2022最新 おすすめのトップライト系テニスラケットランキング5!

テニスラケットランキング

 

トップライト系のテニスラケットが欲しいけど数が多くてどれがいいのかわからない‥‥。

どのラケットがおすすめ?

今回は、「おすすめのトップライト系テニスラケット」を5本、実際の使用感と共に紹介していきます。

☑筆者情報

  • テニス歴20年
  • ラケット試打数&購入数合計100本以上
  • ガットインプレ数50種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

トップライト系ラケットはバランスポイント(重心)が標準よりグリップ寄りにあり、フルスイングしやすくボレー時の操作性も良いといった特徴があります。

自分からブンブン振っていきたいプレイヤーに人気のタイプ。

ラケットを100本以上試打した中で「これは良い!」と感じたトップライト系を厳選したので、この記事を読み終わったころにはどのラケットがおすすめなのかバッチリわかるようになっていますよ。

スイングしやすい5本!

 

 

2022最新 おすすめの人気トップライト系ラケットランキングTOP5

5本とも非常に人気の高いトップライト系のテニスラケットです。

第1位 ヘッド エクストリームツアー 2020

Head Graphene 360+ Extreme Tour 2020

主なスペック

フェイスサイズ98平方インチ
重さ305g
バランスポイント315㎜
フレーム厚22-23-21㎜
ストリングパターン16×19

ヘッド エクストリームシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑マッテオ・ベレッティーニ(世界ランク最高8位)

評価

打感の柔らかさ7/10
ボールの飛ばしやすさ7.5/10
回転のかけやすさ8/10
ボールコントロール性能8.5/10
操作性/取り回しやすさ7.5/10

ヘッドのスピン特化シリーズ「エクストリーム」の305g/98インチ/バランス315㎜のモデル。

抜群にスイングしやすいトップライト系です。

トップライト系は全体的にスイングしやすいモデルが多いけど、その中でも特にエクストリームツアーはラケットヘッドの軽さを感じ、振り抜きやすい。

ボールはやや飛びやすく、スピンもまあまあかけやすく、打球を狙った所に打ち込むコントロール性能も高い万能タイプ。

エクストリームはスピン特化系シリーズではあるものの、ツアーに関してはグリグリスピンよりも回転量多めなフラットドライブ系の速球をコントロールして展開しやすいイメージですね。

打感は特に硬くも柔らかくもなく、標準的な印象。

ガットがボールを掴むホールド感(球持ち感)も割と感じる。

ボールの飛びが強いとか、回転が超かかるといった尖った性能はないですが、パワー×スピン×コントロールのバランスが良い万能トップライト系ラケットを使いたい方にはおすすめです。

トップライト系特有のスイングしやすさを重視するならこれ!

バランスの良さも素晴らしい!

1位!

 

ブラックのデザインが印象的な数量限定モデル「Nite」もあります。

 

 

第2位 ヨネックス ブイコア 98 2021

Yonex Vcore 98 2021

スペック

フェイスサイズ98平方インチ
重さ305g
バランスポイント315㎜
フレーム厚22.5-23-21㎜
ストリングパターン16×19

ブイコアシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑西岡良仁(世界ランク最高48位)

評価

打感の柔らかさ7.5/10
ボールの飛ばしやすさ7~7.5/10
回転のかけやすさ8~8.5/10
ボールコントロール性能8.5/10
操作性/取り回しやすさ7.5/10

高いスピン性能が特徴のトップライト系。

98インチのラケットの中ではだいぶ回転がかかり、回転量多めのフラットドライブやグリグリスピンを打ちやすいです。

回転系のトップライト系ラケット。

打感はやや柔らかく、ガットのたわみがわかりやすいタイプ。

ボールの飛びは標準~やや強めくらいです。

エクストリームツアーと比べて、少し打感が柔らかく、飛びがやや控えめで、スピン性能が高い印象。

飛びがあまり強くない&スピン性能が強いといったことから、意図せぬアウトをしづらく、また、打球のコントロールもしやすい。

強力なパワーを求める方やフラット系プレイヤーには向いていないですが、柔らかい打感を感じつつ、スピンショットをコントロールして展開したい方にはおすすめです。

ソフトなコントロール系スピンラケット!

2位!

 

 

╲詳細レビューはこちら/

 

第3位 ヨネックス イーゾーン 98 2020

Yonex Ezone 98 2020

主なスペック

フェイスサイズ98平方インチ
重さ305g
バランスポイント315㎜
フレーム厚23㎜-24㎜-19㎜
ストリングパターン16×19

ヨネックス イーゾーンシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑大坂なおみ(世界ランク1位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yonex Tennis(@yonex_tennis)がシェアした投稿

評価

打感の柔らかさ7/10
ボールの飛ばしやすさ7/10
回転のかけやすさ7.5/10
ボールコントロール性能8.5/10
操作性/取り回しやすさ7.5/10

大坂なおみ使用モデルとして非常に人気の高いトップライト系。

振り切って打ち抜いた時の打球の威力とバウンド後のボールのノビが特徴的なラケットです。

エクストリームツアーやブイコアはスピン寄りのショットが打ちやすいけど、イーゾーンは高速フラットドライブが打ちやすい。

打感は硬すぎず柔らかすぎず、標準的な印象。

ボールは当てるだけだとあまり飛ばないですが、ガッツリ打ち込むとかなりスピードが出ます。

バックハンドスライスは軌道を抑えたスーッと伸びていくショットが非常に打ちやすい。

ラクにボールを飛ばしたい方やスピン系プレイヤーには向いていないですが、ガンガンスイングしてパワフルフラットドライブを展開したい方にはおすすめです。

球威とノビが強みのトップライト系!

3位!

 

大坂選手専用の限定カラー版はこちら↓(数量限定)

 

 

第4位 ヘッド スピード プロ 2020

Head Graphene 360+ Speed Pro 2020

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ310g
バランスポイント315㎜
フレーム厚23㎜
ストリングパターン18×20

スピードシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑ノバク・ジョコビッチ(世界最高ランク1位)

評価

打感の柔らかさ7.5/10
ボールの飛ばしやすさ7.5/10
回転のかけやすさ7.5/10
ボールコントロール性能8.5/10
操作性/取り回しやすさ7/10

ジョコビッチ使用モデルとして有名な100インチのトップライト系。

今回紹介する5本の中では最もフェイスサイズが大きく、その分スイートスポットも広めな設計です。

ストリングパターンは通常の16×19より目が細かい18×20の難しめなスペック。

基本的に18×20のラケットは打感が硬く飛びが控えめになる傾向にありますが、スピードプロはその中でもソフトで飛んでくれるタイプ。

球種はフラットドライブ系が打ちやすいです。

初中級者にはちょっと難しそうだけど、上級者向けというほどハードなラケットじゃない。

中上級者辺りに最もフィットしそうな使用感。

310gと重めなので操作性という点ではちょっと微妙ですが、トップライト系を使いたいけど面の小さいラケットは使いにくい、100インチのラケットを使いたい!という方にはおすすめです。

ジョコビッチが推奨する100インチのトップライト系!

4位!

 

ジョコビッチ専用の数量限定カラーの「Black」もあります。

 

╲詳細レビューはこちら/

 

第5位 ウィルソン プロスタッフ 97 V13.0 2020

Wilson Pro Staff 97 V13.0

主なスペック

フェイスサイズ97平方インチ
重さ315g
バランスポイント310㎜
フレーム厚21.5㎜
ストリングパターン16×19

プロスタッフシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑グリゴール・ディミトロフ(世界ランク最高3位)

評価

打感の柔らかさ6/10
ボールの飛ばしやすさ6/10
回転のかけやすさ6.5/10
ボールコントロール性能9.5/10
操作性/取り回しやすさ6.5/10

ウィルソンが誇る超人気トップライト系ラケット。

硬めの打感、控えめな飛び、フラットショットの打ちやすさ、抜群の打球のコントロール性能が特徴的です。

中上級~上級者向けの正統派コントロール系モデル。

あまりボールが飛ばず面が小さく打感も硬いので、使いこなすには技術とパワーが必須ですが、打球をスイートスポットで捉えた時の打球感は最高。

315gと重い分ショットに威力やバウンド後のノビを出しやすいタイプです。

ヘビーなフラットショットを狙った所に打ち込める良さがある。

面が小さくフレーム薄めでスイングしやすい点もメリットですね。

トップクラスのコントロール性能と打球感を求める中上級フラット系プレイヤーにはおすすめのトップライト系ラケットです。

コントロール性能バツグンなトップライト系!

5位!

 

 

╲詳細レビューはコチラ/

 

まとめ:トップライト系ラケットでフルスイングしていこう!

本記事では、おすすめのトップライト系ラケットを5本紹介してきました。

フルスイングしやすく、操作性の良い人気のラケット達。

ぜひ好みに合ったトップライト系ラケットを選んで楽しくテニスをしていただければと思います。

ではでは、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるから、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入るよ。

今回解説したテニス用品一覧

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました