当サイトの記事内には広告が含まれています

ウィルソン プロスタッフ X V14.0 2023 インプレ 評価 感想レビュー 神ラケ

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年以上の週末プレーヤー・テニスタイガーです(^^)/

今回は「ウィルソン プロスタッフ X(エックス) V14.0 2023」(WILSON PRO STAFF X)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

 

本記事の内容

  1. スペック、使われているテクノロジーをサクッと解説
  2. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー
  3. 価格をチェック
  4. 類似・競合ラケットの紹介
  5. おすすめのガットの紹介

 

>>【プロスタッフ X V14.0】を楽天でチェック

☑筆者情報

  • テニス歴20年以上
  • ラケット試打数&購入数合計180本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「かなり柔らかくホールド感強めの打感、適度な飛び、ボールコントロールのしやすさ、ボレーのしやすさ、球威&ノビの出しやすさが特徴のラケット」

です。

打感の柔らかさ、コントロール性能の高さ、球威&ノビの良さが最高で個人的に神ラケ!

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

ウィルソン プロスタッフ X(エックス) V14.0 2023のスペック

ウィルソン プロスタッフ X V14.0 2023

フェイスサイズ100平方インチ
重さ315g
バランスポイント310㎜
フレーム厚21.5㎜
ストリングパターン16×19

フェイスサイズは標準的な100インチ、重量は重めの315gのスペック。

重さを活かした強打をしたいプレイヤー向けの設計です。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

テクノロジー/予備知識

パラダイムベンディングフープ部分からスロート部分にしなりを持たせ、クラシカルなプロスタッフのフィーリングを忠実に再現したテクノロジー
ブレイド45高いホールド感(ポケットフィーリング)やクリアな打球感を生み出すカーボンテクノロジー
カラーシフティングデザイン見る角度によって色の変化を楽しめるデザイン

「クラシカルなプロスタッフらしいフィーリング」をコンセプトに設計されています。

解説動画↓(ラフィノさん)

【Fukky'sインプレ】ウイルソン プロスタッフ生誕40周年『V14』全貌公開!!

 

テニスタイガー↓

ウィルソン プロスタッフ X V14.0 2023 打ってみたレビュー/インプレ!【WILSON PRO STAFF X V14.0 2023】

 

>>新作情報 ウィルソン プロスタッフ V14.0 ラインナップ テクノロジーまとめ

ウィルソン プロスタッフ X(エックス) V14.0 2023のデザイン

ブロンズ系の渋くてカッコいいデザインです。

良いね!

丸みを帯びたフレーム形状!

 

 

ウィルソン プロスタッフ X(エックス) V14.0 2023のインプレ・評価・レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、レビューを書いていきます。

打感の柔らかさ: 8~8.5/10

かなり柔らかい打感。

ガットのたわむソフトさを感じやすいです。

とても柔らかく気持ち良い打ち心地。

プロスタッフはクリーンヒットした時にスイートスポットがピンポイントでたわむ心地良い打感”ポケットフィーリング”が有名ですが、Xは100インチあるおかげでその範囲が広い。

割と面の広範囲でポケットフィーリングを感じやすいです。

丸みを帯びたフレーム形状でスイートスポット自体も広いと思う。

振動・衝撃少なめ。

【球離れについて】

ホールド感(球持ち感)はやや強い。

ボールとガットの接地時間が長めのタイプです。

ボールの飛びの良さ: 7.5/10

反発力は適度。

飛びすぎず飛ばなすぎずの丁度良いパワー感です。

兄弟機種のプロスタッフ97はかなり飛び控えめだけど、Xは比較的パワーがある。

楽にボールが飛ぶということはないですが、ある程度しっかりスイングできる中級以上の方なら飛ばなすぎてキツイとはならないと思います。

【軌道について】

打球は安定して低~中軌道辺りになりやすい印象です。

スピンのかけやすさ: 7.5~8/10

スピン性能は標準的。

自然に打つとフラットドライブ系のショットになると思います。

自分から回転をかけようとスイングすればそこそこスピン回転もかかる。

【スライスについて】

スライスはやや軌道高めのショットになりやすい印象です。

コントロール性能: 8.5/10

球持ちが良く適度な飛びで打球の軌道も抑えやすいので、ボールコントロールしやすい。

全然ボールが飛ばない超コントロール系ほどではないですが、プロスタッフシリーズらしい優れたコントロール性能だと思います。

狙った所に打ちやすく、意図せぬアウトもしにくい。

使いやすい。

操作性&取り回しの良さ: 6.5/10

重めの315gかつ100インチあるので、操作性はやや低め。

比較的パワーのあるプレイヤー推奨です。

ストローク

非常にソフトでホールド感強めの快適な打感で軌道低めのフラットドライブを安定してコントロールできる。

重さによって球威とバウンド後のノビが出しやすく、強力なショットが打ちやすいです。

ヘビーフラットドライブが打てるソフトな100インチ。

スイートスポット広いし、適度に飛んでくれるパワーもある。

ストローク相手の方も伸びと威力がかなり良いと言っていたので、しっかり打ち抜いた時にはバツグンの攻撃力があるラケットだと思います。

打っている側も打たれた側もわかるくらい威力が出る。

欠点はやはり重さですが、特に315gに抵抗がなく、柔らかく気持ち良い打感で適度にボールが飛ぶコントロール系を使いたいならイチオシです。

ずっと打っていたくなる良いラケット。

神ラケ。

【守備について】

走らされた際のボールの処理は、特に難しくも簡単でもなく、標準的な感じ。

超ラクではないですが、100インチかつ、ある程度パワーがあるので難しくはないと思います。

ボレー

ストローク同様に打感がだいぶ柔らかく、スイートスポットも広い。

ホールド感の強さによってボールがフェイスに乗る感じがあり、落としたいところにボールを運びやすく感じました。

スイートスポットが広いからか、ほぼミスしなかった。

重さがあって相手の打球に押されにくいのも良いところ。

サーブ

フラットサーブ⇒サービスエリア内に収まりやすく、バウンド後のノビも良い。

重さを活かした高威力のサーブを叩き込める感じがあります。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒回転系サーブの変化は良好。

しっかり曲がったりハネたりしやすいと思います。

フラットと回転系のどちらも◎

※予想以上にとても使いやすかった

打つ前は100インチといえどプロスタッフだし飛ばないだろうな~シビアだろうな~思っていましたが、実際神ラケに感じました。

伝統的なプロスタッフ97よりスイートスポットが格段に広く、ホールド感が強く、ボールが飛び、打感が柔らかい。

威力のあるフラットドライブをコントロールすることもできるので、先述した通り重さに抵抗がないならおすすめしたい1本です。

面が大きい分ガットのたわみによるホールド感が97より強い。

3インチ変わるだけでプロスタッフがここまで使いやすくなるとは思わなかった。

 

 

ウィルソン プロスタッフ X(エックス) V14.0 2023の価格

楽天のショップだとKPIやアルペンが税込み約27000円で販売中。(2023年11月20日時点)

両方とも10%オフクーポンを発行している&ポイントも1500円分ほど返ってくるので、実質的には税込み約23000円くらいになると思います。

アルペンはガットを同時購入すると無料で張り上げてくれる仕様。

ネットだと安い。

※価格やクーポンの有無状況は変動するし、ポイント還元率には個人差があるので、詳細は楽天の各ショップでご確認ください↓

【プロスタッフ X V14.0】を楽天でチェック

類似・競合ラケットの紹介

ライバルラケットを紹介していきます。

ウィルソン プロスタッフ 97 V14.0

97インチのバージョン。(97インチ/315g/バランス310㎜)

Xよりスイートスポットが小さく飛びも控えめですが、面が小さい分振り抜きが良く、ボールコントロール性能もトップクラスの人気ラケットです。

Xより球離れが早く、弾きの良い打ち心地。

適度なパワーより控えめなパワーが良いなら97の方がおすすめ。

ウィルソン プロスタッフ 97 V14.0 2023 インプレ 評価 レビュー
「ウィルソン プロスタッフ 97 V14.0 2023」(WILSON PRO STAFF 97 V14.0)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ウィルソン ブレード 98 16×19 V8.0

プロスタッフと並ぶウィルソンの定番のコントロール系ラケット。(98インチ/305g/バランス320㎜)

プロスタッフXより打感が硬くスイートスポットも狭いですが、305gかつ98インチ辺りのスペックのコントロール系が良いならブレード98の方が良いと思います。

プロスタッフ97同様に飛びがだいぶ控えめ。

ウィルソン ブレード 98 16×19 V8 2021 2022 インプレ 評価 感想レビュー
「Wilson Blade 98 16×19 V8.0 2021/2022」(ウィルソン ブレード 98 16×19 V8.0 2021/2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ウィルソン クラッシュ 100 V2.0

超柔らかい打感と良好な飛びが特徴の人気ラケット。(100インチ/295g/バランス310㎜)

コントロール性能や球威&ノビはプロスタッフXに負けますが、とにかく柔らかくもっちりとした打感を求めるならクラッシュの方がおすすめです。

他社含めてもトップクラスにソフトな打感。

軽くて操作性が良い所もポイント。

ウィルソン クラッシュ 100 V2.0 2022 インプレ 評価 感想レビュー 超ソフト
「ウィルソン クラッシュ 100 V2.0 2022」(Wilson Clash 100 V2.0 2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

関連ランキング・まとめ記事

新作情報 ウィルソン プロスタッフ V14.0 ラインナップ テクノロジーまとめ

2023年発売のテニスラケットまとめ

上級者向けラケットランキングTOP10

フラット系ラケットランキングTOP10

ウィルソン プロスタッフ X(エックス) V14.0 2023に合うおすすめのガットの紹介

おすすめのガットを紹介していきます。

解説動画はコチラ↓

ウィルソン プロスタッフ X V14.0 2023におすすめのガット4選!【WILSON PRO STAFF X V14.0 2023】

 

ルキシロン アルパワー 125

ポリの中では柔らかめの打感、強めのボールの飛び、球速とバウンド後のノビの出しやすさが特徴的な大人気ストリング。

トッププロの使用率もかなり高い逸品です。

ボールスピードやノビをアップしたい方におすすめです。

高速ショットが打てる人気ポリ。

 

 

>>ルキシロン アルパワーのインプレ・評価・感想レビュー

ルキシロン エレメント 125

ポリの中では柔らかめの打感、適度な飛び感、テンション維持性能の高さが特徴のストリング。

ポリにしては非常に柔らかく軽い打感なので、優しい打ち心地のポリを張りたい方向きです。

ルキシロンの定番ソフト系。

 

 

>>ルキシロン エレメントのインプレ・評価・感想レビュー

ウィルソン NXT 130

ナイロンの中ではかなり柔らかい打感と、飛びすぎず飛ばなすぎずの適度な飛び感が特徴的なストリング。

クセが少なくどのテニスラケットにも馴染みやすいと思うので、スタンダードなソフト系ナイロンを張ってラケットの性能を確かめたいという方に合うと思います。

ウィルソンの主力ナイロン。

 

 

>>ウィルソン NXT インプレ 評価 レビュー

テクニファイバー エックスワンバイフェイズ 130

ナイロンの中では結構柔らかめの打感、強めの飛び、軌道低めのバウンド後に良く伸びるスピードボールの打ちやすさが特徴の大人気ストリング。

球威&球速&ノビを強化できるナイロンを使いたい方におすすめです。

ナイロン界屈指の人気!

 

 

>>エックスワンバイフェイズのインプレ・評価・感想レビュー

おすすめガットランキングまとめ

1発1発の球威&球速をさらに上げたいなら、ボールスピード特化ガットランキングがおすすめ。

>>ボールスピード特化ポリランキング10

>>ボールスピード特化ナイロンランキング7

楽にボールを飛ばせるセッティングにしたいなら高反発ガットランキングも良いと思います。

>>ボールが飛びやすい高反発系ポリランキング8

>>ボールが飛びやすい高反発系ナイロンランキング10

ウィルソン プロスタッフ X V14.0 2023はこんな人におすすめ

  • 柔らかく球持ちの良い打感が好きな人
  • 適度な飛び感を求める人
  • ボールコントロールのしやすさ重視の人
  • 球威&バウンド後のノビ重視の人

こんな人には向いてない

  • 軽いラケットを使いたい人
  • ボールを超ラクに飛ばしたい人

まとめ:ソフトでホールド感が強く威力のある球をコントロールしやすい

本記事では「ウィルソン プロスタッフ X V14.0 2023」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

柔らかく球持ちの良い打感、適度な飛び、ボールコントロールのしやすさ、球威&ノビが特徴のラケット!

ソフトな打感で丁度良い飛び感かつ、威力のある打球をコントロールしたい方には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したテニス用品一覧

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました