ダンロップ CX200 OS 2021 インプレ 評価 感想レビュー【しなりよく飛び柔らかい】

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー、テニスタイガーです(‘ω’)ノ

今回は「Dunlop CX200 OS 2021」のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

本記事の内容

  1. スペック、使っているプロの紹介
  2. 使われているテクノロジーをサクッと解説
  3. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー
  4. 類似・競合ラケットの紹介

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「打感が柔らかくボールが良く飛び、回転もかけやすい初中級~中級者向けラケット」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

スポンサーリンク

ダンロップ CX200 OS 2021のスペック

Dunlop CX200 OS 2021

フェイスサイズ105平方インチ
重さ295g
バランスポイント325㎜
フレーム厚21.5㎜
フレックスRA 62
ストリングパターン16×19

標準より面が5インチ大きく、少し軽いスペック。

いわゆるデカラケですが、フレーム厚は21.5㎜と非常に薄く、またラケットの柔らかさを指すRA値は62と低めでしなりやすい設計です。

通常のデカラケはフレームが26㎜以上あるから、それらと比較するとだいぶボールを飛ばすパワーを抑えられてそうな感じ。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

ダンロップ CXシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

※プロテニス選手は独自にラケットをカスタマイズしているので、市販品とスペックが違うことがあります。

☑土居美咲

 

この投稿をInstagramで見る

 

misaki.doi(@misaki.doi)がシェアした投稿

☑ジェイミー・マレー

テクノロジー/予備知識

Powergrid Stringtechフェイス先端部のマス目を拡大し、中央部のマス目を密集させ、スイートエリアを拡大
Sonic Core高い反発性を発揮する素材をフェイスの2時/10時に用い、フレームの反発性と振動吸収性を高めた
Flex Boosterフレームの剛性を落とし、しなりやホールド感を高めた

ダンロップ CX200 OS 2021デザイン

光沢のあるレッドカラーが映える逸品。

フェイスは105インチありますが、フレームが薄いからなのか、思ったほどは大きくは感じなかった印象です。

デザインかっこよすぎるな~。

シャフト部もスッキリほっそりしています。

ダンロップ CX200 OS 2021のインプレ・評価・感想レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、感想を書いていきます。

打感の柔らかさ: 8.5/10

かなり柔らかめな印象。

フレームのしなり感とガットのたわみ感が強く、ボールの重みはそれほど感じない軽めの打球感です。

体への衝撃が少なめ。

しなり感が気持ち良くてガットがボールを掴むホールド感も強い。

ボールの飛びの良さ: 8/10

反発性能は結構強く、ボールが楽に飛んでくれます。(軌道は中軌道がなりやすい)

「他のデカラケと比べるとパワーは明らかに抑えられているけど、一般的なラケットの中ではまあまあ飛ぶ方」と捉えておけば間違いないですね。

面が大きいからガットがたわみやすく、打感の柔らかさとボールの飛びの良さをダイレクトに感じられる仕上がり。

普通はしなるタイプのラケットはボールが飛びにくくなりますが、この点も面の大きさがカバーしてくれてます。

スピンのかけやすさ: 8/10

スピン回転も非常によくかかります。

ボールが面の上で転がる時間が長く、バッチリ回転がかかった状態で打ち出せる感覚がわかりやすいですね。

打球がグンと落ちハネる。

【スライスに関して】

スライスもスピン同様に強めに回転がかかり、それでいて浮かずにスーっと伸びていく良さを感じました。

コントロール性能: 7.5/10

ボールが飛びやすいので、細かくコースを狙ってコントロールするのはそんなに利かないかなと。

とはいえ、フレームがしなるので手元で飛びの調整がしやすく、回転もちゃんとかかるので意図せぬアウトはあまりないタイプだと思います。

操作性&取り回しの良さ: 8/10

フェイスは105インチと大きめですが、フレーム厚が薄くて空気抵抗が少なめ&軽めの295gゆえに比較的取り回しやすい。

標準的なラケット(300g、100インチ)と大差ないと思います。

面の大きなモデルは取り回しにくいものが多いけど、これは全く違和感なく使えた。

ストローク

柔らかな打感とボールの飛びの良さを感じつつ、楽にスピンショットを展開できる\(^_^)/

しなり感も心地よくてボールが暴発する感じもないですし、使いやすいと感じる層は広めだと思います。

面が大きいからスイートスポットも広い!

多少芯を外してもちゃんと飛ぶし硬さも感じにくい仕上がり。

ちなみに175cm/60キロであまりパワフルではない私にとっては、フラットで叩いても良い感じに収まるし、スピンをキッチリかければボールが高くハネるし、非常にお気に入りな一本です(^^)

パワフルな人だとボールが飛びすぎるだろうから、その点だけ注意。

【守備に関して】

反発性能が高く打感も柔らかいので、走らされた際のボールの処理はカンタン。

守備型プレーヤーに相性が良いと思います。

ボレー

面が大きく、打感が柔らかく、それでいて飛びすぎないのでボレーが超やりやすい。

頻繁にネットに出るボレーヤーやダブルスプレーヤーにも馴染むはずです。

ボレー最高ー!

サーブ

フラットサーブ⇒ラクに打ってもスピードが出しやすく収まりも良い。

フルスイングすると若干飛びすぎる感はありますが、8割位で打っていく分にはキッチリ収まるしバウンド後のノビも意外と良くて嫌な所は感じませんでしたね。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒ストローク同様にボールが面の上で転がっている感触が強く、バッチリ回転がかけられ、バウンドの変化も大きめです。

8割位の力で楽に打っていくフラットと、ガッツリ変化する回転系サーブを組み合わせて使っていくのがおすすめ。

 

類似・競合ラケットの紹介

☑ダンロップ CX200 2021

CXシリーズの主力モデル。

OSよりやや打感硬めでボールの飛びとスピン量も控えめですが、高いボールコントロール性能を持つラケットです。

ガッツリ打っていくならCX200の方が向いている。

ダンロップ CX200 2021 インプレ 評価 感想レビュー【土居美咲モデル】
「Dunlop CX200 2021」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ヨネックス イーゾーン 100 2020

ヨネックスの超人気パワー系ラケット。

100インチですがOS同様にスイートスポットが広くて打感が柔らかいので、しなり感やフェイスの大きさをあまり重視しないなら選択肢に入ってきますね。

Yonex Ezone 100 2020 インプレ 評価 感想レビュー【広大なスイートスポット】
「Yonex Ezone 100 2020」(ヨネックス イーゾーン100 2020)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ダンロップ CX200 OS 2021はこんな人におすすめ

  • 柔らかな打感が好きな人
  • ボールを楽に飛ばしたい人
  • 回転をしっかりかけたい人
  • フレームがしなるラケットが好きな人

こんな人には向いてない

  • パワフルな人
  • コントロール志向な人
  • 硬い打感が好きな人

まとめ:ソフトな打感としなり、強めのパワー&スピンアシストが魅力

本記事では「Dunlop CX200 OS 2021」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

柔らかく軽めの打感、強めのしなり、飛び、スピン性能が特徴的なラケット!

柔らかい打感で楽にスピンショットを打ちたい初中級~中級者には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

 

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました