新作情報まとめ プリンス ビースト(Prince Beast)2021 2022

テニスラケットインプレ

今回は、2021年9月発売の新作テニスラケットシリーズ「プリンス ビースト(Prince Beast) 2021 2022」の

  • ラインナップ
  • 各種スペック
  • 使われているテクノロジー

の3つをまとめていきます。

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年
  • ラケット試打数&購入数合計150本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

 

 

新作情報 プリンス ビースト(PRINCE BEAST) 2021 2022 スペック ラインナップまとめ

ボールの飛びの良さに定評のあるプリンスの人気シリーズ「ビースト」に新作が登場。

光沢のあるレッドカラーが特徴的なデザインです。

カッケー!

 

 

2021シリーズは「弾きの良いノーマル」「乗りの良いDB」「振り抜きに特化したO3」という3つのパターンが展開中。

さらに2022年4月には「ビースト」の回転性能、振り抜きやすさを最強レベルにパワーアップさせた設計の「ビーストマックス」も発売になりました。

自分に合ったラケットを選べる。

2021/2022のラインナップは以下の8モデルです。

以前のシリーズとの大きな違いは、

  • デザイン
  • 新スペック「DB」と「ビーストマックス」が追加
  • 新テクノロジーの採用

です。

まずはラインナップについて詳しく見ていきましょう。

PRINCE BEAST 100 300g 2021

 

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚24-26-23㎜
ストリングパターン16×19

弾きの良さとスピードボールの打ちやすさが魅力のビーストシリーズのメインモデル。(ノーマルモデル)

フェイスサイズ100平方インチ、重さ300g、バランスポイント320㎜、最大フレーム厚26㎜の黄金スペックです。

黄金スペックは幅広い層に最適化された使いやすいスペックで、非常に人気が高く、メーカー各社が特に力を入れている。

 

実際に使用したインプレ・レビュー↓

プリンス ビースト 100 300g 2021 2022 インプレ 評価 レビュー
「プリンス ビースト 100 300g 2021 2022」(Prince Beast 100 2021 2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

 

PRINCE BEAST 100 DB 300g 2021

 

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚24-26-23㎜
ストリングパターン16×19

ノーマルのビーストにダブルブリッジ(DB)を搭載した新スペック。

詳しくはテクノロジー解説のところで書きますが、弾きを少し抑え、その代わりにホールド感(球持ち感)をアップさせた設計のラケットです。

“乗りのビースト”

実際に使用したインプレ・レビュー↓

プリンス ビースト 100 DB 300g 2021 2022 インプレ 評価 レビュー
「プリンス ビースト 100 DB 300g 2021 2022」(Prince Beast 100 DB 300g 2021 2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

 

PRINCE BEAST 100 O3 300g 2021

 

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚24-26-23㎜
ストリングパターン16×19

プリンス独自のテクノロジーである、大きなグロメットが備わったO3モデル。

ノーマルやDBより柔らかい打感で強力な回転をかけやすいタイプです。

“振り抜きのビースト”

 

実際に使用したインプレ・レビュー↓

プリンス ビースト 100 O3 300g 2021 2022 インプレ 評価 レビュー
「プリンス ビースト 100 O3 300g 2021 2022」(Prince Beast 100 O3 300g 2021 2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

 

PRINCE BEAST 100 280g 2021

 

フェイスサイズ100平方インチ
重さ280g
バランスポイント330㎜
フレーム厚24-26-23㎜
ストリングパターン16×19

ノーマルの軽量版。

軽くてボールスピードを出しやすいラケットを使いたいプレイヤー向きです。

 

実際に使用したインプレ・レビュー↓

プリンス ビースト 100 280g 2021 2022 インプレ 評価 感想レビュー
「プリンス ビースト 100 280g 2021 2022」(Prince Beast 100 280g 2021 2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

 

PRINCE BEAST 100 DB 280g 2021

 

フェイスサイズ100平方インチ
重さ280g
バランスポイント330㎜
フレーム厚24-26-23㎜
ストリングパターン16×19

DBの軽量版。

ボールコントロール性能高めの軽量ラケットです。

 

実際に使用したインプレ・レビュー↓

プリンス ビースト 100 DB 280g 2021 2022 インプレ 評価 レビュー
「プリンス ビースト 100 DB 280g 2021 2022」(Prince Beast 100 DB 280g 2021 2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

 

PRINCE BEAST 100 O3 280g 2021

 

フェイスサイズ100平方インチ
重さ280g
バランスポイント330㎜
フレーム厚23.5-25-23㎜
ストリングパターン16×19

O3の軽量版。

軽くてよく飛ぶスピン系ラケットです。

 

実際に使用したインプレ・レビュー↓

プリンス ビースト 100 O3 280g 2021 2022 インプレ 評価 レビュー
「プリンス ビースト 100 O3 280g 2021 2022」(Prince Beast 100 O3 280g 2021 2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

 

PRINCE BEAST 104 O3 280g 2021

 

フェイスサイズ104平方インチ
重さ280g
バランスポイント335㎜
フレーム厚23.5-25-23㎜
ストリングパターン16×19

フェイスサイズが大きめの軽量デカラケ。

スイートスポットが広めのラケットを使いたいプレイヤーやダブルスプレイヤー向けのラケットです。

 

実際に使用したインプレ・レビュー↓

プリンス ビースト 104 O3 2021 2022 インプレ 評価 感想レビュー
「プリンス ビースト 104 O3 2021 2022」(Prince Beast 104 O3 2021 2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

 

PRINCE BEAST MAX 100 300g 2022

 

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚27-24-22㎜
ストリングパターン16×18

通常のO3よりもさらに巨大なグロメット「ニューオーポート2」により。最強の振り抜きとスピン性能を最大化させた設計のモンスターラケット。

実際に使用したインプレ・レビューや詳細記事はこちら↓

プリンス ビースト マックス 300g 2022 インプレ 評価 感想レビュー
「プリンス ビースト マックス 2022」(Prince Beast Max 2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。
新作情報 プリンス ビースト マックス 300g 2022 テクノロジー スペックまとめ
プリンス ビースト マックスのスペック、テクノロジーをまとめていきます。

テクノロジー:高分子エラストマーにより不快な振動・衝撃を抑え、クリアな打球感を実現

以下のテクノロジーが搭載されています。

PVS(BEAST 100、BEAST O3 104、BEAST O3 100 に搭載)

ATS(全機種に搭載)

DBシステム(DBに搭載)

ニューオーポート(BEAST O3 104、BEAST O3 100に搭載)

パラレルホール(BEAST 100、BEAST DB 100に搭載)

2ピーススロート(BEAST 100、BEAST O3 104、BEAST O3 100 に搭載)

ニューオーポート2(BEAST MAXに搭載)

パワーレール(BEAST MAXに搭載)

CTS(BEAST MAXに搭載)

PVS

新素材の高分子エラストマーをシャフト部からグリップ上部の所に搭載し、ボールヒット時の衝撃と不快な振動を減衰させ、心地よい打球感を生み出す新機能。

筋肉の疲労削減に役立ち、長時間のプレーでも質の高いスイングを可能にする設計です。

振動吸収に優れたシステム。

ATS

シャフト部とフレームの2時10時部分にテキストリーム×トワロンを配置し、ラケット上部の剛性とボールの推進性、コントロール性能をアップさせる機能。

他のシリーズにも搭載されているプリンスお馴染みのテクノロジーです。

テキストリーム×トワロンは球持ち感、球速のアップ、振動吸収に役立つハイブリッド素材。

DBシステム

衝撃・振動減衰機能を持つ高分子エラストマーをダブルブリッジ形状のスロート部に配置。

一般的なグロメットと比べて、中心部のストリングスの可動部が約7mm長くなり、経糸がたわみやすくホールド感がアップするテクノロジーです。

 

ニューオーポート(O3)

スイートスポットを広め振り抜きを良くするグロメット。

パワフルホール

ストリングがフレームの外側まで1直線になるようにグロメットホールを設定し、スイートスポットを拡大するテクノロジー。

2ピーススロート

ボールヒット時の衝撃を減らすパーツ。

ニューオーポート2

空気抵抗を極限まで減らすことを可能にしたフレームのサイドに空いた大きなホール。

スイングスピードと振り抜きが最高レベルになることに加え、ガットも非常に良くたわみやすくなるので、スピン性能もアップしスイートスポットも広まる働きがあります。

振り抜きの良さ、スピン性能の向上、スイートスポットの拡大に役立つビーストマックスのメインテクノロジー。

パワーレール

フレームのサイドに採用した新形状。

2本のレールが備わっていて、ボールヒット時の面ブレを減らす働きがあります。

打ち負けないフレームの強さも持ち合わせている。

CTS

グリップ上部からフレームトップにかけて均一に厚みを増していくテクノロジー。

スイートエリアがフレームの上の方に行くにつれて広がっていき、しなりによるパワーも増大する効果があります。

ボールをラケットの先の方で打った時に爆発的なパワーとスピードが出る仕組み。

インプレ・解説動画

☑ラフィノさん

【Fukky'sインプレ】プリンス ビースト2022年モデル 3種比較!!

 

【Fukky'sインプレ】『スピン・振り抜き・スウィートエリア』を最大化。【プリンス】ビースト マックス 初打ち!!

☑スタテニさん

振動止め不要⁈フレームに特殊樹脂が入った新作「BEAST」のシリーズ3種類を打ち比べてみた[ラケットインプレ]

☑ぬいさんぽさん

【テニス】2021最新BEAST徹底辛口インプレ!スピン系ピュアドラのPRINCE(プリンス)ビースト〈ぬいさんぽ〉

まとめ:振動吸収性を高め、DBとビーストマックスも追加

今回は「プリンス ビースト(Prince Beast) 2021 2022」についてまとめてきました。

高分子エラストマーを採用して不快な振動を抑え、新スペックのDBとビーストマックスも新たにラインナップに加わりました。

プリンスの渾身のパワー系シリーズ!

というわけで、以上です。

今回解説したテニス用品一覧

 

 

 

 

 

 

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

 

タイトルとURLをコピーしました