ヘッド プレステージ S 2020 インプレ 評価 レビュー バランスの良い万能型

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー・テニスタイガーです(^^)/

今回は「Head Graphene 360+ Prestige S 2020」(ヘッド グラフィン 360+ プレステージ S 2020)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

本記事の内容

  1. スペック、使っているプロの紹介
  2. 使われているテクノロジーをサクッと解説
  3. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー
  4. 類似・競合ラケットの紹介

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年
  • ラケット試打数&購入数合計100本以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「適度な反発性能とやや高めのスピン性能&ボールコントロール性能が特徴的なバランスの良い中級~中上級者向け万能ラケット」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

スポンサーリンク

ヘッド プレステージ S 2020のスペック

Head Graphene 360+ Prestige S 2020

フェイスサイズ99平方インチ
重さ295g
バランスポイント325㎜
フレーム厚21.5mm
ストリングパターン16×19

フェイスサイズはほぼ標準的な大きさ。

重量は標準より5g軽く、フレーム厚は薄めの設計です。

まあまあ操作性の高そうな作り。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

プレステージシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

※プロテニス選手は独自にラケットをカスタマイズしているので、市販品とスペックが違うことがあります。

☑マリン・チリッチ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Marin Čilić(@marincilic)がシェアした投稿

☑ジル・シモン

 

この投稿をInstagramで見る

 

@tenni_serがシェアした投稿

テクノロジー/予備知識

グラフィン360+カーボン素材「グラフィン」とスパイラルファイバーを組み合わせ、高い剛性とクリーンな打球感を実現

ヘッド プレステージ S 2020のデザイン

レッドカラーを基調としたカッコいい系のデザイン。

ガットの横糸の間隔が広めに設計されていて、回転がかけやすくなっています。

プレステージは目が細かくて詰まったストリングパターンのモデルが多いから、それらと比べるとだいぶ目が粗くマス目が大きい。

フレーム厚21.5㎜と薄めでスッキリとした見た目です。

ヘッド プレステージ S 2020のインプレ・評価・レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、レビューを書いていきます。

打感の柔らかさ: 7~7.5/10

標準的~やや柔らかめくらいな印象。

プレステージといえば硬いイメージがありますが、Sはそこまで硬くなく、割と違和感なく打っていけます。

ガットの間隔が広めだから、ある程度たわみを感じられる。

ボールの飛びの良さ: 7.5/10

反発性能は適度にあり、ボールは割と飛ぶ。

そこそこ打っていける中級者以上なら全く飛ばないといったシビアさはほぼないと思います。

飛ぶけど飛びすぎないパワー感。

ちょうどいい。

【軌道について】

軌道低めなフラットドライブと中軌道のスピンショットのどちらも打ちやすかったです。

スピンのかけやすさ: 8/10

ガットの間隔が広めなおかげで、スピン性能は比較的強め。

スピーディなフラットドライブも良いですが、意外と回転がかかるので、スピン寄りの打球も展開しやすいですね。

ガッツリ回転をかけるスイングで打っていくと結構ボールがハネる。

【スライスについて】

スライスはちょうどいい飛距離の中軌道のショットが楽に打てる印象です。

コントロール性能:8/10

飛びが適度でスピン性能もまあまあ高く、意図せぬアウトが少ないので、ボールコントロールしやすい。

全然ボールが飛ばないようなガチのコントロール系ラケットには負けますが、ボールを飛ばすパワーとコントロールのバランスの良さを強く感じます。

ライトなコントロール系ラケットというイメージ。

操作性&取り回しの良さ: 8.5/10

標準よりちょっと軽く面が小さい&フレームも薄いので、操作性は良い。

空気抵抗少なめでスイングしやすいです。

ストローク

低軌道のスピーディなフラットドライブと回転をかけた中軌道のスピンショットの二つを駆使したストロークを展開可能。

適度に飛び、回転がかけやすく、それでいてプレステージ特有のコントロール性能の高さもちゃんと備わったラケットなので、非常に使いやすいです◎

パワー×スピン×コントロールのバランスが良い万能型。

比較的しっかり打っていける中級~中上級プレーヤーにはピッタリそうな使用感。

ただ、ガンガン打てる上級者には飛びすぎるだろうし、ボールを超楽に飛ばしたい初中級者にはちょっと物足りない飛びだと思うので、その辺りは注意です。

【守備について】

まあまあボールは飛ぶので、守備がカンタン寄り。

超ラクってわけではないですが、硬くて飛ばないといった難しさはないと思います。

ボレー

飛びは適度で丁度良いけど、スイートスポットを外すと若干硬さを感じやすい。

そこそこボールコントロールしやすい所は良いですね。

サーブ

フラットサーブ⇒しっかり振っていってもサービスエリア内に収まりやすく、バウンド後のノビも良い。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒ストローク同様に回転はきちんとかかってくれる。

スライスサーブはちゃんと曲がるし、スピンサーブもある程度ハネます。

全体的に見てとてもバランスの良い使用感。

テニスラケットの中でかなり難しいシリーズのプレステージですが、その中でも最も扱いやすいモデルのSだと、中級者向けのラケットに様変わりするんだな~と思いました。

 

 

類似・競合ラケットの紹介

☑ヘッド スピード MP 2020

プレステージSより打感柔らかめ、飛び&スピン性能少し強めなパワースピンラケット。

ラクにスピンボールを飛ばしたいならスピードの方が良いと思います。

ヘッド スピード MP 2020 インプレ 評価 感想レビュー 神ラケ
「Head Graphene 360 + Speed MP 2020」(ヘッド グラフィン 360+ スピード MP)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ヘッド ラジカル MP 2021

プレステージSより打感やや硬め、飛び&スピン量少し抑えめなフラットドライブ系コントロールラケット。

ガツガツ打っていけるなら選択肢に入ってきますね。

ヘッド ラジカル MP 2021インプレ 評価 感想レビュー シュワルツマンモデル
「Head Graphene 360+ Radical MP 2021」(ヘッド グラフィン 360+ ラジカル MP 2021)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ヘッド プレステージ S 2020はこんな人におすすめ

  • 適度にボールを飛ばしたい人
  • 回転をしっかりかけたい人
  • 打球のコントロールを利かせたい人

こんな人には向いてない

  • ボールを超ラクに飛ばしたい人
  • パワフルなフラット系プレーヤー

まとめ:パワー×スピン×コントロールのバランスが良い万能型

本記事では「Head Graphene 360+ Prestige S 2020」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

適度なボールの飛び、高めのスピン&コントロール性能が持ち味のラケット!

どのショットもそつなくこなせる万能ラケットを使いたい中級~中上級者向けには合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました