プリンス ビースト 100 DB 280g 2021 2022 インプレ 評価 レビュー

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー・テニスタイガーです(^^)/

今回は「プリンス ビースト 100 DB 280g 2021 2022」(Prince Beast 100 DB 280g 2021 2022)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

本記事の内容

  1. スペック、使われているテクノロジーをサクッと解説
  2. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー
  3. 類似・競合ラケットの紹介

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年
  • ラケット試打数&購入数合計150本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「ホールド感(球持ち感)の強さとボールコントロールのしやすさが特徴の初中級~中級者向け軽量ラケット」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

スポンサーリンク

プリンス ビースト 100 DB 280g 2021 2022のスペック

プリンス ビースト 100 DB 280g 2021 2022

フェイスサイズ100平方インチ
重さ280g
バランスポイント330㎜
フレーム厚24-26-23㎜
ストリングパターン16×19

標準より20g軽い軽量ラケット。

女性やジュニア・操作性重視の男性プレイヤー向けの設計です。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

テクノロジー/予備知識

テキストリーム×トワロン球持ち感、球速のアップ、振動吸収に役立つハイブリッド素材
ATSテキストリーム×トワロンをシャフト部、フレームの10時、2時に使用し、打球のコントロール性能をアップ
DBシステムストリングスの衝撃・振動減衰機能に役立つ高分子エラストマー

ダブルブリッジ形状のスロート部に搭載

PVS高分子エラストマーを搭載し、衝撃と不快な振動を減衰させる新機能
パラレルホールストリングがフレームの外側まで1直線になるようにグロメットホールを設定し、スイートスポットを拡大する設計

ダブルブリッジ(DB)があることにより、通常のラケットよりも中心部のストリングが動きやすくなり、ホールド感を感じやすい設計となっています。

プリンス ビースト 100 DB 280g 2021 2022のデザイン

フェイスは光沢のあるレッドカラー、シャフト部はブラックカラーのデザイン。

かっこいい!

プリンス ビースト 100 DB 280g 2021 2022のインプレ・評価・レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、レビューを書いていきます。

打感の柔らかさ: 7.5/10

やや柔らかめの印象。

ホールド感(球持ち感)が強く、ガットとボールの接地時間は少し長めの感触です。

軽量ラケットは球離れ早くスパーンと弾くものが多いから、この点は他のラケットと差がある。

ボールの飛びの良さ: 7.5/10

反発力は適度。

飛びすぎず飛ばなすぎずの丁度良い飛び感です。

あまりぶっ飛びすぎないタイプの軽量パワー系。

【軌道について】

打球は低~中軌道の直球になりやすいです。

スピンのかけやすさ: 7~7.5/10

スピン性能は標準的。

フラット~フラットドライブ辺りが最も打ちやすいです。

【スライスについて】

中軌道の丁度良い飛距離のスライスが楽に打てます。

クセの少ない回転性能。

コントロール性能: 7.5~8/10

ホールド感が強く飛びが適度なので、結構ボールコントロールしやすい。

割と狙った所に打ちやすくアウトもしにくいと思います。

ボールが全然飛ばないようなガチコントロール系ラケットほどではないけど、中々良い。

操作性&取り回しの良さ: 9/10

軽くて振りやすい。

疲れにくくブンブン振っていけます。

軽い。

ストローク

軌道低めの直球をしっかりコントロールして打ち込める。

適度な反発力と球持ちの良さによりぶっ飛びすぎないので、比較的アウトしにくいです。

軽くてスイングしやすいのも良い。

ただ、ホールド感がある分280g辺りの軽量ラケットの中ではやや飛ばない部類なので、超ラクにボールを飛ばしたい方には向いてないと思います。

ボールコントロールしやすい軽量ラケットを使いたい人におすすめ。

【守備について】

そこそこ反発力はあるので、走らされた際のボールの処理はカンタン寄り。

難しくはないですね。

ボレー

飛びが適度で面の安定性も高く使いやすい。

軽量でもあまり打ち負ける感じはしないです。

軽くて取り回しやすい。

サーブ

フラットサーブ⇒しっかり打つとちょっと飛びすぎるけど、8割位なら十分サービスエリア内に収まる感触。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒スライスサーブは良く曲がる。

スピンサーブのハネはボチボチといった印象です。

ストロークだと飛びすぎないけど、フラットサーブはやや飛びすぎた印象。

簡単に飛んでくれる所と軽くて振りやすい所は良い。

 

 

類似・競合ラケットの紹介

☑プリンス ビースト 100 DB 300g 2021

300gのバージョン。

重いので操作性は280gに負けますが、球威は出しやすいですね。

打感の柔らかさ飛び、スピン性能、ホールド感の強さはほぼ同じ。

軽さを取るか球威を取るかで決めると良いと思う。

プリンス ビースト 100 DB 300g 2021 2022 インプレ 評価 レビュー
「プリンス ビースト 100 DB 300g 2021 2022」(Prince Beast 100 DB 300g 2021 2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑プリンス ビースト 100 280g 2021

DBが搭載されていないノーマルタイプ。

DBよりボールコントロール性能は少し落ちる代わりに、ボールスピードが出やすく反発力がやや強いです。

コントロール性能や球持ち感よりスピード重視ならこっち。

プリンス ビースト 100 280g 2021 2022 インプレ 評価 感想レビュー
「プリンス ビースト 100 280g 2021 2022」(Prince Beast 100 280g 2021 2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑プリンス ビースト 100 O3 280g 2021

プリンス独自の大きなグロメット(O3)が搭載されたタイプ。

DBよりボールコントロール性能が落ちる代わりに、打感が非常に柔らかく強力なスピンをかけやすいタイプです。

とても良くガットがたわむ。

ソフトな打感とスピン性能重視ならO3の方が間違いなく良い。

プリンス ビースト 100 O3 280g 2021 2022 インプレ 評価 レビュー
「プリンス ビースト 100 O3 280g 2021 2022」(Prince Beast 100 O3 280g 2021 2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

プリンス ビースト 100 DB 280g 2021 2022はこんな人におすすめ

  • 適度な飛びを求める人
  • ホールド感重視の人
  • 軽いラケットを使いたい人
  • フラットドライブ系プレイヤー

こんな人には向いてない

  • 超ラクにボールを飛ばしたい人
  • ガンガンに回転をかけたい人

まとめ:ホールド感強めな適度な飛びの軽量ラケット

本記事では「プリンス ビースト 100 DB 280g 2021 2022」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

球持ちの良さ、適度な飛び、ボールコントロールのしやすさが特徴の軽量ラケット!

ホールド感を感じやすく低軌道フラットドライブをコントロールしやすい軽量ラケットを使いたい初中級~中級の方には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したテニス用品一覧

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました