ヘッド グラビティ S 2019&2021 インプレ 評価 レビュー

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー、テニスタイガーです(‘ω’)ノ

今回は「Head Graphene 360+ Gravity S 2019」(ヘッド グラフィン 360+ グラビティ S 2019)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

最新作の「Head Graphene 360+ Gravity S 2021」とはデザインが違うだけだから、2021のインプレが知りたい人もこの記事を読めばOK。

本記事の内容

  1. スペック、使っているプロの紹介
  2. 使われているテクノロジーをサクッと解説
  3. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー
  4. 類似・競合ラケットの紹介

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「柔らかな打感でボールが楽に飛び、回転がバツグンにかかる初中級者向けのスピン特化型デカラケ」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

 

スポンサーリンク

ヘッド グラビティ S 2019&2021のスペック

フェイスサイズ104平方インチ
重さ285g
バランスポイント325㎜
フレーム厚24㎜
ストリングパターン16×20

標準より面が4インチ大きく、軽いスペック。

いわゆるデカラケですが、フレーム厚は24㎜と少し薄い設計です。

通常のデカラケはフレームが27㎜以上あるから、それらと比較するとボールを飛ばすパワーを抑えられてそうな感じ。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

グラビティシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

※プロテニス選手は独自にラケットをカスタマイズしているので、市販品とスペックが違うことがあります。

☑アレキサンダー・ズベレフ(世界ランク最高3位)

☑アシュリー・バーティ(世界ランク最高1位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ash Barty(@ashbarty)がシェアした投稿

2021バージョンはコチラ↓(レッド&グリーンからイエローグリーン&パープルブルーに変更されています)

テクノロジー/予備知識

グラフィン360+カーボン素材「グラフィン」とスパイラルファイバーを組み合わせ、高い剛性とクリーンな打球感を実現
ティアドロップ・ヘッド・シェイプ丸みのあるフレームを採用し、スイートスポットの広さを拡大

ヘッド グラビティ S 2019&2021のデザイン

グラビティシリーズ特有の半分レッド、半分グリーンのデザイン。

非常に丸っこいフレーム形状をしています。

フェイスサイズも大きいからガットの目が粗く、スイートスポットも広そう。

シャフト部は割とほっそりすっきりしたタイプです。

2021年版のデザイン↓(※画像はグラビティ MP Lite)

とても綺麗なグラデーション…!

いいね!

ヘッド グラビティ S 2019&2021のインプレ・評価・感想レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、感想を書いていきます。

打感の柔らかさ: 8.5/10

非常に柔らかい打感。

ガットのたわむ感触がよくわかり、ボールの重さをあまり感じない軽めの打ち心地です。

手首や腕への衝撃が少ないソフト系。

ボールの飛びの良さ: 8.5/10

反発性能は強く、軽快に中~高軌道の打球が飛んでいく。

楽にボールを飛ばしたい初中級者に最適だと思います。

フラット系で叩くとちょっと飛びすぎちゃう点は注意。

ただ、一般的なデカラケはフレームが大体27㎜前後とかなり厚くてボールがぶっ飛ぶタイプが多いので、それらと比較するとそこまで飛びすぎないですね。

スピンのかけやすさ: 9/10

回転性能は超強い。

元々グラビティはMPもMP Liteもスピンがかけやすいモデルでしたが、このSはフェイスが大きくガットの目が粗くなった分、さらに強烈な回転がかけられます。

スピン特化型のラケットと同等レベルの回転量。

【スライスに関して】

スライスもガッツリ回転がかかり、バウンド後の変化が大きめ。

軌道は上がりやすいです。

コントロール性能: 6.5/10

ボールの飛びが強いスピン系なので、細かくコースを狙って打っていくのは苦手。

操作性&取り回しの良さ: 8/10

面は大きいものの、軽量なおかげでまあまあ取り回しやすいです。

ストローク

ガッツリ回転がかかった中~高軌道のグリグリスピンを楽に展開できる◎

打球が急降下して高くハネます。

あんまり頑張って打たなくても超回転のかかったショットが打てる。

相手からミスを引き出しやすいエグイ打球になる。

面が大きい分スイートスポットも広く、ミスヒットになりにくいのも良い所。

ただ、先述したようにフラット系でガンガン打つとアウトしやすいので、パワフルなハードヒッターには向いてないですね。

【守備に関して】

良く飛ぶし打感が柔らかいので超カンタン。

当てるだけでも割と相手コートに返ってくれます。

ボレー

ボレーはちょっと浮いてアウトになりやすいイメージ。

上に向かって飛びすぎないようにキッチリと面を抑えて打球をコートに抑え込むように意識すると良いと思います。

打感が柔らかくて面も大きいからカンタンではあるけどね。

サーブ

フラットサーブ⇒めいっぱい打つとアウトしやすいけど、デカラケにしては意外とコントロール性能とバウンド後のノビが良い。

スマッシュも同様ですが、上から叩き落とす動作だと比較的ボールの飛びの抑えが利いて攻撃的な打球になると思います。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒打球の変化がとても大きめ。

ガッツリ曲がるし超ハネます。

トップクラスの回転量!

楽しい!

 

 

 

類似・競合ラケットの紹介

☑ヘッド グラビティ MP Lite 2021

100インチ/280gの軽量モデル。

グラビティSと同様にスピンがかけやすくボールも良く飛ぶので、通常サイズのフェイスの方が好きならこちらの方がおすすめです。

S⇒スイートスポットが広い

MP Lite⇒100インチで振り抜きやすい

といった違いがある。

ヘッド グラビティ MP ライト 2019 2021 インプレ 評価 レビュー
「Head Graphene 360+ Gravity MP Lite 2019&2021」(ヘッド グラフィン 360+ グラビティ MP ライト 2019&2021)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ヘッド グラビティ MP 2021

グラビティシリーズの主力モデル。(295g)

SやMP Liteより若干飛び控えめ、スピン量抑えめでボールコントロールしやすい中級者向けラケットです。

300gくらいのラケットを無理せず振れて飛びすぎないラケットが良いならMPの方が合ってる。

ヘッド グラビティ MP 2019&2021 インプレ 評価 レビュー バーティ使用
「Head Graphene 360+ Gravity MP(ヘッド グラフィン 360+ グラビティ MP)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ヘッド エクストリーム S 2020

グラビティSよりちょっと軽く、回転量も多いイメージの105インチ/275gのスピン特化型デカラケ。

使用感的にはだいぶグラビティSと似てますが、さらに軽く!さらに回転量を!という場合には選択肢に入ってきますね。

ヘッド エクストリーム S 2020 インプレ 評価 レビュー スピン系デカラケ
「Head Graphene 360+ Extreme S 2020」(ヘッド グラフィン 360+ エクストリーム S 2020)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ヘッド グラビティ S 2019&2021はこんな人におすすめ

  • 柔らかい打感が好きな人
  • 楽にボールを飛ばしたい人
  • ガンガンに回転をかけたい人

こんな人には向いてない

  • 硬い打感が好きな人
  • パワフルな人
  • コントロール志向な人

まとめ:ソフトな打感でカンタンにボールが飛ぶスピン特化型デカラケ

本記事では「ヘッド グラビティ S 2019&2021」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

柔らかい打感、広いスイートスポット、強めのボールの飛び、トップクラスのスピン性能が特徴のデカラケ!

柔らかな打感で無理せずグリグリスピンを展開したい初中級者の方には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました