バボラ ピュアドライブ2021とヨネックス イーゾーン100 2020の違いを徹底比較 インプレ

テニスラケットインプレ

 

バボラのPure Drive 2021とヨネックスのEZONE 100 2020ってどっちが自分に合っているかな?

違いが知りたい!

どちらも黄金スペックかつ爆発的な人気あるモデルなので、どっちを使おうか迷いますよね。

そこで今回は上記の疑問を持つ方へ向けて、実際に両方使った私が使用感の違いについてサクッと解説していきます(‘◇’)ゞ

本記事の内容

  1. スペック比較
  2. ピュアドライブ2021とイーゾーン100 2020の使用感の違いを解説

結論は、

「ホールド感とコントロール性能を重視するならピュアドライブ、打感の柔らかさやスイートスポットの広さを重視するならイーゾーン」

です。

(※個別のインプレ・評価・感想レビュー記事も書いているので、それぞれの特徴などをまだ詳しく知らない方はチェックしてみてください↓)

☑ピュアドライブ 2021

【バボラ】ピュアドライブ 2021 インプレ 評価 感想レビュー【コントロール性能UP】
「バボラ ピュアドライブ2021(Babolat Pure Drive 2021)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑イーゾーン100 2020

Yonex Ezone 100 2020 インプレ 評価 感想レビュー【広大なスイートスポット】
「Yonex Ezone 100 2020」(ヨネックス イーゾーン100 2020)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ではでは、双方の違いについて細かくかみ砕いて解説していきますね。

3分位で読み終わるよ~。

 

 

スポンサーリンク

バボラ ピュアドライブ2021とヨネックス イーゾーン100 2020のスペック比較

まずは簡単にスペック比較から。

Pure Drive 2021スペックEZONE 100 2020
100平方インチフェイスサイズ100平方インチ
300g重さ300g
320㎜バランスポイント320㎜
23-26㎜フレーム厚23.5-26-22㎜
16×19ストリングパターン16×19

どちらも100インチ/300g/バランス320㎜/フレーム厚最大26㎜の完全な黄金スペックモデルですね。

黄金スペックは最も万人に扱いやすい仕様で人気があり、メーカー各社が特に力を注いでいるスペック。

バボラ ピュアドライブ2021とヨネックス イーゾーン100 2020の使用感の違いを解説【インプレ】

次にこの二つのラケットの使用感をそれぞれ比較していきます。

打感の柔らかさ

イーゾーン100 2020>>ピュアドライブ2021

イーゾーンはスイートスポットが広く、フェイスのどこで打っても柔らかい感触のある超ソフト系。

ピュアドラはやや柔らかいくらいの印象です。

イーゾーンめちゃ柔らかい。

ボールの飛びの良さ

イーゾーン100 2020>ピュアドライブ2021

反発性能はイーゾーンが少し上。

どちらも楽にボールが飛びます。

パワフルな人がフラット系でガンガン打つとアウトしやすいけど、一般的な人にはかなり使いやすいパワー感だと思う。

回転のかけやすさ

イーゾーン100 2020>ピュアドライブ 2021

回転量は若干イーゾーンの方がある印象。

ピュアドライブはごくごく自然な回転量のフラットドライブ系なのに対し、イーゾーンは割と回転量多めでベースラインでグッと落ちるようなショットが打ちやすかったです。

【スライス】

スライスはピュアドライブは若干浮きやすく、イーゾーンは軌道低めが打ちやすかったです。

コントロール性能

ピュアドライブ 2021>>イーゾーン100 2020

ピュアドラはホールド感が以前のモデルよりも増したので、パワー系ラケットの中ではショットのコントロール性能が比較的高め。

イーゾーンもスピンさえかけていれば打球がぶっ飛びやすいという感じではないですが、あまり細かなコントロールは得意じゃないタイプだと思います。

操作性&取り回しの良さ

ピュアドライブ2021=イーゾーン100 2020

どちらも黄金スペックなので、操作性に差はほぼありません。

一般的な筋力の方なら普通に扱えると思います。

ストローク

ピュアドライブ⇒ややホールド感を感じつつ、しっかり振ってパワフルなフラットドライブを展開できる◎

ボールがぶっ飛ぶ感じも少なく、パワフルプレイヤーじゃないならそんなにアウトも怖くないと思います。

面の安定性は最強レベルであり、相手の剛速球にも一切面ブレせずにカウンターショットを打ち込んでいけます。

コントロール性能と面の安定性はイーゾーンよりピュアドラの方がちょっと上だと思う。

イーゾーン⇒広大なスイートスポットによる打感の柔らかさと強めのパワー&スピンアシストが最大の魅力。

フェイスのどこで打っても柔らかく、無理せずに回転量多めなフラットドライブを打てるので、ラケットのパワーを使って楽にストローク展開したい人向けです。

強引にざっくり分けると、

ピュアドラ⇒中級~中上級者向け

イーゾーン⇒初中級~中級者向け

かな~。

【守備に関して】

どっちもパワーアシスト強めなので走らされた時でもラクラク返球可能。

ボレー

柔らかな打感と飛びすぎず飛ばなすぎずのバランスの取れたパワー感により、どちらも最高レベルの使いやすさ。

ボレースキルが数段上がったと錯覚するレベルです。

人気ブランドの黄金スペックのパワー系ラケットは総じてボレーのやりやすさが神。

頻繁にボレーに出る人にも合っている。

サーブ

★イーゾーン

フラットサーブ⇒目いっぱい打つとちょっと収まりが悪いですが、8割位の力で楽に打つと球速も出てしっかり収まる。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒バウンド後の変化が結構大きめ。

★ピュアドライブ

フラットサーブ⇒めちゃスピードが出て、なおかつイーゾーンより収まりが良い印象。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒意外と変化小さめな印象

打ち方にもよるけど、イーゾーンは回転系が打ちやすく、ピュアドラはフラット系と相性が良かったと思う。

まとめ:ショットコントロールのピュアドラ2021、スイートスポットの広いイーゾーン100 2020

本記事ではバボラの「Pure Drive2021」とヨネックスの「EZONE 100 2020」を比較しつつインプレ・評価・感想レビューを書いてきました。

どちらも中級前後の一般プレーヤーには最適な良いラケットだと思う。

  • パワー系ラケット特有の力強さを感じつつもしっかりボールコントロールしたい中級~中上級者⇒ピュアドラ
  • スイートスポットの広さを体感しつつ楽にパワースピンショットを飛ばしたい初中級~中級者⇒イーゾーン

をそれぞれおすすめします。

では今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました