当サイトの記事内には広告が含まれています

プリンス X105 290g 2022 2023 インプレ 評価 感想レビュー

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年以上の週末プレーヤー・テニスタイガーです(^^)/

今回は「プリンス X105 290g 2022 2023(PRINCE エックス105)」のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

 

本記事の内容

  1. スペック、使われているテクノロジーをサクッと解説
  2. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー
  3. 価格をチェック
  4. 類似・競合ラケットの紹介
  5. おすすめのガットの紹介

 

>>【プリンス X105 290g 2022 2023】を楽天でチェック

☑筆者情報

  • テニス歴20年以上
  • ラケット試打数&購入数合計180本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「非常に柔らかい打感、強めのボールの飛び、スピン性能の高さ、ボレーのしやすさが特徴的な軽量デカラケ」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

 

プリンス X105 290g 2022 2023のスペック

プリンス X105 290g 2022 2023

フェイスサイズ105平方インチ
重さ290g
バランスポイント310㎜
フレーム厚27-25-22㎜
ストリングパターン16×19

面が大きく軽い軽量デカラケモデル。

バランスポイント(重心)は標準より10㎜ほどグリップ寄りのトップライト系ラケットです。

トップライト系はフルスイングしやすくボレー時に取り回しが利く。

軽量なトップライト系なので、非常にスイングしやすそうな設計となっています。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

テクノロジー/予備知識

ツイストパワーテクノロジースロート部をねじらせ、フォアとバックで異なる性能を引き出すテクノロジー
テキストリーム×トワロン球持ち感、球速のアップ、振動吸収に役立つハイブリッド素材
ATSテキストリーム×トワロンをシャフト部、フレームの10時、2時に使用し、打球のコントロール性能をアップ
2ピーススロートボールヒット時の衝撃を減らすパーツ

フォアとバックを打った時に最大11%しなりに差が出る特殊なスロートを採用したXシリーズのラケット。

フォア面では強い弾きを、バック面ではしなりによる伸びのある打球を打てる設計となっています。

右利きと左利きで性能が変わるから、左利きバージョンも売り出されている。

 

また、今作から高級素材のテキストリーム×トワロンを採用したことで、以前よりも打球感を向上させた仕様となっています。

解説動画

【プリンステニス】捻れシャフトでバックハンドがもっと上手くなる『Xシリーズ』にテキストリームを完全装備!!2022年最新モデル全貌解明!!

 

関連記事>>新作情報 プリンス X(エックス) 2022 2023 ラインナップ スペックまとめ

プリンス X105 290g 2022 2023のデザイン

美しいネイビーブルーのデザイン。

シャフトはXシリーズ特有の「ねじれ」があります。

 

 

プリンス X105 290g 2022 2023のインプレ・評価・レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、レビューを書いていきます。

打感の柔らかさ: 8.5~9/10

非常に柔らかい打感。

デカラケらしいガットのたわみがわかりやすく、振動・衝撃少なめです。

ソフト系。

エックスシリーズは硬く弾くフォア/柔らかくホールドするバックというコンセプトですが、105はフォアも結構柔らかくたわむので、全く硬くないですね。

前作より圧倒的に柔らかくなった。

ボールの飛びの良さ: フォア⇒8.5~9/10 バック⇒8.5/10

フォアもバックもかなり強めのパワー感。

ボールをラクに飛ばせます。

カンタンに飛んでくれる。

フォアの方が少し弾くかな~とは思うけど、バックも良く飛ぶ。

ボールの飛びを抑えたい方には向いてないですが、反発力重視の方にはピッタリなタイプです。

【軌道について】

打球は自然と上がり、中~高軌道ショットになりやすいです。

高軌道ボール。

ネットしにくい。

スピンのかけやすさ: 8.5/10

スピン性能はかなり高い。

回転をかけるスイングで打つと急降下して高くハネるグリグリスピン系のショットが打ちやすいです。

かけようと思えば超かかるタイプ。

【スライスについて】

デカラケ特有のパワー&ガットのたわみにプラスして、エックスシリーズの持ち味であるバックハンドスライスの球持ちの良さも感じられる仕上がり。

力まず打ってもしっかりボールが飛び、回転も良くかかります。

ふんわりとした軌道高めのスライスをカンタンに打てる。

力を無理に入れる必要なし。

コントロール性能:6.5/10

非常に飛びが強いラケットなので、細かくコースを狙ったりするのはニガテ。

速いスイングでフラット系のショットを打つとアウトしやすいです。

若干バックの方が球持ちが良いけど、それでもあまりコントロールは得意ではないかな。

操作性&取り回しの良さ: 9/10

290gかつバランスが標準より10㎜程度グリップ寄りのトップライト系なので、スイングしやすい。

疲れにくいですね。

軽い。

ブンブン振れる。

ストローク

ガットのたわむ柔らかい打ち心地を感じつつ、ラクに軌道高めのスピン系のショットを展開できる。

軽く打っても良く飛びます。

ソフトな高反発スピン系ラケットという印象。

軽くて操作性バツグンなところも良いですね。

ただ、先述した通りガンガン振ってフラットショットを打ち込もうとすると飛びすぎるので、パワーヒッターには向いてないです。

回転をかけてボールをコート内に収めていくと良い感じ。

【守備について】

軽い上にかなりの高反発系なので、走らされた際のボールの処理は、超カンタン。

ボレー

ストローク同様にとても打感が柔らかく、面が大きくてスイートスポットが広く、ラク。

操作性にも優れているので、かなり使いやすいですね。

意外と飛びすぎず適度な飛び感。

だいぶ良い。

サーブ

フラットサーブ⇒サービスエリア内への収まりが良く、割としっかり打ってもフォルトしにくい。

ストロークでは飛びすぎる感じがありましたが、サーブはコートに収まりやすいですね。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒回転系サーブの変化は大きめ。

デカラケらしい回転のかかりやすさを感じられ、きっちり曲がったりハネたりしやすい印象です。

飛びすぎない所が良い。

 

 

プリンス X105 290g 2022 2023の価格

楽天のショップだとテニスジャパンとKPIが税込み約37000円で発売中。(2023年8月時点)

2つのショップとも20%オフクーポンを発行している&ポイントが1500円分ほど返ってくるので、実質的には税込み約28500円くらいです。

テニスジャパンは無料ガットを張り上げてくれる仕様もある。

その場合は10%オフクーポンが使える。

ネットだと安い。

※価格やクーポン状況は変動するので、詳細は楽天の各ショップでご確認ください↓

>>【プリンス X105 290g 2022 2023】を楽天でチェック

類似・競合ラケットの紹介

ライバルラケットを紹介していきます。

プリンス X100 2022

100インチ/290g/バランス325㎜のバージョン。

105より打感が硬く飛びとスピン性能が抑えめですが、ボールコントロールはしやすいです。

面が小さくてたわみが抑えられている分、硬く弾くフォアとホールドするバックの違いが105よりわかりやすいと思う。

プリンス X100 2022 2023 インプレ 評価 感想レビュー ねじれラケット
「プリンス X100 2022 2023(PRINCE エックス100 2022 2023)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

プリンス X105 270g 2022

105インチ/270g/バランス338㎜のバージョン。

かなりのトップヘビー系なので操作性は290gに負けますが、トップヘビー系特有の遠心力を利かせたハードヒットがしやすく、球威は270gの方が出しやすい印象です。

トップヘビー系が好きなら270gの方が向いている。

プリンス X105 270g 2022 2023 インプレ 評価 感想レビュー
「プリンス X105 270g 2022 2023(PRINCE エックス105 270g 2022 2023)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

比較記事

X2022シリーズの100/105(290g&270g&255g)は以下の記事で徹底比較しているので、気になる方はご覧ください。

プリンス X100とX105 290g/270g/255gの違いを徹底比較 2022 2023
プリンス Xシリーズ2022のX100/X105 290g/X105 270g/X105 255gを徹底比較していきます。違いを知りたい方はご覧ください。

関連まとめ記事

新作情報 プリンス X 2022 2023 テクノロジー ラインナップまとめ

プリンスのテニスラケットの特徴・比較まとめ

プリンス X105 290g 2022 2023に合うおすすめのガットの紹介

おすすめのガットを紹介していきます。

プリンス エンブレム LT 130

ナイロンの中でトップクラスの柔らかさと強めのボールの飛びが特徴的なガット。

もっちりとした最高レベルのソフトさがある一方で、反発力も備えているタイプです。

軽く打っても軌道高めの打球が軽快に飛んでいってくれる。

柔らかさと飛びの良さ重視の方におすすめです。

 

 

>>プリンス エンブレム LTのインプレ・評価・感想レビュー

プリンス トップスピン Xプラス 129

ナイロンの中では標準的な柔らかさ、適度な飛び感、強めのスピン性能、耐久性能の高さが特徴のストリング。

ソフトさや反発力は平均的な感じだけど、ナイロンにしてはかなり回転のかかりが良い印象。

スピン特化ポリほどではないですが、ガッツリ回転がかかったショットを打ちやすく、さらに耐久性にも力を入れた設計となっています。

 

 

>>トップスピン X プラスのインプレ・評価・感想レビュー

テクニファイバー エックスワンバイフェイズ 130

ナイロンの中では結構柔らかめの打感、強めの飛び、軌道低めのバウンド後に良く伸びるスピードボールの打ちやすさが特徴の大人気ストリング。

球威&球速&ノビを強化できるナイロンを使いたい方におすすめです。

ナイロン界屈指の人気!

 

 

>>エックスワンバイフェイズのインプレ・評価・感想レビュー

ゴーセン AK プロ 131

ナイロンの中では標準的な柔らかさ、適度な飛び、良好なスピン性能と耐久性が特徴のストリング。

非常に性能バランスが取れているゴーセンのベストセラー商品なので、クセの少ないナイロンを張りたい方におすすめです。

ソフトさ&パワー&スピンのバランス良い。

耐久性もある。

 

 

>>ゴーセン AK プロのインプレ・評価・感想レビュー

おすすめガットランキングまとめ

スピン系ガットを張ると持ち味の回転量をさらに引き上げられるので、結構おすすめ。

>>スピン特化ポリランキング7

>>スピン特化ナイロンランキング8

柔らかい打球感を求めるならソフト系ガットも良いですね。

>>打感が柔らかいナイロンランキング6

ナイロンだとちょっと飛びすぎて困るという場合は、反発力を抑えやすいタイプをテンション高めに張ると良い感じになると思います。

>>ボールが飛びすぎないナイロンランキング7

プリンス X105 290g 2022 2023はこんな人におすすめ

  • 柔らかい打感が好きな人
  • ボールを楽に飛ばしたい人
  • スピン性能重視の人
  • 軽いラケットを使いたい人
  • スイートスポット広めが良い人

こんな人には向いてない

  • 硬い打感が好きな人
  • ボールの飛びを抑えたい人
  • ハードヒッター

まとめ:柔らかく良く飛ぶ軽量スピン系ラケット

本記事では「プリンス X105 290g 2022 2023」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

柔らかい打感、強めの飛び&スピン性能、ボレーのしやすさが特徴的な軽量デカラケ!

ソフトでよく飛ぶ軽量スピン系デカラケを使いたい方には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したテニス用品一覧

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました