ヘッド エクストリーム MP 2018 インプレ 評価 感想レビュー【爆裂スピン】

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー、テニスタイガーです(‘ω’)ノ

今回はヘッド社のスピン特化型ラケット「Head Graphene 360 Extreme MP 2018」(ヘッド グラフィン 360 エクストリーム MP 2018)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

本記事の内容

  1. スペック、使っているプロの紹介
  2. 使われているテクノロジーをサクッと解説
  3. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「球離れが良くて超回転のかかるスピン特化型ラケット」

です。

(※エクストリームシリーズは2020年に新作が発売されましたので、最新モデルの情報を知りたい方はコチラの記事をご覧ください⇒エクストリーム MP 2020 インプレレビュー

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

スポンサーリンク

ヘッド エクストリーム MP 2018のスペック

Head Graphene 360 Extreme MP 2018

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント325㎜
フレーム厚23㎜-26㎜-21㎜
ストリングパターン16×19

フェイスサイズと重さは標準的な100インチ/300gですが、バランスポイント(重心)が5㎜程ラケットのトップ寄りのトップヘビー系ラケットです。

トップヘビー系のラケットは遠心力を利かせやすいからサーブやストロークの時にパワーを引き出しやすい。

<適正表>

上級者中級者初心者
男性
女性

ヘッド エクストリームシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

※プロテニス選手は独自にラケットをカスタマイズしているので、市販品とスペックが違うことがあります。

☑リシャール・ガスケ

☑マッテオ・ベレッティーニ

テクノロジー/予備知識

グラフィン 360シャフト部とフレームにダイヤモンドよりも硬いカーボン素材「グラフィン」を使用し、フレームの安定性とエネルギーの伝達精度を向上。
ユニーク・スピン・グロメット中央部の4本の縦糸のガットを動きやすくし、スピン量を増大

ヘッド エクストリーム MP 2018のデザイン

遠くからでも一発でわかるような明るめの蛍光イエロー。

フレーム厚26㎜なので、結構ガッシリした見た目です。

ヘッド エクストリーム MP 2018のインプレ・評価・感想レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、感想を書いていきます。(ガットは「ヘッド ソニックプロエッジ」を使用しました。)

打感の柔らかさ: 7/10

硬すぎず柔らかすぎずな印象。

球離れは少し早めに感じました。

ハードヒットしたりミスヒットしてもそんなに腕にキツイ衝撃は来ない。

ボールの飛びの良さ: 8/10

反発性能は強めで、ボールは比較的飛びやすい部類。

フラットで押し込んで打つとアウトしやすいので、縦スイングで回転をかけていく使い方が合っていると思います。

ボールは飛ぶけど、回転も自然にかかりやすいからアウトは意外と少ない。

スピンのかけやすさ: 9/10

スピン特化型ラケットと呼ぶにふさわしい強烈な回転量を誇る◎

めちゃ跳ねるし曲がります。

【スライスに関して】

スピン同様にかなり回転がかかり、バウンド後の変化が大きめです。

軌道はちょっと浮きやすい。

コントロール性能: 6.5/10

スピン特化型で飛びが強く、球離れもちょい早いので細かなボールコントロールは難しめ。

操作性&取り回しの良さ: 7.5/10

標準的より5㎜程バランスポイント(重心)がヘッド寄りのトップヘビー系ラケットなので、黄金スペックと比べて取り回しは若干しにくい感じです。

ストローク

回転をガンガンにかけて打球をハネさせたり急降下させるのが楽しい!!(^^)!

トップヘビー故にラケットの振り始めはちょっと大変ですが、一度振るとラケットヘッドが「ブン!」と回ってくれて激烈な回転がかけやすいです。

スピン特化が好き&トップヘビー系が好きならエクストリームシリーズは最適。

相手のバックハンドに打っていくと沢山ミスを引き出せます( ̄▽ ̄)

ただ、先述したようにボールの飛びは強いので、コート内に収めるにはしっかり縦スイングで振り切ることを意識する必要ありです。

軌道低めで打ち抜こうとするとスピンがかかりすぎてネットにかかりやすい点も注意。

基本的に中~高軌道のショットを打っていくラケットだよ。

【守備に関して】

パワーアシスト強めなので、走らされた際もかなり楽に返球可能です。

ボレー

面が大きくて打感も硬くないですが、若干飛びすぎる傾向があるかなと。

力が強い方はちゃんとボールを叩いてコートに沈める意識で使うと良いと思います。

ボレーを楽に飛ばしたい人やボレーが苦手な人には良いと思う。

サーブ

フラットサーブはラクに飛ぶし球速も出やすいですが、ストローク同様に少しコントロール性能は低めな印象。

一方でスライスサーブやスピンサーブは超変化します。

スライスサーブはビックリするくらい曲がるし、スピンサーブは高くハネる。

 

類似・競合ラケットの紹介

☑ヘッド エクストリーム MP 2020

2018モデルより少し打感が柔らかく、またホールド感を感じられるモデル。

打感が柔らかさとホールド感を重視するなら2020の方がおすすめです。

ヘッド グラフィン 360+ エクストリーム MP 2020 インプレ 評価 感想レビュー【スピンマシーン】
「ヘッド グラフィン360+ エクストリーム MP 2020(Head Graphene 360+ Extreme MP 2020)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑バボラ ピュアアエロ 2019

バボラのスピン特化&黄金スペックモデル。

エクストリーム2018より打感が硬く飛びが強めです。

ピュアアエロ 2019 インプレ 評価 感想レビュー【王道スピンラケット】
Babolat Pure Aero 2019(バボラ ピュアアエロ 2019)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

☑ヨネックス ブイコア100 2021

ヨネックスのスピン特化&黄金スペックモデル。

エクストリーム2018と同等のスピン量を誇り、打感が柔らかいです。

Yonex Vcore 100 2021 インプレ 評価 感想レビュー【柔らか超スピン】
「Yonex Vcore 100 2021」(ヨネックス ブイコア100 2021)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ヘッド エクストリーム MP 2018はこんな人におすすめ

  • グリグリスピンを打ちたい人
  • 楽にボールを飛ばしたい人
  • 回転系サーブが主な人

こんな人には向いてない

  • コントロール志向な人
  • フラット系ストローカー

まとめ:グリグリスピナー向けの超回転系ラケット

本記事では「Head Graphene 360 Extreme MP 2018」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

回転のかけやすさとトップヘビーな点が特徴的なラケット。

ボールにガンガン回転をかけてストローク戦を制したい方には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました