Yonex Vcore 100L 2021 インプレ 評価 レビュー 軽量スピン

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー、テニスタイガーです(‘ω’)ノ

今回は「Yonex Vcore 100L 2021」(ヨネックス ブイコア 100L 2021)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

本記事の内容

  1. スペック、使っているプロの紹介
  2. 使われているテクノロジーをサクッと解説
  3. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー
  4. 類似・競合ラケットの紹介

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「ボールが楽に飛び、バツグンに回転をかけやすい軽量のスピン特化型ラケット」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

Yonex Vcore 100L 2021のスペック

Yonex Vcore 100L 2021

フェイスサイズ100平方インチ
重さ280g
バランスポイント330㎜
フレーム厚24-25-22㎜
ストリングパターン16×19

フェイスサイズは標準的な100インチですが、重さは軽めの280g。

軽くて振りやすいので、女性やジュニア、操作性を重視する男性に向けて設計されているタイプですね。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

Yonex Vcoreシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

※プロテニス選手は独自にラケットをカスタマイズしているので、市販品とスペックが違うことがあります。

☑アンゲリク・ケルバー(世界ランク最高1位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Angelique Kerber(@angie.kerber)がシェアした投稿

☑日比野菜緒(世界ランク最高56位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nao Hibino(@naohibino_1128)がシェアした投稿

テクノロジー/予備知識

 

アイソメトリックフェイスの形を四角っぽくすることでスイートスポットを従来のものより約7%広げるヨネックス独自の技術。
VDMメッシュ状の特殊な振動吸収材。グリップ部に内蔵されていることにより、衝撃値を11%削減することに成功。
2G-Namd Flex Force強靭なしなりと急激な復元力を生む新素材。エネルギーロスを軽減し変形からの復元力が飛躍的に向上。
String Sync Grommetsガットの可動域を広め、スピン量を増幅させるグロメット。

Yonex Vcore 100L 2021のデザイン

レッドを基調とつつ、ライトブルーがシャフト部分とバンパー部に入ったデザイン。

フェイスは割と丸っこいです。

フレーム厚24-25-22㎜なので、割とシャフト部はスッキリした印象。

Yonex Vcore 100L 2021のインプレ・評価・感想レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、感想を書いていきます。

打感の柔らかさ: 7.5/10

やや柔らかめな印象。

ボールの重みをあまり感じないあっさり軽めの打球感です。

球離れは早く、パパン!と弾いてくれる。

ボールの飛びの良さ: 9/10

反発性能は非常に高く、軌道高めの打球が軽快に飛ぶ。

フラット系で打つとアウトしやすいので、きちんとスピンをかけていくスイングで打つことが基本になると思います。

軽いからスイングスピードが上がりやすく、結果的にだいぶ飛ぶ。

スピンのかけやすさ: 9/10

スピン性能は超高め。

ガンガンに回転がかかるので、急降下して高く跳ねるグリグリスピンが打ちやすいです。

スピン特化型ラケットというコンセプトにふさわしい回転量。

【スライスに関して】

スライスもバッチリ回転がかかり、バウンド後の変化が大きめ。

軌道はやや上がりやすいです。

コントロール性能: 6/10

反発性能が高いスピン特化型でなおかつ球離れも少し早いので、細かくコースを狙って打ち込むのは苦手なタイプ。

精巧なボールコントロールでコートの隅を突くよりも、抜群の回転量で相手を翻弄する使い方が向いています。

操作性&取り回しの良さ: 8.5~9/10

軽くて快適な操作性。

疲れにくいです。

軽い。

ストローク

超回転のかかったグリグリスピンを楽に展開できる。

打球の軌道が上がりやすいこともあって、バウンドしたボールはとても高くハネます。

相手にミスを沢山させられるエグイ高軌道グリグリスピン。

強めのボールの飛びを強烈なスピンでコート内に抑え込むイメージ。

軽いラケットでグリグリスピンをラクに飛ばしたい方にイチオシです。

【欠点】

フラット系で押し込んで打つとだいぶアウトしやすく、ボールコントロールも難しい。

攻撃する際はキッチリとスピンをかけるスイングを心掛ける必要があります。

あと軽量な分ショットの威力も出にくい。

剛速球を打ちたいフラット系プレイヤーには向いてないね。

【守備に関して】

当てるだけでも相手コートに返球できるカンタン系。

守備時には心強い味方になってくれます。

ボレー

ストローク同様にボールが楽に飛ぶカンタン系。

ただ、若干飛びすぎる時があるので、攻撃する際はボールを叩いてコート内に沈める意識で使うと良いと思います。

サーブ

フラットサーブ⇒目いっぱい打つとボールの収まりが良くなく、バウンド後のノビもボチボチ。

ただ、7~8割で打つとそこそこスピードが出て、きちんとサービスエリアに収まる。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒打球の変化が超大きめ。

スライスサーブはガッツリ曲がり、スピンサーブは高くハネやすい。

回転系サーブとの相性バツグン!

 

 

類似・競合ラケットの紹介

☑ヨネックス ブイコア100 2021

スピン性能の高さは100Lと同格ですが、20g重い分ショットの威力はこちらの方が上で相手の打球にも打ち負けにくい。

また、軽い100Lを使った時よりスイングスピードはゆっくりになるので、飛びも少し抑えめになると思います。

操作性の良い100Lと、威力を出しやすい100。

100は100Lより重さでボールを潰しやすく、球離れは少しゆっくりになる印象。

Yonex Vcore 100 2021 インプレ 評価 感想レビュー 柔らか超スピン
「Yonex Vcore 100 2021」(ヨネックス ブイコア100 2021)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ヨネックス イーゾーン 100L 2020

ヨネックスのパワー系「イーゾーン」の軽量版(285g)。

ブイコアにスピン性能は負けますが、それでも回転はしっかりかかり、打感が柔らかく、スイートスポット広めな扱いやすい人気ラケットです。

強烈なスピンよりも、打感の柔らかさや広いスイートスポットによるミスヒットのしにくさを重視するならこっちの方がおすすめ。

Yonex Ezone 100L 2020 インプレ 評価 レビュー 超使いやすい
「Yonex Ezone 100L 2020」(ヨネックス イーゾーン 100L 2020)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ヨネックス ブイコアプロ 100L 2021

ブイコアよりも飛びが抑えめで、振り切って打っても打球がアウトになりにくい軽量ラケット。

軽いラケットが良いけど、飛びすぎるのも使いにくいという方にピッタリな仕上がりです。

フラットドライブが打ちやすい。

ヨネックス ブイコアプロ 100L 2021 インプレ 評価 感想レビュー
「Yonex Vcore Pro 100L 2021」(ヨネックス ブイコアプロ 100L 2021)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

Yonex Vcore 100L 2021はこんな人におすすめ

  • 軽いラケットを使いたい女性&ジュニア・操作性を重視する男性
  • ボールを楽に飛ばしたい人
  • グリグリスピンを打ちたい人

こんな人には向いてない

  • 打球の威力を上げたい人
  • フラット系プレーヤー
  • ボールの飛びを抑えたいコントロール志向な人

まとめ:軌道高めなグリグリスピンを打ちやすい軽量ラケット

本記事では「Yonex Vcore 100L 2021」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

軽快に高軌道のグリグリスピンを展開できる軽量ラケット!

操作性の良さを感じつつ、楽に高軌道の超変化するグリグリスピンを打ちたい方には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

 

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました