プリンス ビースト 100 DB 300g 2021 2022 インプレ 評価 レビュー

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー・テニスタイガーです(^^)/

今回は「プリンス ビースト 100 DB 300g 2021 2022」(Prince Beast 100 DB 300g 2021 2022)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

本記事の内容

  1. スペック、使われているテクノロジーをサクッと解説
  2. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー
  3. 類似・競合ラケットの紹介

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年
  • ラケット試打数&購入数合計150本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「反発性能の高さとやや強めのホールド感が特徴的な初中級~中級者向けフラットドライブ系ラケット」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

スポンサーリンク

プリンス ビースト 100 DB 300g 2021 2022のスペック

プリンス ビースト 100 DB 300g 2021 2022

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚24-26-23㎜
ストリングパターン16×19

フェイスサイズ100平方インチ、重さ300g、バランスポイント320㎜、最大フレーム厚26㎜の黄金スペックモデル。

黄金スペックは幅広い層に最適化された使いやすいスペックで、非常に人気が高く、メーカー各社が特に力を入れている。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

テクノロジー/予備知識

テキストリーム×トワロン球持ち感、球速のアップ、振動吸収に役立つハイブリッド素材
ATSテキストリーム×トワロンをシャフト部、フレームの10時、2時に使用し、打球のコントロール性能をアップ
DBシステムストリングスの衝撃・振動減衰機能に役立つ高分子エラストマー

ダブルブリッジ形状のスロート部に搭載

PVS高分子エラストマーを搭載し、衝撃と不快な振動を減衰させる新機能
パラレルホールストリングがフレームの外側まで1直線になるようにグロメットホールを設定し、スイートスポットを拡大する設計

ダブルブリッジ(DB)があることにより、通常のラケットよりも中心部のストリングが動きやすくなり、ホールド感を感じやすい設計となっています。

 

関連記事>>ビースト2021/2022シリーズのラインナップやテクノロジー、詳細情報まとめ

プリンス ビースト 100 DB 300g 2021 2022のデザイン

フェイスは光沢のあるレッドカラー、シャフト部はブラックカラーのデザイン。

かっこいい!

プリンス ビースト 100 DB 300g 2021 2022のインプレ・評価・レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、レビューを書いていきます。

打感の柔らかさ: 7~7.5/10

標準~やや柔らかめくらいの印象。

特に柔らかくはないけど、硬さもそれほどといった感触。

弾きの強いラケットが多いパワー系の中ではホールド感(球持ち感)は少し強く、ボールとガットの接地時間はそこそこ長め。

メーカー説明で「乗りのDB」と謳っているだけあって、確かに通常版のビースト100 2021よりボールのちょっと乗る感じはありますね。

通常版のビースト100は弾きの良いパワー系ラケット。

ボールの飛びの良さ: 7.5~8/10

反発力は強く、ボールはラクに飛ぶ。

ガツガツ打てる上級パワーヒッターだと飛びすぎると思いますが、ラケットに飛びの良さを求める初中級~中級プレイヤーには使いやすいと思います。

良く飛ぶ。

【軌道について】

打球は低軌道の直球になりやすいです。

スピンのかけやすさ: 7~7.5/10

回転は自分からかけようと思えばそれなりにかかりますが、基本的にフラット~フラットドライブ辺りが最も打ちやすい。

【スライスについて】

スライスは低~中軌道の丁度良い飛距離のショットになりやすいです。

飛びすぎたり飛ばなすぎたりしにくい。

コントロール性能: 7.5~8/10

コントロール性能は標準~やや高めくらい。

ボールを飛ばすパワーがありつつ、ホールド感も感じられるので、そこそこ狙った所には打ちやすい印象です。

まあまあ。

操作性&取り回しの良さ: 8/10

標準的なスペック(100インチ/300g/バランスポイント320㎜)なので、違和感ナシ。

ストローク

ラクに低軌道のパワフルフラットドライブを打ち込める◎

球持ちの良さも感じる打ち心地なので、ある程度はボールコントロールもしやすいです。

パワー系特有の飛びの良さと、DBの持ち味であるホールド感を併せ持ったラケット。

ただ、”乗り”が良い分通常版のビースト100よりちょびっとだけ弾きの良さ/スピードが落ちる感じはありますね。(それでも十分球速は出るけど)

また、ホールド感があるといってもフレームが超しなるラケットのような半端ない球持ちの良さというほどではないので、その点は注意が必要です。

弾きと球持ちのバランスが良い。

ある程度ホールド感を感じられるパワー系を使いたいプレイヤーにおすすめのラケット。

【守備について】

反発力があるので、走らされた際のボールの処理はカンタン。

ボレー

適度にボールを飛ばし、球持ちも良いので割と使いやすい。

面の安定性が高くて打ち負けない感じがあります。

良い。

サーブ

フラットサーブ⇒非常にスピードが出やすく、それでいてサービスエリア内に収まりやすい。

パワフルなラケットはサーブでも飛びすぎることが多いですが、このビースト100 DBは割とフォルトしにくく、それでいて鋭い打球が打てると思います。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒回転のかかりはまあまあ良い。

しっかり曲がったりハネたりします。

フラットも回転系も使いやすかった。

 

 

類似・競合ラケットの紹介

☑プリンス ビースト 100 2021

DBが装備されていない通常版のビースト100。

DBより弾きが良くボールスピードを出しやすいので、ホールド感より弾き重視ならこちらの方がおすすめです。

シンプルに良く弾くパワー系。

飛びの強さやサーブ時の使用感はDBとほぼ同じ印象。

プリンス ビースト 100 300g 2021 2022 インプレ 評価 レビュー
「プリンス ビースト 100 300g 2021 2022」(Prince Beast 100 2021 2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑プリンス ビースト 100 O3 2021

大きなグロメットホールが備わったO3タイプ。

ボールスピードはあまり出ないですが、打感が超柔らかく、強力な回転性能を持つラケットです。

柔らかさとスピン性能重視なら間違いなくO3の方がおすすめ。

プリンス ビースト 100 O3 300g 2021 2022 インプレ 評価 レビュー
「プリンス ビースト 100 O3 300g 2021 2022」(Prince Beast 100 O3 300g 2021 2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ビースト 100、DB、O3、ビーストマックスの4本は以下の記事で徹底比較しているので、気になる方はご覧ください↓

プリンス ビースト 100/DB/O3/マックスの違いを比較 2021 2022版
プリンス ビースト 100 DB O3 ビーストマックス 2021 2022の4本を徹底比較していきます。違いを知りたい方はご覧ください。

プリンス ビースト 100 DB 300g 2021 2022はこんな人におすすめ

  • 楽にボールを飛ばしたい人
  • ある程度ホールド感のあるパワー系ラケットを使いたい人
  • フラットドライブ系プレイヤー

こんな人には向いてない

  • ボールの飛びを抑えたい人
  • ガンガンに回転をかけたい人

まとめ:パワー系の中では球持ちの良さを感じられるラケット

本記事では「プリンス ビースト 100 DB 300g 2021 2022」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

強めのボールの飛びと球持ちの良さが特徴のパワー系!

パワフルなフラットドライブの打ちやすさとホールド感の両方を求める初中級~中級者の方には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したテニス用品一覧

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました