【初心者向け】ヘッドの硬式テニスラケットの特徴を徹底比較して選び方を解説!

テニスラケットインプレ

 

ヘッドのテニスラケットってどういう特徴があるの?

選び方なども含めて詳しく知りたい!

今回は上記の疑問を持つ方へ向けて、ヘッドのテニスラケットのシリーズの特徴やそれぞれのラケットの選び方を解説していきます。

【初心者向け】ヘッドの硬式テニスラケットの特徴を徹底比較

ヘッドはウィルソンに次ぐ世界第2位のシェアを誇るオーストリア発のラケットメーカーであり、

全体的にややボールの飛びが抑えられていて、ショットのコントロール性能を重視したモデルが多い

といった特徴があります。

2021年現在、6シリーズが展開されている。

シリーズは全部で6種類

シリーズ名代表的な選手&特徴
プレステージチリッチ:フィーリング重視
グラビティズベレフ:コントロール特化
ラジカルマレー:オールラウンド、万能
スピードジョコビッチ:スピン&コントロール
インスティンクトシャラポワ:パワー特化
エクストリームベレッティーニ:スピン特化

ヘッドはシリーズごとに細かく強みが分かれているから、自分に合ったモデルをピンポイントで見つけやすい。

それぞれのシリーズについて詳しく見ていきましょう。

プレステージ:最高レベルのボールコントロール性能と打球感

 

この投稿をInstagramで見る

 

Marin Čilić(@marincilic)がシェアした投稿

☑Head Prestigeシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑このシリーズが向いている人

  • パワフルな上級者
  • コントロール志向な人
  • フラット系のショットが主な人

プレステージはヘッドのテニスラケットの中で最も使用難易度の高い競技者向けのシリーズです。

ヘッド・プレステージの主な特徴

  • ボールコントロール性能が最強
  • 手に伝わる情報量が多い
  • 打ちごたえのある打感
  • 回転があまりかからず、フラット系のショットが主体になる
  • 重量がある
  • イメージカラー:レッド

古き良きクラシカルさが持ち味の薄ラケ

ヘッドの中でも最もクラシカルで伝統のあり、古くからのファンが最も多いシリーズ。(1987年誕生)

フレームの厚さは20㎜~21㎜と非常に薄くパワーアシストは控えめですが、コントロール性能は素晴らしく、手に伝わる情報量が多いのでフィーリングを大事にする人には最適です。

ボールが飛びにくいから使いこなすのは大変だけど、スイートスポットで捉えた時の打球感は至高。

プレステージシリーズの中で最も人気なモデルはフェイスサイズ93インチの「MID」と98インチの「MP」。

振り切りの良さを重視するならMIDが一番ですが、93インチはさすがに小さすぎるという方はMPが良いと思います。

MIDはマリン・チリッチ使用モデル、MPはジル・シモン使用モデル!

最高レベルのコントロール性能を実感できる2本!

★MID

★MP

グラビティ:ズベレフが使用する100インチのコントロール系ラケット

☑Head Gravityシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑このシリーズが向いている人

  • コントロール志向な中上級者~上級者
  • フラットドライブ系のショットが主な人
  • しなり感が好きな人

グラビティはヘッドがズベレフの要望を叶える形で開発し、2019年に完成したヘッドの中では最も若いシリーズです。

ヘッド・グラビティの主な特徴

  • プレステージに次ぐ高いボールコントロール性能
  • コントロール系ラケットの中ではやや大きめな100インチのフェイスサイズ
  • フラットドライブ系のショットが打ちやすい
  • しなり感が強い

しなる100インチ系ラケット

フェイスがやや大きいのでプレステージよりはボールが飛び、回転もかかり、なおかつフレームがしなりやすいコントロール系シリーズという感じですね。

また、スイートスポットの位置が従来のラケットと比べて僅かに上部に設定されており、よりフェイスの先の方でボールを捉えてヒッティングする現代テニスに合った調整がなされています。

表裏でペイントカラーが異なるのもグラビティの特徴。

2021年からはルブレフも使用を公表しているし、ますます使用者が増えそう!

グラビティシリーズの売れ線は「TOUR」と「MP」。

TOURは打ちごたえのある打感と高いコントロール性が魅力の攻撃型ラケットで、MPはややボールが飛びやすく回転もかけやすいモデルとなっています。

★TOUR

★MP

 

ラジカル:ヘッドの中で最もオールラウンドなバランス型

Head Radicalシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑このシリーズが向いている人

  • パワーとコントロールのバランスを重視する中級~中上級者
  • フラット~フラットドライブ系のショットが主な人

ラジカルはプレステージ同様に30年近い歴史のあるヘッドの看板シリーズで、アガシやマレーが愛用していることで有名です。(1993年誕生)

ヘッド・ラジカルの主な特徴

  • ボールを飛ばすパワーとショットのコントロール性能のバランスが良い
  • やや打ちごたえのある打感
  • フラット~フラットドライブ系のショットが打ちやすい
  • イメージカラー:オレンジ

中堅プレーヤー向けのクセのない使用感

ボールが飛びすぎず飛ばなすぎずのちょうどいい反発力と、どのショットもそつなく打ちやすいクセのなさがなによりの魅力。

コントロールもパワーも両方欲しいという中堅プレーヤーに最も合ったラケットだと言えます。

ヘッドのラケット使用率はラジカルとこの後紹介するスピードが最も高い!

ラジカルシリーズの人気機種は「MP」であり、2021年現在シュワルツマンやテイラー・フリッツなどが使用中。

2019年モデルは取り回しの良さとコントロール&パワーのバランスが良い「THE・ラジカル」といったラケットで、最新作の2021年モデルは少しパワーを抑えコントロール性能を高めた印象です。

★2021モデル

★2019モデル

 

スピード:ジョコビッチが使用するヘッドの定番

Head Speedシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑このシリーズが向いている人

  • スピンとコントロールのバランスを重視する中級~中上級者
  • フラットドライブ系のショットが主な人

スピードはジョコビッチとヘッドが契約した際に生まれた、ラジカルと並ぶ定番シリーズです。(2009年誕生)

ヘッド・スピードの主な特徴

  • 高めのスピン性能とコントロール性能
  • 柔らかめな打感
  • 回転量多めのフラットドライブ系のショットが打ちやすい
  • イメージカラー:ホワイト

打感が柔らかく、適度なパワー&スピンアシストがある

以前までのスピードは打感が硬くボールが飛びにくいいわゆる競技者向けのラケットでしたが、徐々に使いやすいようシフトしていき、最新の2020年モデルはかなり一般向けになりました。

強めのスピン性能、柔らかな打感、やや強めのパワーアシストが主な性能なので、比較的ラクに質の良いスピン系ショットが打ちたい方には特におすすめのシリーズです。

スピードMP2020は数あるラケットの中でも筆者が最も使いやすいと感じたモデルの一つ。

人気なのはジョコビッチ使用モデルの「PRO」とヤニック・シナー使用モデルの「MP」。

MPはボールが良く飛び回転も多めにかかるラケットで、PROはMPよりも少しパワーを抑えてコントロール性能を上げた印象です。

MP⇒中級者向け

PRO⇒中上級者向け

★MP

★PRO

 

インスティンクト:パワフルショットが打ちやすい

Head Instinctシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

シャラポワ、ベルディヒなど

☑このシリーズが向いている人

  • ボールの飛ばしやすさを重視する初中級~中級者
  • フラットドライブ系のショットが主な人

インスティンクトは大人気テニスラケットの「バボラ ピュアドライブ」に対抗すべく開発されたヘッドのパワー系ラケットです。(2005年付近に誕生)

もう引退しちゃったけど、シャラポワやベルディヒが愛用していた。

ヘッド・インスティンクトの主な特徴

  • 強めのパワーアシスト
  • 球離れが早め
  • フラット系のショットが打ちやすい
  • イメージカラー:ブルー

ぶっ飛びすぎないパワー系

パワー担当シリーズというだけあってボールはラクに飛んでくれますが、他社のパワー系ラケットと比べると打球が低軌道になりやすい点が大きな特徴。

あまりパワフルでなくともラケット自体から発射されるパワーによって打球に威力が乗るので、楽に低軌道のパワフルフラットショットを打ちたい方向けです。

元々力のある人が使うとアウトしやすいけど、無理せず強めの打球が打ちたい人や早いテンポでストローク展開したい人にはおすすめのシリーズ。

人気があるのは「MP」モデル。

フェイス100インチ/300g/バランス320㎜/フレーム厚最大26㎜のいわゆる黄金スペックです。

黄金スペックは幅広い層に最適化された使いやすいスペック。

★MP

 

エクストリーム:最強レベルのスピン性能

Head Extremeシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑このシリーズが向いている人

  • ボールに強烈な回転をかけたいプレーヤー

エクストリームはヘッドのスピン特化型シリーズで、打球に強烈な回転がかけやすい仕様となっています。(2007年誕生)

ガスケやベレッティーニなどグリグリスピンを打つ選手に大人気。

ヘッド・エクストリームの主な特徴

  • 強めのパワーアシスト
  • 柔らかめな打感
  • グリグリスピンが打ちやすい
  • イメージカラー:イエロー

打球がハネる、落ちる、曲がる!

ガットの目が粗く設計されている関係で引っ掛かり感が強く、ボールに強烈な回転をかけることが可能。

しっかり縦スイングで振り切って打つと打球がハネ、落ち、曲がります。

一般的なラケットでは体感できない位にボールが変化するから楽しい!

グリグリスピンを打って相手を翻弄したい方向けですね。

人気機種は「MP」と「TOUR」です。

MPはエクストリーム最大の持ち味である「強力なスピン性能」を感じられて、TOURはスピン性能を少しコントロール性能に振り分けたタイプです。

グリグリスピナーならMP、強めの回転がかかったショットをコントロールしたいならTOURがそれぞれおすすめ。

★MP

★TOUR

 

ヘッドのラケットの選び方まとめ

ヘッドのテニスラケットのシリーズの特徴を解説していきました。

選び方をおさらいすると以下のようになります。

プレステージコントロール、フィーリング重視のパワフルな上級者
グラビティコントロール、しなり重視の中上級~上級者
ラジカルクセのないオールラウンドさを重視する中級~中上級者
スピードスピンとコントロールを重視する中級~中上級者
インスティンクトパワー重視の初中級~中級者
エクストリームスピン重視のプレーヤー

冒頭でもお伝えした通り、ヘッドはシリーズによって細かく性能差が分かれているので、他社と比べてピンポイントで自分に合ったモデルを見つけやすいところが良いなと思います。

色々試打した感想などもまとめているので、もっとモデルごとの性能を詳しく知りたい方は覗いてみてください。

ヘッドのテニスラケットの感想・評価・インプレレビューまとめ

ではでは、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

 

タイトルとURLをコピーしました