2022 ボレーがしやすいおすすめのテニスラケットランキング5 【ダブルス・ネットプレーヤー向け】

テニスラケットランキング

 

ボレーがしやすいラケットが欲しいけど数が多くてどれがいいのかわからない‥‥。

どのラケットがおすすめ?

今回はダブルスを良くしたり頻繁にネットに出るボレーヤーの方に向いている、「ボレーがしやすいおすすめのテニスラケット」を5本、実際の使用感と共に紹介していきます。

☑筆者情報

  • テニス歴20年
  • ラケット試打数&購入数合計130本以上
  • ガットインプレ数90種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

テニス歴20年の私が100本以上試打した中で「これは良い!」と感じたモデルを厳選したので、参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

【ダブルス・ネットプレーヤー向け】ボレーがしやすいおすすめのテニスラケットランキングトップ5!【2022】

5本とも非常に人気の高いテニスラケットです。

第1位 ウィルソン ウルトラ 100 V3.0 2020

Wilson Ultra 100 V3.0 2020」(ウィルソン ウルトラ 100 V3.0 2020)

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
フレーム厚24-26-23㎜
バランスポイント320㎜
ストリングパターン16×19

Wilson Ultraシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑フェリシアーノ・ロペス(世界ランク最高12位)

評価

打感の柔らかさ8.5/10
ボールの飛ばしやすさ7.5/10
回転のかけやすさ7.5/10
ボールコントロール性能7.5~8/10
操作性/取り回しやすさ8/10

錦織選手も使用中の「ウルトラシリーズ」の100インチモデル。(錦織選手は上級者向けのウルトラツアー95を使用)

「ネットプレーで優位性を発揮する」をテーマに作られたラケットで、ボールを飛ばすパワーもありますが、それでいてボールが飛び過ぎないのが大きな特徴です。

ボレー時にボールがネットを確実に超え、アウトにもなりにくいという絶妙なパワー感が素晴らしい。

フレームがガッシリしているので面の安定性は高く、速球を食らっても面ブレしにくい。

さらにガットのたわみ量は数ある100インチ系ラケットの中ではトップクラスで、とてもソフトな打感です。

打感の柔らかさはボレーの時には正義!

ストローク時の球種としては、回転が適度にかかり、自然なスピン量のフラットドライブを打ちやすい仕様。

球離れは少しゆっくりなので早いスイングでシャキッと打ち返したい方には合わないですが、柔らかな打感でじっくり展開していきたい方には良いと思います。

マジでボレーのしやすさが神だった!

頻繁にボレーするならイチオシ!

 

300gはちょっと重いなという方は280gの「100L」も良いと思います。

 

╲詳細レビュー記事はこちら/

 

第2位 ヨネックス ブイコアプロ 100 2021

Yonex Vcore Pro 100 2021」(ヨネックス ブイコアプロ 100 2021)

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
ストリングパターン16×19
フレーム厚23㎜

ブイコアプロシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑スタン・ワウリンカ(世界ランク最高3位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yonex USA(@yonex_usa)がシェアした投稿

評価

打感の柔らかさ7.5~8/10
ボールの飛ばしやすさ7.5~8/10
回転のかけやすさ7~7.5/10
ボールコントロール性能8~8.5/10
操作性/取り回しやすさ8/10

ワウリンカが使用するブイコアプロシリーズの100インチモデル。(ワウリンカは中上級者向けのブイコアプロ97を使用中)

パワーとコントロール性能のバランスが最高レベルで、適度にボールは飛び、なおかつ打球を狙った所に落としやすいラケットです。

フレームがしなりやすく設計されていて、ボールとガットの接地時間を長く感じ、ボレー時でもかなりボールコントロールしやすい。

発売当初から非常に注目度の高い人気モデル。

ウルトラが打感の柔らかさに特化しているのに対し、ブイコアプロはコントロール性能に少し寄っているところに違いがありますね。(ブイコアプロもまあまあ柔らかいけど)

どちらも甲乙つけがたいボレーの扱いやすさ。

最高の2本。

ストロークではボレー時よりもさらにフレームの心地よいしなりを感じられ、快適にフラットドライブを展開可能。

ガンガンに回転はかからないのでスピン系プレーヤーとの相性は微妙ですが、打感の柔らかさを感じつつ、程よくボールを飛ばし、しっかり打球もコントロールしたい方にはおすすめです。

スーパーバランス型!

2位!

 

280gの100Lはこちら↓

 

╲詳細レビュー記事はこちら/

 

第3位 ヨネックス イーゾーン 100 2022

ヨネックス イーゾーン 100 2022」(Yonex Ezone 100 2022)

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
フレーム厚23.8-26.5-22.5㎜
バランスポイント320㎜
ストリングパターン16×19

イーゾーンシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑大坂なおみ(世界ランク最高1位)

評価

打感の柔らかさ7.5~8/10
ボールの飛ばしやすさ8.5/10
回転のかけやすさ7.5/10
ボールコントロール性能7/10
操作性/取り回しやすさ8/10

大坂なおみ選手が使用するイーゾーンシリーズの黄金スペックモデル

「アイソメトリック」というヨネックス独自の技術によりスイートスポットが他の100インチラケットと比較して明らかに広く、面のどこで打っても柔らかさを感じやすいラケットです。

アイソメトリックはブイコアプロにも採用されているけど、イーゾーンの方がより広さを感じやすい。

ボレーの時に相手の速球を毎回ラケットの芯で捉えるのは大変だから、スイートスポットが広いのは超メリット。

面の安定性はウルトラやブイコアプロ同様に高め。

ただ、パワーアシスト(反発力)が強めなので、ボールはよりラクに飛び、ボールスピードが最も出しやすいです。

ラクにボールを飛ばしていきたい方or高速ショットを展開したい方にちょうど良いと思う。

ストローク時はフラットドライブが打ちやすい仕様。

バンバン打ちたいパワフルプレイヤーにはちょっと収まりが悪いですが、ラケットのパワーを借りつつ楽にボレーを展開したいなら向いていると思います。

スイートスポットの広さ、ボールを飛ばすパワー、球速の出しやすさの3点を重視するならドンピシャ!

 

285gの100Lはコチラ↓

 

╲詳細レビュー記事はこちら/

 

第4位 バボラ ピュアドライブ 2021

Babolat Pure Drive 2021」(バボラ ピュアドライブ2021)

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚23-26㎜
ストリングパターン16×19

ピュアドライブシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑ファビオ・フォニーニ(世界最高ランク9位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

More powerful with my new #PureDrive from @Babolat #UnleashYourPower 💪🔥

Fabio Fognini(@fabiofogna)がシェアした投稿 –

評価

打感の柔らかさ7.5/10
ボールの飛ばしやすさ8/10
回転のかけやすさ7.5/10
ボールコントロール性能7.5/10
操作性/取り回しやすさ8/10

テニス界屈指の人気シリーズ”ピュアドライブ”の最新作。

トッププロだけでなく、多くの一般プレーヤーが使用している定番のテニスラケットです。

ボールを飛ばすパワーはウルトラ&ブイコアプロとイーゾーンのちょうど中間位な感じ。

このラケットのボレー時に良いところは「面の安定性が最強な所」

打感の柔らかさはウルトラやブイコアプロ、イーゾーンの方が上ですが、相手のハードヒットに打ち負けない強固な安定感はピュアドラに軍配が上がります。

フレームがめちゃしっかりしている。

ボレーでもストロークでも打ち負けない安心感がある。

ストローク時の球種としては、回転が自然にかかり、標準的な回転量のフラットドライブが打ちやすい印象。

ボールを飛ばしやすいパワー系の中ではややガットがボールを掴むホールド感(球持ち感)があり、打球のコントロールもしやすい部類だと思います。

ボレー時の面の安定性を重視するならかなり向いたラケット!

 

285gの「Team」はこちら↓

 

 

第5位 ヘッド ブーン(BOOM)MP 2022

ヘッド ブーン/ブーム MP 2022」(HEAD BOOM MP 2022)

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ295g
バランスポイント315㎜
フレーム厚24㎜
ストリングパターン16×19

ブーンシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑ロレンツォ・ムゼッティ

評価

打感の柔らかさ8~8.5/10
ボールの飛ばしやすさ7.5/10
回転のかけやすさ7/10
ボールコントロール性能8/10
操作性/取り回しやすさ8.5~9/10

非常に柔らかい打感と適度なボールの飛び、高いボールコントロール性能が特徴のラケット。

やや軽量の295gかつバランスが5㎜程度グリップ寄りのトップライト系であり、ボレー時の取り回しが非常にしやすいタイプです。

軽いからとっさに動かしやすい。

スイングしやすく疲れにくい所もメリット。

スイートスポット広めでミスしにくく、飛びも丁度良い。

ホールド感(球持ち感)が強く、ボールを乗せて運べる感触が強いです。

ホールド感の強さとボールコントロールのしやすい点はブイコアプロと共通している。

ストローク時の球種としては、低~中軌道のフラットドライブが打ちやすい印象。

ラケット自体が軽めなので重量級ラケットのような球威は出にくいですが、操作性が高く柔らかな打感のラケットを使いたい方にはおすすめです。

取り回しやすさがバツグンの柔らか系ラケット!

5位!

 

 

╲詳細レビューはこちら/

 

ボレーのしやすいラケットで快適なネットプレーを!

本記事では、ボレーがしやすいおすすめのラケットを5本紹介してきました。

それぞれ少しずつ特徴は違うけど、かなりボレーがしやすいのは共通している。

サラッと5本の強みをまとめると、以下のようになるかなと。

ウルトラ

  • 飛びすぎず飛ばなすぎの絶妙なパワー感
  • 超ソフトな打感

ブイコアプロ

  • 飛びすぎず飛ばなすぎの絶妙なパワー感
  • ソフトな打感
  • かなりボールコントロールしやすい

イーゾーン

  • 強めのパワーアシスト
  • 広いスイートスポット
  • ソフトな打感

ピュアドライブ

  • 最強の面の安定性
  • パワー系の中では高めのコントロール性能

ブーン

  • 操作性の高さ
  • 打感の柔らかさ
  • 飛びとコントロールのバランスの良さ

ぜひ自分に合ったラケットを選んでボレーで主導権を握っていただけたらと思います。

ではでは、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるから、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入るよ。

今回解説したラケット用品一覧

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました