ダンロップ CX400 ツアー 2021 インプレ 評価 感想レビュー 神ラケ

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー・テニスタイガーです(^^)/

今回はダンロップ屈指の人気モデル「ダンロップ CX 400 ツアー 2021」(Dunlop CX400 Tour 2021)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

本記事の内容

  1. スペック、使っているプロの紹介
  2. 使われているテクノロジーをサクッと解説
  3. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー
  4. 類似・競合ラケットの紹介
  5. 合いそうなおすすめのガット(ストリング)を紹介

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年
  • ラケット試打数&購入数合計100本以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「柔らかな打感、適度なボールの飛び、高いボールコントロール性能が特徴的な中級~中上級者向けフラットドライブ系ラケット」

です。

ソフトな打ち心地とちょうどいい飛び感&高いボールコントロール性能が素晴らしい!

神ラケ!

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

スポンサーリンク

ダンロップ CX400 ツアー 2021のスペック

ダンロップ CX 400 ツアー 2021

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚23㎜
ストリングパターン16×19
RA値67

100インチ/300g/バランス320㎜の黄金スペック系ラケット。

黄金スペックは万人に最も扱いやすい仕様で人気があり、メーカー各社が特に力を入れている。

フレーム厚に関しては26㎜が主流の黄金スペックの中では少し薄めの23㎜です。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

ダンロップ CXシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

※プロテニス選手は独自にラケットをカスタマイズしているので、市販品とスペックが違うことがあります。

☑土居美咲

 

この投稿をInstagramで見る

 

misaki.doi(@misaki.doi)がシェアした投稿

☑ジェイミー・マレー

テクノロジー/予備知識

Powergrid Stringtechフェイス先端部のマス目を拡大し、中央部のマス目を密集させ、スイートエリアを拡大
Sonic Core高い反発性を発揮する素材をフェイスの2時/10時に用い、フレームの反発性と振動吸収性を高めた
Flex Boosterフレームの剛性を落とし、しなりやホールド感を高めた

ダンロップ CX400 ツアー 2021のデザイン

光沢のあるレッドカラーが印象的な超カッコいいデザイン\(^_^)/

フレーム厚23㎜なので、少しスッキリほっそりした見た目です。

ダンロップ CX400 ツアー 2021のインプレ・評価・レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、レビューを書いていきます。

打感の柔らかさ: 8/10

かなり柔らかめな印象。

ガットのたわみ感がわかりやすく、硬さや振動などは少なめな心地よい打球感です。

ソフト系。

ガットがボールを掴むホールド感(球持ち感)も十分感じられるタイプです。

ボールの飛びの良さ: 7.5/10

反発性能はやや強く、適度にボールは飛んでくれる。

CXシリーズはボールの飛びが抑えられたコントロール系シリーズですが、CX400ツアーは一般的な筋力のプレイヤーなら全然ボールが飛ばないといったシビアさは感じにくいと思います。

絶妙な反発性能。

【軌道について】

軌道はそこまで上がらず、低軌道~中軌道辺りになりやすい印象です。

スピンのかけやすさ: 7~7.5/10

回転性能は標準的。

極々自然な回転量のフラットドライブが打ちやすいです。

【スライスについて】

スライスは低軌道~中軌道でスーッと伸びていき、それがしっかりコート内に収まるイメージ。

コントロール性能: 8~8.5/10

飛びすぎず飛ばなすぎずの丁度良い飛び&球持ちの良さにより、非常にボールコントロールしやすい◎

100インチ/300gのラケットの中ではかなりコントロール性能高めな部類だと思います。

操作性&取り回しの良さ: 8/10

標準的な重さ、面の大きさなので、違和感ナシ。

ストローク

柔らかい打感と心地よいホールド感を味わいつつ、しっかりフラットドライブをコントロールして狙った所に打ち込める◎

意図せぬアウトが起きにくく、コース調整がしやすいので安心してスイングできます。

柔らかい打ち心地でボールコントロールしやすく、飛びすぎず飛ばなすぎずの丁度良い飛びで言う事なし。

攻める時はしっかりボールがコートに収まり、守る時もきちんと相手コートに打球を返しやすいスーパーバランス型です。

強いて言うなら、

  • ガンガンにスピンをかけたいスピナー
  • 硬い打感が好きな人
  • マッチョな人
  • 超ラクにボールを飛ばしたい初級者

にはそんなに向いていないかなと。

逆に言うと、上記4パターンに当てはまらず300gのラケットを無理なく振れるなら試してみて欲しいラケットの筆頭です(^^)/

【守備について】

比較的ボールは飛んでくれるので、走らされた際のボールの処理はややカンタン寄り。

めっちゃ楽というわけではないですが、飛ばないなー難しいなーとは感じにくいと思います。

ボレー

ストローク同様に打感柔らかめで適度にボールが飛び、ボールコントロールしやすい。

アウトする心配もほぼなく、それでいてボールが浅くなりやすいといった欠点もそれほど感じませんでした。

反発力の強いパワー系ラケットのように当てるだけで飛んでくれるようなラクさはないけど、普通にボレーしやすい。

サーブ

フラットサーブ⇒コースのコントロールをしやすく、打球の収まりも良い。

バウンド後のボールのノビはまあまあだと思います。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒割と回転はかかり、きちんと打球は変化してくれる。

フラットサーブも回転系もそつなくこなしてくれる。

ストローク、ボレー、サーブのどれもバランスが取れていて全体的に高性能な印象。

人気が高いのも良くわかる名器だと思います。

 

類似・競合ラケットの紹介

☑ダンロップ CX 200 2021

CX400ツアーより飛び控えめなコントロール系ラケット。(98インチ/305g)

ハードヒットしたい中上級~上級者にはCX200の方が向いていると思います。

ダンロップ CX200 2021 インプレ 評価 感想レビュー 土居美咲モデル
「Dunlop CX200 2021」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ヨネックス ブイコアプロ 100 2021

CX400ツアーとかなり近い使用感のスーパーバランス型のライバル機種。(100インチ/300g)

若干ブイコアプロの方がボールが飛び、フレームがしなる感触が強い打ち心地だと思います。

ヨネックス ブイコアプロ 100 2021 インプレ 評価 感想レビュー 神ラケ
「Yonex Vcore Pro 100 2021」(ヨネックス ブイコアプロ 100 2021)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ダンロップ FX500 2020

CX400ツアーより飛びが強めなパワー系ラケット。(100インチ/300g)

コントロール性能よりもボールを飛ばすパワーに寄ったラケットが欲しいならFX500の方がおすすめです。

Dunlop FX500 2020 インプレ 評価 レビュー 収まりの良いパワー系
「Dunlop FX500 2020」(ダンロップ FX 500 2020)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

 

飛びの強い順に並べると

FX500>ブイコアプロ100≧CX400ツアー>>CX200

な感じ。

ダンロップ CX400 ツアー 2021に合うおすすめのガット(ストリング)

☑ダンロップ エクスプロッシブツアー

ポリの中では打感がだいぶ柔らかめ、飛び強めな反発系ガット。

パワーとソフトさをアップさせたい方に向いていると思います。

>>エクスプロッシブツアー インプレ

☑ダンロップ エクスプロッシブバイト

ポリの中ではやや打感柔らかめ、ホールド感強め、飛び控えめなスピン系ガット。

飛びを抑えて回転量とコントロール性能を上げたい方におすすめです。

>>エクスプロッシブバイト インプレ

☑ダンロップ アイコニックオール

ナイロンの中ではまあまあ打感が柔らかめで、飛び&スピン量が適度な万能型ガット。

クセの少ないバランスの良いナイロンと組み合わせたい方向けです。

>>アイコニックオール インプレ

☑ダンロップ アイコニックタッチ

ナイロンの中ではだいぶ打感柔らかめ、飛び強め、スピン性能高めな高性能ガット。

ソフトでラクにボールを飛ばせるセッティングにしたい方におすすめです。

>>アイコニックタッチ インプレ

ダンロップ CX400 ツアー 2021はこんな人におすすめ

  • 柔らかい打感が好きな人
  • ボールの飛びとコントロール性能のバランスの良さを求める人
  • フラットドライブ系プレーヤー

こんな人には向いてない

  • 硬い打感が好きな人
  • ガンガンにスピンをかけたい人
  • 超パワフルな人

まとめ:適度な飛びと高いコントロール性能を持つソフト系

本記事では「ダンロップ CX 400 ツアー 2021」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

かなり柔らかい打感、飛びすぎず飛ばなすぎずの丁度良い飛び、高いコントロール性能が特徴のラケット!

ソフトな打ち心地とホールド感を感じつつ、適度にボールを飛ばしきっちりコントロールもしたい中級~中上級者には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したテニス用品一覧

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました