ヘッド グラビティ MP 2019&2021 インプレ 評価 感想レビュー【バーティモデル】

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー、テニスタイガーです(‘ω’)ノ

今回はズベレフやバーティ使用シリーズの「Head Graphene 360 + Gravity MP 2019(ヘッド グラフィン 360+ グラビティ MP 2019)」のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

最新機種の「Head Graphene 360+ Gravity MP 2021」とはデザインが違うだけだから、2021のインプレが知りたい人もこの記事を読めばOK。

本記事の内容

  1. スペック、使っているプロの紹介
  2. 使われているテクノロジーをサクッと解説
  3. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「打感が柔らかくボールが良く飛び、回転もかけやすい中級~中上級者向けラケット」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

スポンサーリンク

ヘッド グラビティ MP 2019のスペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ295g
フレーム厚22㎜
ストリングパターン16×20
バランスポイント325㎜

標準より5g軽いスペック。

なお、バランスポイント(重心)は普通より5mm程度ヘッド寄りに設計されており、サーブやストロークの際に遠心力を利かせやすくなっています。

ストリングパターンは一般的な16×19よりも横糸が1本多い16×20。

少しコントロール寄りのラケットとして作られている模様。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

ヘッド グラビティシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

※プロテニス選手は独自にラケットをカスタマイズしているので、市販品とスペックが違うことがあります。

☑アレキサンダー・ズベレフ(世界ランク最高3位)

☑アシュリー・バーティ(世界ランク最高1位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ash Barty(@ashbarty)がシェアした投稿

2021バージョンのデザイン↓(レッド&グリーンからイエローグリーン&パープルブルーに変更されています)

テクノロジー/予備知識

グラフィン360+カーボン素材「グラフィン」とスパイラルファイバーを組み合わせ、高い剛性とクリーンな打球感を実現
ティアドロップ・ヘッド・シェイプ丸みのあるフレームを採用し、スイートスポットの広さを拡大

ヘッド グラビティ MP 2019のデザイン

グラビティシリーズ特有の丸っこくて反面グリーン、反面レッドの非対称なルックス。

フレーム厚22㎜というだけあって横から見ると薄く感じ、シャフト部も非常にスッキリしています。

2021年版のデザイン↓(※画像はグラビティ MP Lite)

とても綺麗なグラデーション…!

いいね!

ヘッド グラビティ MP 2019のインプレ・評価・感想レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、感想を書いていきます。(※ガットは「ヘッド リンクスツアー」を使いました。)

打感の柔らかさ: 7.5/10

やや柔らかめの打感。

適度なしなりとガットのたわみによるソフトさを感じられます。

薄ラケで打感が硬そうなスペックだけど、実は柔らか系。

ボールの飛びの良さ: 8/10

やや強めの反発性能でボールは比較的ラクに飛んでくれます。

ぶっ飛びラケットのように当てるだけで吹っ飛ぶということはないですが、あまりパワフルではない方にはありがたいパワーアシスト感だと思います。

フレーム厚22㎜の薄ラケとは思えない反発力!

体感だと24~25㎜位の感じだった。

スピンのかけやすさ: 8/10

スピンはかなりかかるし打ちやすいです。

引っ掛かり感的なものはそこまで強く感じないんですが、打った打球に予想以上に回転がかかってくれるイメージ。

グリグリに回転をかけると結構曲がり、跳ねる。

【スライスに関して】

バックハンドスライスも回転がよくかかる◎

軌道は若干浮きやすい感触でした。

コントロール性能: 7.5/10

ボールが楽に飛ぶパワー系と、ボールが飛びにくいコントロール系のちょうど中間位の立ち位置。

パワフルプレイヤーには飛び過ぎるかもしれないですが、「パワーとコントロールのバランスの良さ」が欲しい人には合っていると思います。

操作性&取り回しの良さ: 8/10

標準より5g軽いものの、バランスポイント(重心)が5㎜程トップ寄りの為、特別重いとか軽いとかはありません。

黄金スペック(300g/バランス320㎜)と同じくらいだと思います。

ストローク

やや柔らかな打感とフレームのしなりを感じつつ、中軌道のスピンショットをコントロールして展開していく使い方がおすすめ◎

結構しっかり振りぬいても回転が利いてコート内にちゃんと収まってくれるので、快適な使用感でした。

ちゃんと打っていける中級、中上級者には合っていると思う。

球が良く弾み、相手が打ちにくいショットになる。

ちなみに175cm/60キロ位であまりパワフルではない私にとっては、柔らかくてよく飛んでくれて回転もかかるという3拍子揃ったラケットなのでお気に入りの一本です(^^)v

前述したように元々筋力のある人がフラット系で叩くと飛びすぎてアウトしやすいから、そこだけ注意。

【守備に関して】

パワーアシストが効いてくれてまあまあラク。

走らされても返球しやすいので、守備型プレーヤーにも良いと思います。

ボレー

反発力があり打感も柔らかいのでボレーはやりやすいです。

ちょっと飛び過ぎることもあるので、パワーのある上級者はボールをはたいて沈めると良いでしょう。

面の大きさも100インチとやや大きいからその点でも安心感アリ。

サーブ

ストローク同様にかなり回転がかかり、スライスサーブやスピンサーブの変化は大きめ!

まあまあ曲がるし跳ねてくれる。

フラットサーブはパワーアシストのおかげでスピードが出てコースのコントロールもしやすいですが、思い切って打つとちょっとだけ収まりが悪い印象。

基本回転系で打ちつつ、時折8割位の強さのフラットサーブを打って展開していくのが良いかと思います。

 

 

類似・競合ラケット

☑ヘッド グラビティ ツアー 2019

MPより打感が硬く飛ばないモデル。

その代わりにコントロール性能が非常に高いので、低軌道のパワフルショットを叩き込んでいきたいパワーヒッターにおすすめです。

ヘッド グラフィン360+ グラビティ ツアー 2019&2021 インプレ 評価 感想レビュー【攻撃特化型】
「ヘッド    グラフィン 360+ グラビティ ツアー 2019&2021(Head Graphene 360+ Gravity Tour)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ヘッド スピード MP 2020

グラビティMPに似て打感が柔らかく回転がしっかりかかるモデル。

スピードはグラビティと違ってしならず面の安定性が高いので、ある程度ラケット自体のパワーで飛ばしたい向けかなと思います。

Head グラフィン 360+ スピード MP 2020 インプレ 評価 感想レビュー【神ラケ】
「ヘッド グラフィン 360+ スピード MP 2020」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ヘッド グラビティ MP 2019はこんな人におすすめ

  • 柔らかい打感が好きな人
  • パワーとコントロールのバランスの良さを求める人
  • しっかり回転をかけていきたい人
  • ズベレフ・バーティが好きな人

こんな人には向いてない

  • 超パワフルな人
  • フラット系ストローカー
  • 超コントロール志向な人

まとめ:柔らかく、よく飛び、回転も掛けやすい中級者向けラケット

本記事ではHead Graphene 360 + Gravity MP 2019のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

柔らかい打感、やや強めのパワー&スピンアシスト、しなり感が特徴的なラケット!

柔らかい打感が好きで、なおかつボールをしっかり飛んでくれるスピン系ラケットを使いたい中級~中上級者には向いていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

 

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました