260~280g おすすめのデカラケランキングトップ5 超軽い 体に優しい

テニスラケットランキング

軽くて面が大きいおすすめのテニスラケットが知りたい!

今回は、上記の要望を持つ方へ向けて260~280g前後のおすすめの超軽量デカラケを5本ランキング形式で紹介していきます。

デカラケ:フェイスサイズ(面の大きさ)が大きいテニスラケットのこと。(大体105~115平方インチ前後)

デカラケは軽量かつフレームが厚く作られており、ガットのたわむ柔らかさを感じやすく、ボールがかなり飛びやすいので、

  • テニスを始めたての方
  • ジュニアorシニア
  • 力のあまり強くないプレーヤー
  • テニスエルボーや手首に怪我の不安があるプレイヤー
  • ボレーの頻度が高いダブルスプレーヤー

におすすめのテニスラケットです。

フェイスサイズが大きいとそれだけガットがよくたわみ、ボールを跳ね返す反発力も大きくなる。

また、ガットはラケットに大体40~60ポンドの間で張りますが、体への負担を小さくしてボールを飛ばしやすくしたいならナイロンガットを40~45ポンド位で張るのがおすすめです。

  • 40~48ポンド⇒ボールを打った時の打球感が柔らかく感じ、ボールも飛びやすい。
  • 49~60ポンド⇒打球感が硬くなり、ボールも飛びにくい。

ラケットの販売ページには推奨ポンド数が50~60とされていたりするけど、あれは一般人には高めの数値。

まずは45前後で張って様子を見るのが良いと思う。

※「デカラケは自分には軽すぎる!標準的な300g前後のラケットなら扱える力があるよ!」という方は、以下の記事で300g位のおすすめのラケットを紹介してますので、ご覧ください。

初心者・初級者におすすめのテニスラケットランキングTOP5【ボールを飛ばしやすい】

では、早速紹介していきます。

【260~280g】軽くておすすめのデカラケランキングトップ5【体に優しい】

5本とも打感が柔らかくてなおかつボールを飛ばすパワーもしっかりある、体への負担が少ないテニスラケットです。

第1位 ウィルソン ウルトラ 108 V4.0

ウィルソン ウルトラ 108 V4.0(Wilson Ultra 108 V4.0)

ウルトラシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑錦織圭(世界ランク最高4位)

☑ボルナ・チョリッチ(世界ランク最高12位)

スペック

フェイスサイズ108平方インチ
重さ270g
長さ27.25インチ
フレーム厚24-26.5-24㎜
ストリングパターン16×18
バランスポイント335㎜

日本のスーパースターである錦織圭選手が使用していることで有名な「ウィルソン ウルトラ 」シリーズの108インチバージョン。

ウルトラは「柔らかい打感」と「ボレーのしやすさ」を重視したシリーズであり、フレームもガッシリしていて打ち負けにくいラケットです。

ウルトラはガットのたわみ量を他のラケットよりも多くすることで、とても柔らかな打球感を生み出している。

フレームには高弾性の素材を使用し、ボールを飛ばすパワーも健在。

柔らかい打感かつ打ち負けにくいので、相手から強めのショットを受けるシーンが多いボレーヤーやダブルスプレーヤーの方に特におすすめのモデルです。

 

 

第2位 ヨネックス アストレル 115 2020

ヨネックス アストレル 115 2020(Yonex Astrel 115 2020)

アストレルは元世界ランク4位の伊達公子さんとヨネックスが共同開発したシリーズです。

伊達公子と共同開発「ASTREL」 | YONEX

スペック

フェイスサイズ115平方インチ
重さ260g
長さ26.75インチ
フレーム厚27-28.5-25㎜
ストリングパターン16×17
バランスポイント340㎜

「テニスって、やっぱり楽しい」をテーマに作られた伊達公子さん監修のデカラケシリーズ「ヨネックス アストレル」の115インチモデル。

フレームの厚さも最も厚い部分で28.5㎜ありますので、大きくて分厚いラケットとなっています。

THE・デカラケという感じ。

ヨネックスのラケットは「アイソメトリック」という特殊な形のフレームを採用しており、他社のものと比べてスイートスポットが広い。

そのため、ミスヒットしても硬さや重さ、飛ばなさを感じにくく、相手コートにボールを返球しやすいという特徴があります。

アイソメトリックはヨネックスならではの技術。

通常の卵型のフレームと比べて四角っぽい形をしている。

また、「VDM」という特殊な衝撃吸収材がグリップ部に内臓されており、手に伝わる衝撃が少なくて体に優しいのも嬉しい所。

フェイスサイズ115インチは全ラケットの中で最も面が大きい部類ですので、柔らかい打感で簡単にボールが飛んでくれるラケットが欲しい方におすすめです。

 

第3位 ヘッド グラフィン 360+ グラビティ S 2021

ヘッド グラフィン 360 + グラビティ S 2021(Head Graphene 360+ Gravity S 2021)

グラビティシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑アレキサンダー・ズベレフ(世界ランク最高3位)

☑アシュリー・バーティ(世界ランク最高1位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ash Barty(@ashbarty)がシェアした投稿

スペック

フェイスサイズ104平方インチ
重さ285g
長さ27インチ
フレーム厚24㎜
ストリングパターン16×20
バランスポイント325㎜

ズベレフやバーティといった世界トップランカーが好んで使う「ヘッド グラビティ」シリーズの104インチモデル。

パープルブルーとイエローグリーンの鮮やかなグラデーションが施された美しいデザインのラケットです。

特に女性から支持されているデザイン。

バツグンの回転性能と軌道の上がりやすさが特徴的。

ガンガンに回転がかかった軌道高めのスピンボールを展開しやすいです。

超回転がかけやすい。

打球の軌道も自然と上がるから、ショットが良く弾む。

綺麗なデザインのスピン特化型デカラケを使いたい方におすすめです。

 

 

╲詳細レビューはこちら/

 

第4位 バボラ ピュアドライブ 110 2021

Babolat Pure Drive 110 2021(バボラ ピュアドライブ 110 2021)

ピュアドライブシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑ファビオ・フォニーニ(世界最高ランク9位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

More powerful with my new #PureDrive from @Babolat #UnleashYourPower 💪🔥

Fabio Fognini(@fabiofogna)がシェアした投稿 –

☑ガルビネ・ムグルサ(世界最高ランク1位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

New #PureDrive is here. @babolat #UnleashYourPower ☄️

GАЯВIÑE МUGUЯUΖΑ(@garbimuguruza)がシェアした投稿 –

スペック

フェイスサイズ110平方インチ
重さ255g
長さ27.6インチ
フレーム厚24-27㎜
ストリングパターン16×19
バランスポイント330㎜

テニスラケット界屈指の人気を誇る「バボラ ピュアドライブ」シリーズの110インチモデル。

トッププロに人気なのは勿論のこと、一般プレーヤーの使用率もとても高く、テニスコートでよく見かけることの多いシリーズです。

ピュアドライブはボールの飛びが良いパワー系ラケットの中心的な存在で、多くの人に好まれる使いやすいモデル。

デカラケは通常のラケットの27インチより長いものが多いですが、これは27.6インチとデカラケの中でもトップクラスの長さ。

長い分遠心力が利かせやすいので、威力のあるサーブやストロークを楽に打ちたい方に特におすすめです。

 

第5位 プリンス エンブレム 110 2020

プリンス エンブレム 110 2020」(Prince Emblem 110 2020)

スペック

フェイスサイズ110平方インチ
重さ255g
長さ27インチ
フレーム厚26-28-26㎜
ストリングパターン16×18
バランスポイント350㎜

プリンスが誇る軽量デカラケシリーズ「エンブレム」の110インチバージョン。

柔らかな打感、強めのスピン性能、ボレーのしやすさが特徴の人気ラケットです。

振動・衝撃が少ないマイルドな打ち心地。

フレームの外側がホワイト、内側がシルバーのデザイン。

ボールの飛びは強いですが、回転も良くかかるので、意外とアウトしすぎず、バウンド後に高くハネるスピンショットがとても打ちやすい。

ボレー時にはガットがしっかりたわんでボールをホールドしてくれるので、狙った所にコントロールして運びやすいです。

ソフトな打感とスピン性能、ボレーのしやすさ重視のプレイヤー向け。

 

デザインはブルーカラーを基調とした数量限定の2022版もあります。

 

╲詳細レビューはこちら/

 

面が大きくて軽いデカラケで楽にテニスをしよう!

本記事では、面が大きくて軽量のデカラケを5本ランキング形式で紹介してきました。

5本とも細かな違いはありますが、

  • ボールが楽に飛ぶ
  • 体への負担が少ない
  • スイートスポットが広いのでミスヒットしても相手コートに返りやすい

といった点は共通しているので、どのラケットを選んでも使いやすいと思います。

ではでは、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入るよ。

今回解説したラケット用品一覧

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました