、バランスポイント(重心)が普通より5㎜ほどグリップ寄りになっているため、あまりキツさは感じません。

一般的な黄金スペック(300g/バランス320㎜)が使える方なら全然大丈夫だと思います。

ストローク

ネット上50㎝付近を狙って強めのフラットドライブを打ち込むよう意識すると、ベースライン際でグッと落ちて相手コートに突き刺さるショットを量産できる◎

ハードヒットして一撃でウィナーを狙うというよりかは、連続して質の良い低軌道フラットドライブをコントロールして展開していきたい方向けかなと思います。

安定感があって、シビア過ぎないコントロール系スピンラケットというイメージ。

初級者にはちょい難しいけど、中上級者にはフィットするはず。

スイートスポットもそんなに小さくない&トップライトで振り切りやすいのも良い所。

ただ、トップライトな分相手の剛速球を食らった際に打ち負けそうになったので、カウンターショットが好きな人には若干使いにくく感じるかもしれません。

気になる人は重りなどをフレームに付けて調整するのもアリですな。

【守備に関して】

パワーアシストはそこそこあるので、走らされた際もそんなに大変な感じはナシ。

攻めて良し、守って良しのバランスの高さを感じました。

ボレー

飛び過ぎず飛ばなすぎずのちょうどいい反発性能。

硬さもそんなに感じずボールコントロールもしやすかったです。

トップライトで取り回しが利きやすい!

サーブ

サーブはめちゃくちゃ打ちやすかったです。

フラットはかなり思い切り振り切ってもしっかりサービスエリア内に収まり、コントロール性やバウンド後の伸びが秀逸。

スライスサーブやスピンサーブといった回転系の類も変化が大きめだった。

類似・競合ラケット

☑ヘッド エクストリーム MP 2020

兄弟機種。

エクストリームツアーのコントロール性能をスピン性能に全振りしたような超スピン特化型ラケットなので、グリグリスピンで相手を圧倒したいならこちらの方が向いています。

ヘッド グラフィン 360+ エクストリーム MP 2020 インプレ 評価 感想レビュー【スピンマシーン】
「ヘッド グラフィン360+ エクストリーム MP 2020(Head Graphene 360+ Extreme MP 2020)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ヘッド ラジカル MP 2021

98インチ/300g/バランス320㎜でエクストリームツアーと似た使用感を持つヘッドのフラット系コントロールラケット。

トップライト系よりもイーブンバランスが好きで、なおかつフラット主体ならこちらの方が向いています。

ヘッド ラジカル MP 2021インプレ 評価 感想レビュー【シュワルツマンモデル】
「Head Graphene 360+ Radical MP 2021」(ヘッド グラフィン 360+ ラジカル MP 2021)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ヘッド エクストリーム ツアー 2020はこんな人におすすめ

  • コントロール系でもパワーアシストがしっかりあるラケットを欲しい人
  • フラットドライブ系プレーヤー
  • 操作性の高さを重視する人

こんな人には向いてない

  • カウンターパンチャー
  • グリグリスピンを打ちたい人

まとめ:パワー、スピン、コントロール性能のバランスが良い

本記事では「Head Graphene 360+ Extreme Tour 2020」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

パワー&コントロール&スピンのバランスが良く、操作性も高いモデル!

ややパワーのあるコントロール&スピン系のラケットを使いたい中上級者には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました