ウィルソン ブレード 98 18×20 V8.0 2021 インプレ 評価レビュー

ウィルソン

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー・テニスタイガーです(^^)/

今回は「Wilson Blade 98 18×20 V8.0 2021/2022」(ウィルソン ブレード 98 18×20 V8.0 2021/2022)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

本記事の内容

  1. スペック、使っているプロの紹介
  2. 使われているテクノロジーをサクッと解説
  3. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー
  4. 類似・競合ラケットの紹介

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年
  • ラケット試打数&購入数合計100本以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「最高クラスのボールコントロール性能を持つ中上級~上級者向けフラットドライブ系ラケット」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

スポンサーリンク

ウィルソン ブレード 98 18×20 V8.0 2021 2022のスペック

Wilson Blade 98 18×20 V8.0 2021/2022

フェイスサイズ98平方インチ
重さ305g
バランスポイント320㎜
フレーム厚21㎜
ストリングパターン18×20

標準よりやや面が小さく、フレームは薄く、重めなちょいハードなスペック。

フレーム厚は薄い方がボールの飛びが抑えられ、ボールコントロールしやすくなる。

ストリングパターンはガットの目が細かい18×20。

ボールを潰して運びたい中上級フラット系プレイヤーに向けて設計されているタイプですね。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性×

ブレードシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

※プロテニス選手は独自にラケットをカスタマイズしているので、市販品とスペックが違うことがあります。

☑ステファノス・チチパス

☑シモナ・ハレプ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Simona Halep(@simonahalep)がシェアした投稿

 

トップランカーの使用率が最も高いテニスラケットのシリーズがこのブレード98。

男女共にトップ100位以内の選手のうち、約20人がブレード使用者‥‥!

テクノロジー/予備知識

FORTYFIVE°(FEEL FLEX)しなりやすく、なおかつボールヒット時にフレームがブレないような安定性もある特殊なカーボン
DIRECTCONNECTエンドキャップとグリップ部分のカーボンを繋げることにより、打球の感覚がより手元に伝わり、ねじれによる安定性にも強いテクノロジー
COLORSHIFTING DESIGN見る角度によって深いグリーン、メタリックなグリーン、ブロンズカラーと移り変わっていくデザイン

植物由来のエンドキャップとグロメットを使用し、環境に配慮した優しい作りになっています。

ウィルソン ブレード 98 18×20 V8.0 2021 2022のデザイン

グリーンとブロンズカラーが交互に移り変わっていくデザイン。

メタリックで中々カッコいいですね。

フレーム厚21㎜なので、スッキリほっそりした見た目です。

ウィルソン ブレード 98 18×20 V8.0 2021 2022のインプレ・評価・レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、レビューを書いていきます。

打感の柔らかさ: 7/10

硬すぎず柔らかすぎずの標準的な印象。

ボールの重みは感じやすいですね。

ガットがボールを掴むホールド感(球持ち感)はやや強く、ボールとガットの接地時間は長め。

フレームのしなりもそこそこ感じますが、以前のシリーズと比べるとそこまでガッツリしなる感じではないです。

”フレームをしっかりさせて面の安定性を高めた”というメーカー説明は正しいと思う。

ボールの飛びの良さ: 6/10

かなり控えめな飛び感。

ちゃんとラケットを振っていかないと浅いボールになるorネットになるので、ハードヒッター向けです。

結構飛ばない。

使いこなすにはパワーが必須。

【軌道について】

打球の軌道はだいぶ低めになりやすいです。

スピンのかけやすさ: 7/10

普通に打っている分にはほぼスピンアシスト感は感じず、クリーンなフラット系のショットになりますが、かけていこうとすればそこそこ回転がかかるイメージです。

意外とかかるけど、基本はフラット系だろうなあと思う。

【スライスについて】

中軌道のスーッと伸びていく打球が打ちやすい。

スライスに関してはそこまで低軌道になる感じではないです。

コントロール性能: 9.5/10

コントロール性能は最高クラス。

打球を狙った所に打ち込みやすく、意図せぬアウトも起きにくいです。

トップクラスのコントロール力!

操作性&取り回しの良さ: 7.5/10

305g/バランス320㎜なので、少し重い。

フレームが薄くて空気抵抗が少ない点は良いですね。

ストローク

強いホールド感を感じつつ、低軌道のフラット~フラットドライブをガッツリ狙った所に打ち込める◎

最高クラスのコントロール性能を味わえます。

コントロール志向なハードヒッターと相性バツグンだと思う。

低軌道の直球が気持ち良く飛んでいく。

コントロール系ラケットは重いラケットが多いので、その中では割りと軽めな305gという点もメリットかなと。

ただ、先述したようにしっかり打たないと浅い球orネットミスになり、バウンド後のボールのノビもそこまで強く出てくれないので、初中級者には厳しめな難易度。

中上級~上級者が振り切って使ってこそパーフェクトなコントロール性能とボールのノビを感じられる逸品だと思います。

【守備について】

反発力があまり強くないので、走らされた際のボールの処理は難しめ。

楽はできないですね。

ボレー

ストローク同様に非常に打球をコントロールしやすい。

当てるだけでカンタンに飛んでくれるようなことはないですが、飛びすぎてアウトすることがほぼなく、また相手の打球に打ち負けない面の安定性も感じられます。

硬さがそこまでない所も良い。

サーブ

フラットサーブ⇒ボールコントロール性能と収まりの良さがピカイチ。

ガンガンフルスイングしてエースを狙っていけます。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒回転系サーブの打球の変化はまあまあ。

回転がかかりにくいラケットが多い18×20にしてはかかるかなという印象です。

基本的にフラットサーブをドンドン打ち抜いていきたい人に合うと思う。

 

 

類似・競合ラケットの紹介

☑ウィルソン ブレード 100 V8.0

ブレード特有のボールコントロール性能の高さを持ちつつ、98よりは打球が飛んでくれやすい100インチ/300gのモデル。

98はちょっと厳しそうだけど、コントロール系ラケットを使いたい!という方にピッタリな使用感です。

100インチ/300gのラケットの中ではトップクラスにボールコントロールしやすい。

ウィルソン ブレード 100 V8 2021 2022 インプレ 評価 レビュー
「Wilson Blade 100 V8.0 2021 2022」(ウィルソン ブレード 100 V8.0 2021 2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ウィルソン プロスタッフ 97 V13.0

ブレード98と同等の飛び感で打感がより硬い印象のコントロールラケット。(97インチ/315g)

重いので操作性はブレードに負けますが、一発一発の威力はプロスタッフの方が上かなと思います。

硬い打感が好きなら検討してみるといいかも。

ウィルソン プロスタッフ 97 V13.0 インプレ 評価 レビュー フラット系
「Wilson Pro Staff 97 V13.0」(ウィルソン プロスタッフ 97 V13.0)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ヘッド プレステージ MP 2020

ブレード98と同等の飛び感でフレームがよりしなる印象のコントロールラケット。(98インチ/320g)

面の安定性よりもフルスイングした時のしなり感を重視するパワフルプレイヤー向けです。

ヘッド プレステージ MP 2020 インプレ 評価 感想レビュー 名器
「Head Graphene 360 + Prestige MP 2020」(ヘッド グラフィン 360+ プレステージ MP 2020)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ウィルソン ブレード 98 18×20 V8.0 2021 2022はこんな人におすすめ

  • ボールの飛びを抑えたいコントロール志向な人
  • フラット~フラットドライブ系プレイヤー
  • ホールド感重視の人
  • トップランカー使用モデルを使いたい人

こんな人には向いてない

  • ボールを楽に飛ばしたい人
  • 回転をガッツリかけたい人

まとめ:トッププロに人気のコントロール系ラケットの大定番

本記事では「Wilson Blade 98 18×20 V8.0 2021」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

最高クラスのボールコントロール性能とホールド感を味わえるトッププロ御用達の人気モデル!

低軌道のフラット系のショットをガッツリコントロールして展開したい中上級~上級者には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したテニス用品一覧

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました