プリンス ツアー 100 290g 2022 2023 インプレ 評価 レビュー 超バランス型

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー・テニスタイガーです(^^)/

今回は「プリンス ツアー 100 290g 2022/2023(PRINCE TOUR 100 290g 2022/2023)」のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

本記事の内容

  1. スペック、使われているテクノロジーをサクッと解説
  2. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー
  3. 類似・競合ラケットの紹介

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年
  • ラケット試打数&購入数合計150本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「柔らかい打感、適度な反発力、良好なスピン&コントロール性能、操作性の良さが特徴的な中級者向けバランス型ラケット」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

スポンサーリンク

プリンス ツアー 100 290g 2022 2023のスペック

プリンス ツアー 100 290g 2022

フェイスサイズ100平方インチ
重さ290g
バランスポイント325㎜
フレーム厚22-23-20㎜
ストリングパターン16×18

フェイスサイズは標準的で、重量は少し軽いスペック。

ストリングパターンは通常の16×19より横糸が1本少ない16×18を採用し、スピン回転がかけやすい設計となっています。

ガットは本数が少ないほどボールに回転をかけやすくなる傾向にある。

フレームは薄めの20~23㎜なので、そこそこしっかり振っていける中級者以上を想定して作られていると思います。

ちなみに310gのバージョンもあります。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

テクノロジー/予備知識

PVS新素材の高分子エラストマーをシャフト部からグリップ上部の所に搭載し、ボールヒット時の衝撃と不快な振動を減衰させ、心地よい打球感を生み出す新機能
テキストリーム×トワロン球持ち感、球速のアップ、振動吸収に役立つハイブリッド素材
ATSテキストリーム×トワロンをシャフト部、フレームの10時、2時に使用し、打球のコントロール性能をアップ
Xモーフフレームフレームの内側と外側の厚さを変えることでねじれに対して強くなり、空気抵抗も減少
2ピーススロートボールヒット時の衝撃を減らすパーツ

新機能「PVS」を搭載したことにより不快な振動・衝撃を抑え、以前のモデルよりもクリアな打球感を実現する設計となっています。

振動吸収に優れたシステム。

 

関連記事>>プリンス ツアー 2022 テクノロジー ラインナップ 新作情報まとめ

プリンス ツアー 100 290g 2022 2023のデザイン

ホワイト×ブルーの綺麗なデザイン。

良いですね。

グロス仕上げのツヤツヤした見た目!

美しい!

プリンス ツアー 100 290g 2022 2023のインプレ・評価・レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、レビューを書いていきます。

打感の柔らかさ: 8/10

だいぶ柔らかい打感。

硬さや打ち応えはほぼなく、ソフトな打ち心地です。

柔らかい。

振動が少なく、ガットもたわみやすい。

球離れは特に早くも遅くもなく、標準的な印象です。

ボールの飛びの良さ: 7.5~8/10

反発力は標準~やや強め辺り。

飛びすぎず飛ばなすぎず丁度良い感触です。

適度。

攻撃時にはきちんとボールがコートに収まり、守備時にはちゃんと相手コートに返球しやすい。

【軌道について】

打球は安定して中軌道になりやすい印象です。

スピンのかけやすさ: 8~8.5/10

スピン性能はまあまあ高め。

しっかり回転をかけるスイングで打つと打球が急降下してハネやすいです。

良好なスピン性能。

自然に回転がかかる。

【スライスについて】

スライスは適度な飛距離かつ中軌道ショットになりやすく、クセが少ない印象です。

コントロール性能: 8/10

打球を狙った所に打ち込むコントロール性能も結構良い。

適度な反発力により、イメージ通りのコース&飛距離になりやすいと思います。

思った以上に飛ばなかったり、飛びすぎたりしない感触。

操作性&取り回しの良さ: 8~8.5/10

290gとやや軽く、割と操作性は良い。

バランス325㎜のトップヘビー系なので超軽いって感じではないですが、300gのラケットよりは少し取り回しやすいですね。

ストローク

柔らかい打感を感じつつ、ミスせず安定して中軌道のフラットドライブやスピンショットを展開できる。

丁度良い飛び感で、ボールコントロールしやすく、回転もちゃんとかかり、とてもバランスの取れた使用感です。

ここまでバランスが良いラケットはそうそうない。

素直に打ちたいショットを打ちやすく、シンプルに使いやすい。

ただ、少し軽い分ショットの威力やバウンド後のボールのノビはそこまで出ないので、威力重視の上級ハードヒッター向けではないですね。

球威やノビ重視なら310gの方がおすすめ。

290gは一般的な筋力の中級前後のプレイヤーに特に良いと思う。

【守備について】

反発力は適度にあるので、走らされた際のボールの処理はややカンタン。

難しくはないですね。

ボレー

ストローク同様に打感が柔らかく、飛びは丁度良く、操作性にも優れている。

使いやすいですね。

良い。

サーブ

フラットサーブ⇒結構しっかり振り抜いてもサービスエリア内に収まりやすく、フォルトしにくい印象。

スカッとスピーディにボールが飛んでいきます。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒回転系サーブの変化は大きめ。

スライスサーブは良く曲がり、スピンサーブもしっかりハネます。

ちょっと軽いから振り始めの腕や肩への負担が小さい点も良い所。

使いやすい。

ストローク、ボレー、サーブのどれをとっても、バランスの良さが光る一本だと思います。

 

 

類似・競合ラケットの紹介

☑プリンス ツアー 100 310g 2022

310gのバージョン。

重いので操作性は落ちますが、球威やバウンド後のノビは290gより出しやすいので、筋力に自信があるなら310gの方が良いと思います。

スイングスピードが落ちるから飛距離も290gより少し抑えめになる。

打感の柔らかさやスピン性能、コントロール性能は290gとほぼ同じ。

プリンス ツアー 100 310g 2022 2023 インプレ 評価 感想レビュー
「プリンス ツアー 100 310g 2022 2023(PRINCE TOUR 100 310g 2022 2023)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑プリンス ビースト 100 2021

弾きの良さ、ボールスピードの出しやすさが特徴の人気ラケット。(100インチ/300g/バランス320㎜)

ツアー100より打感は硬くスピン性能もやや控えめですが、球速重視ならビーストの方がおすすめです。

スカッとフラットドライブを打ち込める。

プリンス ビースト 100 300g 2021 2022 インプレ 評価 レビュー
「プリンス ビースト 100 300g 2021 2022」(Prince Beast 100 2021 2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

※プリンス ツアー100(290g)/100(310g)/100 O3(290g)/100 O3(305)の4本は以下の記事で徹底比較しているので、興味のある方はご覧ください↓

【2022】プリンス ツアー 100とO3の違いを徹底比較 290g/305g/310g
プリンス ツアーシリーズ2022の100(290g)、100(310g)、100 O3(290g)、100 O3(305g)を徹底比較していきます。違いを知りたい方はご覧ください。

プリンス ツアー 100 290g 2022 2023はこんな人におすすめ

  • 柔らかい打感が好きな人
  • 飛び&スピン&コントロールのバランスの良さを求める人
  • 操作性重視の人

こんな人には向いてない

  • 硬い打感が好きな人
  • 球威&バウンド後のボールのノビ重視の人

まとめ:パワー&スピン&コントロールのバランスが良い軽量ラケット

本記事では「プリンス ツアー 100 290g 2022」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

柔らかい打感、適度な飛び、良好なスピン&コントロール性能を持つ軽量ラケット!

ソフトな打ち心地でパワー&スピン&コントロール性能のバランスが良い軽めのラケットを使いたい方には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したテニス用品一覧

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました