【最新】50代・60代・70代のシニアにおすすめテニスラケットランキング!

テニスラケットランキング

 

50代・60代・70代のシニア向けテニスラケットが欲しいけど数が多くてどれが良いのかわからない…。

どのラケットがおすすめ?

今回は上記の質問に答えていきます。

☑筆者情報

  • テニス歴20年以上
  • ラケット試打数&購入数合計170本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

この記事では、シニアプレーヤーにおすすめの人気テニスラケットを以下の3つのジャンルに分けて、実際の使用感と共にそれぞれ3本ずつランキング形式で紹介していきます。

面の大きさ115インチ前後でボールが超飛ぶ「超軽量デカラケ系

⇒60代・70代以上/力の弱い方推奨

面の大きさ105インチ前後の「準デカラケ系

⇒50代・60代推奨

面の大きさ100インチで割と軽くてボールの飛びが良好な「軽量100インチ系

⇒50代・60代推奨

テニス歴20年以上の私が100本以上試打した中で、「打感の柔らかさ」や「ボールの飛びの良さ」に重点を置いてラケットを厳選したので、参考にしていただければ幸いです。

スピン性能などについても書いていく!

というわけで、さっそく50代・60代・70代の男女シニアプレーヤーにおすすめのテニスラケットを紹介していきます。

 

 

【最新】50代・60代・70代のシニアにおすすめテニスラケットランキング【超軽量デカラケ系】

まずは超打感が柔らかくてボールが良く飛ぶ超軽量デカラケ系の3本を紹介します。

第1位 プリンス エンブレム 110 2020

プリンス エンブレム 110 2020(Prince Emblem 110 2020)

スペック

フェイスサイズ110平方インチ
重さ255g
バランスポイント350㎜
長さ27インチ
フレーム厚26-28-26㎜
ストリングパターン16×18

評価

打感の柔らかさ9~9.5/10
ボールの飛ばしやすさ9/10
回転のかけやすさ8.5~9/10
ボールコントロール性能6.5/10
操作性/取り回しやすさ9/10

プリンスの超人気スピン系軽量デカラケ

トップクラスの打感の柔らかさと飛びの良さに加え、回転のかかりがかなり良いタイプです。

スピン系デカラケ。

軽く打っても軽快に軌道高めのスピンボールが飛んでいき、とてもラク。

110インチあり、丸みを帯びたフレーム形状をしていて、スイートスポットもとても広いです。

ミスヒットしにくいのでボレーや守備も簡単。

打感の柔らかさや飛びの他にスピン性能も欲しい方におすすめです。

ラクにスピンボールが飛ばせるプリンスの超人気柔らかデカラケ!

1位!

 

 

╲詳細レビューはこちら/

 

第2位 ダンロップ LX1000 2021

ダンロップ LX1000 2021

スペック

フェイスサイズ115平方インチ
重さ255g
バランスポイント360㎜
フレーム厚26~28㎜
長さ27.5インチ
ストリングパターン16×18

評価

打感の柔らかさ9.5/10
ボールの飛ばしやすさ8.5~9/10
回転のかけやすさ8/10
ボールコントロール性能6.5~7/10
操作性/取り回しやすさ8.5~9/10

打感の柔らかさ、振動吸収性に特化したダンロップが誇る超人気の軽量デカラケ

ガットの全長を長くするテクノロジーが使われていることにより、非常にガットのたわむソフトさがわかりやすいテニスラケットです。

ダンロップが優しい打感と超パワーを実現するために作ったモデル。

どんなボールでも簡単に返せる「魔法のラケット」と呼ばれている。

上のブリッジ部分には縦糸の真ん中2本の振動を抑える黒いゴムがあり、下のヨーク部分にも6本の振動を抑えるラバーを搭載。

さらに外付けで振動止めを付けることで、手に伝わる不快な振動を完全にシャットアウトする仕組みです。

ボールの飛びも良好で、軽く打っても良く飛ぶ。

また、ガットがたわむことによるホールド感(球持ち感)が強く、ボールが吹っ飛んでいきがちな超軽量デカラケの中では割りとボールコントロールしやすいです。

エンブレム110がスピン系なのに対し、LX1000は少しフラット系のショットをコントロールしやすい。

とにかく打感が柔らかくて振動が少なく、体に優しいラケットを使いたい方におすすめです。

ダンロップが誇る柔らかさに特化した魔法のラケット!

2位!

 

 

╲詳細レビューはこちら/

 

第3位 プリンス エンブレム 120 2020

プリンス エンブレム 120 2020(Prince Emblem 120 2020)

スペック

フェイスサイズ120平方インチ
重さ245g
バランスポイント364㎜
フレーム厚30-27.5-26㎜
長さ27.25インチ
ストリングパターン16×19

評価

打感の柔らかさ9~9.5/10
ボールの飛ばしやすさ9.5/10
回転のかけやすさ8~8.5/10
ボールコントロール性能6~6.5/10
操作性/取り回しやすさ9/10

プリンスのパワー特化型軽量デカラケ。

エンブレム110がスピン性能、LX1000がたわみやコントロール性能に強みがあるのに対し、エンブレム120はテニスラケット界屈指の反発力が持ち味です。

ボールが超飛ぶ。

3本とも標準的なラケットと比べると柔らかく良く飛ぶラケットですが、比較すると以下のようになるかと思います↓

打感の柔らかさ&振動吸収性⇒LX1000≧エンブレム110&120

飛びの強さ⇒エンブレム120>エンブレム110≧LX1000

スピン性能⇒エンブレム110>エンブレム120>LX1000

コントロール性能⇒LX1000>エンブレム110&120

飛びを最重視していて、さらに打感が柔らかくて回転のかかりも良い軽量デカラケを使いたい方にはおすすめです。

テニスラケット界屈指のハイパワーラケット!

3位!

 

 

╲詳細レビューはこちら/

 

 

【最新】50代・60代・70代以上のシニアにおすすめテニスラケットランキング【準デカラケ系】

次にフェイスサイズ105インチ前後のおすすめの準軽量デカラケ系の3本を紹介します。

第1位 ヘッド グラフィン 360+ グラビティ S 2021

ヘッド グラフィン 360+ グラビティ S 2021

グラビティシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

スペック

フェイスサイズ104平方インチ
重さ285g
バランスポイント325㎜
長さ27インチ
フレーム厚24㎜
ストリングパターン16×20

評価

打感の柔らかさ8.5/10
ボールの飛ばしやすさ8.5/10
回転のかけやすさ9/10
ボールコントロール性能6.5/10
操作性/取り回しやすさ8~8.5/10

ズベレフなどの世界トップランカーが好んで使う「ヘッド グラビティ」シリーズの104インチモデル。

パープルブルーとイエローグリーンの鮮やかなグラデーションが施された美しいデザインのラケットです。

特に女性から支持されているデザイン。

バツグンの回転性能と軌道の上がりやすさが特徴的。

ガンガンに回転がかかった軌道高めのスピンボールを展開しやすいです。

超回転がかけやすい。

打球の軌道も自然と上がるから、ショットが良く弾む。

系統的にはエンブレム110に似ていますが、グラビティの方がフレームが薄くて面が小さく、飛びは少し抑えやすい所に違いがあります。

綺麗なデザインのスピン特化型デカラケを使いたい方におすすめです。

 

 

╲詳細レビューはこちら/

 

第2位 ヨネックス ブイコアプロ 104 2021

ヨネックス ブイコアプロ 104 2021(Yonex Vcore Pro 104 2021)

ブイコアプロシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

スペック

フェイスサイズ104平方インチ
重さ290g
バランスポイント325㎜
長さ27インチ
フレーム厚22㎜
ストリングパターン16×19

評価

打感の柔らかさ7.5~8/10
ボールの飛ばしやすさ8/10
回転のかけやすさ7.5~8/10
ボールコントロール性能7.5/10
操作性/取り回しやすさ8/10

ワウリンカなどが使用するヨネックスのコントロール系シリーズ「ブイコアプロ」の104インチモデル。

デカラケの中ではフレームがかなり薄めの22㎜の設計で、ボールの飛びすぎを抑えやすいタイプです。

デカラケ特有のスイートスポットの広さがありつつ、比較的ガッツリ打ってもアウトしにくい。

球種は中軌道のフラットドライブを安定して打ちやすい。

飛びや柔らかさ重視なら他のデカラケの方が良いと思いますが、自分である程度ボールコントロールできるフレーム薄めのデカラケを使いたい方にはおすすめです。

 

 

╲詳細レビューはこちら/

 

第3位 ダンロップ CX200 OS 2021

ダンロップ CX200 OS 2021

ダンロップ CXシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

スペック

フェイスサイズ105平方インチ
重さ295g
バランスポイント325㎜
長さ27インチ
フレーム厚21.5㎜
ストリングパターン16×19

評価

打感の柔らかさ8/10
ボールの飛ばしやすさ8/10
回転のかけやすさ8/10
ボールコントロール性能7.5/10
操作性/取り回しやすさ8/10

ブイコアプロ同様にデカラケの中ではフレームがかなり薄めの21.5㎜の設計で、ボールの飛びすぎを抑えやすいタイプ。

フレームのしなり感とガットのたわみ感が強く、ボールの重みはそれほど感じない軽めの打球感です。

しなり感が気持ち良くてガットがボールを掴むホールド感(球持ち感)も強い。

球種は軌道高めのスピンボールを安定して打ちやすい。

ボールが良く弾むグリグリスピン系のグラビティSとフラットドライブ系のショットをコントロールしやすいブイコアプロのちょうど中間みたいな位置付けの印象です。

バランスが良くて使いやすい。

他のデカラケより重さがあるので軽さを求める方には向いてないですが、打感が柔らかく、ボールコントロールしやすく、回転も良くかかるデカラケを使いたい方にはおすすめです。

 

 

╲詳細レビューはこちら/

 

【最新】50代・60代・70代のシニアにおすすめテニスラケットランキング【軽量100インチ系】

最後にフェイスサイズ100インチでボールの飛びが良い人気の軽量モデルを3本紹介していきます。

第1位 ヨネックス イーゾーン 100L 2022

ヨネックス イーゾーン 100L 2022」(Yonex Ezone 100L 2022)

イーゾーンシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ285g
長さ27インチ
バランスポイント325㎜
フレーム厚23.8-26.5-22.5㎜
ストリングパターン16×19

評価

打感の柔らかさ7.5~8/10
ボールの飛ばしやすさ8.5/10
回転のかけやすさ7.5~8/10
ボールコントロール性能6.5~7/10
操作性/取り回しやすさ9/10

ヨネックスの超人気シリーズ「YONEX EZONE」の軽量モデル。

軽くてラケットを振りぬきやすく、軽快にボールを飛ばせるタイプです。

軽量ラケットの中で爆発的な人気を誇る1本。

反発性能が高く、スカッとスピードボールを打ちやすい。

「アイソメトリック」というヨネックスが独自開発した特殊な形のフレームを採用しており、他社のものと比べてスイートスポットが広く設計されているのが大きな特徴。

ミスヒットしても打感の硬さやボールの飛ばなさを感じにくく、相手コートにちゃんとボールが返ってくれる安心感があります。

アイソメトリックは通常の卵型のフレームと比べて四角っぽい形をしている。

ミスりにくい。

また、VDMという特殊な衝撃吸収材をグリップ内部に内蔵しているため、手首や肘に優しいのも良い所◎

軽めかつボールがよく飛んでくれて、体への負担も小さいモデルが欲しい方におすすめです。

龍とブラックカラーのデザインが特徴的な大坂なおみ選手専用カラーバージョン「OSAKA EZONE」もあります。

270gの超軽量バージョン「イーゾーン100SL」もあるので、力にあまり自信のない女性にはこちらが合うと思います↓

 

 

╲詳細レビューはこちら/

 

第2位 バボラ ピュアドライブ チーム 2021

バボラ ピュアドライブ チーム 2021」(Babolat Pure Drive Team 2021)!

ピュアドライブシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ285g
長さ27インチ
バランスポイント320㎜
フレーム厚23-26㎜
ストリングパターン16×19

評価

打感の柔らかさ7.5/10
ボールの飛ばしやすさ8.5/10
回転のかけやすさ7.5/10
ボールコントロールのしやすさ6.5/10
操作性/取り回しやすさ9/10

イーゾーンに並ぶ超人気シリーズ「バボラ ピュアドライブ」の軽量版。

使っているプロ選手が多いのは勿論のこと、一般プレーヤーにも絶大な支持をされているモデルなので、一般的なコートで見かけることの多いシリーズです。

軽くてもしっかりとボールを飛ばすパワーと、相手のショットに打ち負けない安定感のあるモデル。

イーゾーンがスイートスポットが広め、打感柔らかめなことが強みなのに対し、ピュアドライブは最高レベルの”打ち負けにくさ”が長所。

相手が打ってきた打球に一切打ち負けず、カウンターショットを決めやすいです。

カウンターショットやリターン、ボレーがマジでやりやすい。

絶対打ち負けないしっかり感を強く感じ、力強く鋭く跳ね返してくれる。

ボールスピードの出しやすさはイーゾーンとほぼ互角。

球速を上げやすく、面の安定感も高い人気軽量ラケットを欲しい方におすすめです。

数量限定のウィンブルドン2022カラーバージョンもあります。

270gの超軽量モデル「ピュアドライブ ライト」はコチラ↓

 

╲詳細レビュー記事はこちら/

 

第3位 ヘッド ブーン(BOOM)MP 2022

ヘッド ブーン/ブーム MP 2022」(HEAD BOOM MP 2022)

ブーンシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ295g
長さ27インチ
バランスポイント315㎜
フレーム厚24㎜
ストリングパターン16×19

評価

打感の柔らかさ8~8.5/10
ボールの飛ばしやすさ7.5/10
回転のかけやすさ7/10
ボールコントロール性能8/10
操作性/取り回しやすさ8.5~9/10

非常に柔らかい打感と適度なボールの飛び、高めのボールコントロール性能が特徴のラケット。

バランス(重心)が標準より5㎜程度グリップ寄りのトップライト系であり、スイングしやすくボレー時の取り回しがかなりしやすいタイプです。

トップライト系は重さを感じにくく操作性が高い。

デザインは可愛らしいミントブルーを基調としていて、女性に人気。

スイートスポット広めでミスしにくく、飛びも丁度良い。

ピュアドライブやイーゾーンのような圧倒的な飛びの強さはないものの、ホールド感(球持ち感)が強く、ボールを乗せて運べる感触が心地良いです。

飛びとコントロール性能のバランスが良い。

アウトしにくく狙った所に打ちやすい。

ストローク時の球種としては、低~中軌道のフラットドライブが得意な印象。

トップライト系特有の操作性の高さと柔らかな打感、飛びとコントロール性能のバランスの良さを重視する方におすすめです。

取り回しやすさがバツグンの柔らか系ラケット!

デザインも最高!

3位!

 

102インチ/275gの軽量版「ブーン チーム」もあります。

 

╲詳細レビューはこちら/

 

まとめ:打感の柔らかさや飛びに優れたラケットで快適なテニスを!

今回はシニアプレーヤーにおすすめのテニスラケットを「超軽量デカラケ」「準デカラケ」「軽量100インチ」の3つに分類して紹介してきました。

どのラケットも打感が柔らかくて飛びに優れた傾向にあるので、好みのラケットで楽しくテニスをしていただければと思います。

自分の体格やパワーに併せてラケットを選べば、何歳になってもテニスを楽しめる。

生涯テニス万歳!

というわけで、今回は以上です。

ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるから、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入るよ。

今回解説したテニス用品一覧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました