2022最新 ホールド感が強くしなりやすいおすすめテニスラケットランキング5

テニスラケットランキング

 

ホールド感の強いしなるテニスラケットが欲しいけど数が多くてどれがいいのかわからない‥‥。

どのラケットがおすすめ?

今回は、「フレームが良くしなりホールド感が強いおすすめのテニスラケット」を5本、実際の使用感と共に紹介していきます。

☑筆者情報

  • テニス歴20年
  • ラケット試打数&購入数合計130本以上
  • ガットインプレ数70種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

フレームのしなりが強いラケットはガットとボールの接地時間を長めに感じられ、ボールコントロールがしやすいといった特徴があります。

ガットがボールを掴むホールド感(球持ち感)が強く、気持ち良い打ち心地。

ラケットを100本以上試打した中で「これは良い!」と感じた”しなるホールド系”を厳選したので、参考にしていただければ幸いです。

ホールド感強めの5本!

 

 

2022最新 ホールド感が強くしなりやすいおすすめテニスラケットランキング5

5本とも非常に人気の高いしなるホールド系テニスラケットです。

第1位 ウィルソン クラッシュ 100 V2.0 2022

ウィルソン クラッシュ 100 V2.0 2022」(Wilson Clash 100 V2.0 2022)

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ295g
バランスポイント310㎜
フレーム厚24㎜
ストリングパターン16×19

評価

打感の柔らかさ8.5~9/10
ボールの飛ばしやすさ7.5~8/10
回転のかけやすさ7/10
ボールコントロール性能8/10
操作性/取り回しやすさ8.5~9/10

「最高レベルのフレームのしなりやすさと打感の柔らかさ」で有名なウィルソンの人気ラケット。

ホールド感が強く、ガットとボールの接地時間がかなり長いです。

しなり=クラッシュと言われるくらいにはしなりが強い。

柔らかくしなる心地良さを存分に体感したいなら間違いないシリーズ。

通常しなりが強いラケットはボールの飛びにくくなる傾向にありますが、クラッシュはしなりと飛びを両立させていて、まあまあ反発力は強く、ボールの飛びは良好です。

中軌道のフラットドライブショットになりやすい。

また、295gとやや軽量かつバランスポイント(重心)が標準より10㎜程度グリップ寄りのトップライト系ラケットなので、スイングしやすい操作性に優れている所もメリット。

フレームがよくしなり、飛びも良好で、軽くてスイングしやすいフラットドライブ系ラケットを使いたい方にイチオシです。

最強のしなり!

1位!

 

数量限定の全仏オープン2022カラーバージョンもあります。

 

╲詳細レビュー記事はこちら/

 

第2位 ヨネックス ブイコアプロ 100 2021

Yonex Vcore Pro 100 2021」(ヨネックス ブイコアプロ 100 2021)

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
ストリングパターン16×19
フレーム厚23㎜

ブイコアプロシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑スタン・ワウリンカ(世界ランク最高3位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yonex USA(@yonex_usa)がシェアした投稿

評価

打感の柔らかさ7.5~8/10
ボールの飛ばしやすさ7.5~8/10
回転のかけやすさ7~7.5/10
ボールコントロール性能8~8.5/10
操作性/取り回しやすさ8/10

クラッシュに近いレベルのフレームのしなりやすさが特徴の「ヨネックス ブイコアプロ」シリーズの100インチモデル。

打球を狙った所に打ち込むボールコントロール性能の高さと、適度にボールが飛ぶ丁度いいパワー感の”バランスの良さ”が光る一本です。

攻撃時にはきちんとボールがコートに収まり、守備時にはしっかり相手コートに返球できるスーパーバランス型。

打感はまあまあ柔らかく、フラットドライブ系の球種が打ちやすい。

ホールド感の強く、ガットがボールの接地時間を長く感じます。

心地良いしなり&球持ち感。

スイングが速いほどしなりによるソフトさを感じる。

パワーやスピン性能を重視する方にはあまり合ってないですが、高いコントロール性能と程よい飛びの両方を感じつつ、快適にフラットドライブを展開したい方にはおすすめです。

良くしなる万能フラットドライブ系ラケット!

2位!

 

 

╲詳細レビュー記事はこちら/

 

第3位 ダンロップ CX400 ツアー 2021

Dunlop  CX 400 Tour 2021」(ダンロップ CX400 ツアー 2021)

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚23㎜
ストリングパターン16×19

ダンロップ CXシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑土居美咲

評価

打感の柔らかさ8/10
ボールの飛ばしやすさ7.5/10
回転のかけやすさ7~7.5/10
ボールコントロール性能8~8.5/10
操作性/取り回しやすさ8/10

ブイコアプロ100同様にボールを飛ばすパワーとボールコントロール性能のバランスが良いダンロップ屈指の超人気ラケット。

基本性能はブイコアプロ100に近いですが、CX400ツアーの方が若干ボールの飛びが抑えめで、少しボールコントロール性能に寄った印象のモデルです。

打感はかなり柔らかくて、適度にボールは飛び、ボールのコントロールもしやすい。

光沢のあるレッドカラーがとてもカッコいいデザイン。

ガットがボールを掴むホールド感は強めでフレームも適度にしなるので、心地よい球持ちの良さを感じられる◎

球種はフラットドライブ系が打ちやすいですね。

飛びとコントロール性能の丁度良さという点においてトップクラスの名作だと思います。

ブイコアプロ100に並ぶバランス型の超人気ラケット!

カッコいいデザインでテンションも上がる!

3位!

 

 

╲詳細レビュー記事はこちら/

 

第4位 ヘッド ブーン(BOOM)MP 2022

ヘッド ブーン/ブーム MP 2022」(HEAD BOOM MP 2022)

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ295g
バランスポイント315㎜
フレーム厚24㎜
ストリングパターン16×19

ブーンシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑ロレンツォ・ムゼッティ

評価

打感の柔らかさ8~8.5/10
ボールの飛ばしやすさ7.5/10
回転のかけやすさ7/10
ボールコントロール性能8/10
操作性/取り回しやすさ8.5~9/10

非常に柔らかい打感、適度なボールの飛び、フレームのしなりやすさ、高めのボールコントロール性能が特徴のラケット。

クラッシュ同様にやや軽めの295g。

バランスポイント(重心)が5㎜程度グリップ寄りのトップライト系で、スイングしやすくボレー時の取り回しがかなりしやすいタイプです。

操作性良し。

デザインは爽やかなミントブルーを基調としていて、人気が高い。

スイートスポット広めでミスしにくく、飛びも丁度良い。

全体的にクラッシュと似ている使用感ですが、ブーンの方がもう少し飛びが抑えられていてアウトしにくい印象です。

飛びすぎない軽量のしなる系。

ストローク時の球種としては、低~中軌道のフラットドライブが打ちやすい印象。

トップライト系特有の操作性の高さと柔らかな打感、飛びとコントロール性能のバランスの良さを重視する方におすすめです。

取り回しやすさがバツグンの柔らか系ラケット!

デザインも最高!

4位!

 

 

╲詳細レビューはこちら/

 

第5位 ウィルソン ブレード 100 V8.0

Wilson Blade 100 V8.0 2021(ウィルソン ブレード 100 V8.0 2021)

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚22㎜
ストリングパターン16×19

ブレードシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑ステファノス・チチパス

評価

打感の柔らかさ7~7.5/10
ボールの飛ばしやすさ7/10
回転のかけやすさ7.5~8/10
ボールコントロール性能8.5/10
操作性/取り回しやすさ8/10

ウィルソンの大人気コントロール系「ブレード」の100インチモデル。

100インチ/300gのラケットの中ではだいぶボールの飛びが抑えられていて、ガンガン打ってもアウトをしにくいタイプです。

他の4本よりも飛び控えめなラケット。

ホールド感は強め。

スピン性能は割と高く、フラットドライブもスピンショットも両方打ちやすい。

ブレードはしなりやすさが特徴のシリーズですが、このV8.0は以前よりも少ししなりを抑え、その代わりに面の安定性を高めた設計となっています。

打ち負けにくいしっかりさが備わった。

ガッツリハードヒットして打球をコントロールしたいプレイヤーにおすすめです。

ウィルソンが誇るホールド感強めなコントロール系!

5位!

 

 

╲詳細レビューはこちら/

 

まとめ:しなりとホールド感を存分に体感しよう!

本記事では、しなりとホールド感を感じやすいおすすめのテニスラケットを5本紹介してきました。

球持ちの良い5本。

ぜひ好みに合ったラケットを選んで楽しくテニスをしていただければと思います。

ではでは、今回はこの辺で。

ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるから、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入るよ。

今回解説したテニス用品一覧

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました