プリンス ツアー 100 O3 310g 2020 インプレ 評価 感想レビュー

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年以上の週末プレーヤー・テニスタイガーです(^^)/

今回は「プリンス ツアー 100 O3 310g 2020」(Prince Tour 100 O3 310g 2020)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

本記事の内容

  1. スペック、使われているテクノロジーをサクッと解説
  2. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー
  3. 類似・競合ラケットの紹介

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年以上
  • ラケット試打数&購入数合計160本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「柔らかい打感と強めのボールの飛び、強力なヘビースピンショットの打ちやすさが特徴の回転系ラケット」

です。

(※ツアーシリーズは2022年に新作が発売されるので、最新モデルの情報を知りたい方はコチラの記事をご覧ください⇒新作情報まとめ プリンス ツアー 2022 2023

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

スポンサーリンク

プリンス ツアー 100 O3 310g 2020のスペック

プリンス ツアー 100 O3 310g 2020

フェイスサイズ100平方インチ
重さ310g
バランスポイント310㎜
フレーム厚22-23-20㎜
ストリングパターン16×19

標準より重めのスペック。

大きなグロメットが備え付けられたプリンス独自のテクノロジー「O3」バージョンです。

O3は搭載されると通常版(ノーマルタイプ)より

  • 打感がソフトになる
  • スピン性能が上がる
  • スイートスポットが広まる
  • 振り抜きが良くなりスイングスピードが上がる

といった効果がある。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

テクノロジー/予備知識

テキストリーム×トワロン球持ち感、球速のアップ、振動吸収に役立つハイブリッド素材
ATSテキストリーム×トワロンをシャフト部、フレームの10時、2時に使用し、打球のコントロール性能をアップ
Xモーフフレームフレームの内側と外側の厚さを変えることでねじれに対して強くなり、空気抵抗も減少
2ピーススロートボールヒット時の衝撃を減らすパーツ
ニューオーポート(O3)スイートスポットを広め振り抜きを良くするグロメット

プリンス ツアー 100 O3 310g 2020のデザイン

ホワイトを基調とした美しいデザイン。

フレームのサイドにはO3独自の大きな穴が開いています。

プリンス ツアー 100 O3 310g 2020のインプレ・評価・レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、レビューを書いていきます。

打感の柔らかさ: 8/10

柔らかめの打感。

通常のノーマルタイプよりガットのたわむ感触がわかりやすく、スイートスポットも広めです。

ボールをガットが包み込むような打ち心地。

ボールの重みは感じやすい。

ボールの飛びの良さ: 7.5~8/10

反発力はやや強く、ボールは飛びやすい。

当てるだけで吹っ飛ぶほどではないですが、割とパワーのあるラケットです。

310gのフレーム薄めのラケットにしてはだいぶ飛ぶ。

O3効果のおかげだと思う。

【軌道について】

打球の軌道は自然と上がる。

中~高軌道ショットになりやすいです。

スピンのかけやすさ: 8.5~9/10

スピン性能は非常に高め。

普通に打っても自然に回転がかかるし、自分から回転をかけるスイングで打つと急降下して高くハネるグリグリスピンが簡単に打てます。

申し分ない回転量。

スピン特化ラケット。

【スライスについて】

スライスもスピン同様に強烈な回転がかけやすく、打球のバウンド後の変化が大きいです。

コントロール性能: 7.5/10

ボールコントロール性能は標準辺り。

反発力がまあまあ強いスピン系ラケットなので全くボールが飛ばないようなガチのコントロール系ラケットほどではないですが、そこそこ打球は狙った所に打ちやすいです。

ほぼほぼ標準。

操作性&取り回しの良さ: 6.5~7/10

310gあり重いので、操作性は低め。

パワーのあるプレイヤー推奨です。

O3によってノーマルタイプよりは若干振り抜きやすい。

ストローク

柔らかなガットのたわみを感じつつ、重量を活かした軌道高めのヘビースピンボールを展開できる◎

高い所から急降下して良く弾むので、相手にとってはかなり打ちにくい打球になります。

スイートスポットが広くてミスヒットしにくい所も良いですね。

ソフトで高軌道スピンショットを打ちやすいラケット。

ラケット自体の重みによって球威が出る。

ただ、たわむ感触が強いかわりに硬さで強烈に弾き出す感じは薄いので、ボールスピードやフラットショットのバウンド後のノビはそれほどといった印象。

フラット系プレイヤーよりスピン系プレイヤー向けです。

【守備について】

反発力はあるし、スイートスポットも広いので、走らされた時のボールの処理はカンタン寄り。

ボレー

打感が柔らかく、飛びも良く、スイートスポットも広く、面の安定性が高く打ち負けにくい。

重ささえ気にしないならだいぶボレーしやすいと思います。

欠点ナシ。

サーブ

フラットサーブ⇒ストローク同様に硬さで弾く感じではないので、スピードはボチボチといった印象。(重量によって球威は出るけど)

スライスサーブ&スピンサーブ⇒かなり曲がるしハネる。

明らかに回転系サーブの方が得意だと思います。

回転がかかりやすい。

 

 

類似・競合ラケットの紹介

☑プリンス ツアー 100 305g 2022

2022バージョン。

スピン性能や反発力の良さはそのままに、2020版より5g軽くなって操作性が良くなった他、打感が少し硬くなってO3っぽくなく、通常のラケットと同じような打ち心地となっています。

O3特有のたわみやすさが好きな方には微妙かもだけど、逆に「O3は打感がぼやける感じがして苦手でいつも敬遠してしまう」という方には違和感が少ない打ち心地。

プリンス ツアー 100 O3 305g 2022 2023 インプレ 評価 レビュー 振り抜き&スピン
「プリンス ツアー 100 O3 305g 2022 2023(PRINCE TOUR 100 O3 305g 2022 2023)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑プリンス ツアー 100 310g 2022

O3じゃない通常版の100インチ/310gの2022モデル。

O3より飛びとスピン量が少し抑えめな代わりに、ボールコントロール性能が高いです。

O3のパワー&スピンを少しコントロール性能に分けたバージョン。

プリンス ツアー 100 310g 2022 2023 インプレ 評価 感想レビュー
「プリンス ツアー 100 310g 2022 2023(PRINCE TOUR 100 310g 2022 2023)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑プリンス ツアー 100 O3 290g 2022

20g軽いバージョン(2022モデル)。

310gほどの球威は出ない代わりに軽くて操作性が高く、スイングしやすいです。

軽くて振りやすい。

プリンス ツアー 100 O3 290g 2022 2023 インプレ 評価 レビュー
「プリンス ツアー 100 O3 290g 2022 2023(PRINCE TOUR 100 O3 290g 2022 2023)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

プリンス ツアー 100 O3 310g 2020はこんな人におすすめ

  • 柔らかい打感が好きな人
  • ボールを楽に飛ばしたい人
  • ガンガンに回転をかけたい人
  • 球威を求める人

こんな人には向いてない

  • ボールの飛びを抑えたい人
  • フラット系プレイヤー
  • ボールスピード重視の人
  • 軽いラケットを使いたい人

まとめ:柔らかく良く飛ぶスピン系ラケット

本記事では「プリンス ツアー 100 O3 310g 2020」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

ソフトな打感、やや強めの反発力、強力な回転性能が特徴のラケット!

柔らかくてボールが良く飛び、重さによって球威が出しやすい回転系ラケットが使いたい方には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したテニス用品一覧

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました