ウィルソン バーン 100 V4 2020 2021 インプレ 評価 感想レビュー

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー・テニスタイガーです(^^)/

今回は「ウィルソン バーン 100 V4.0 2020 2021」(Wilson Burn 100 V4.0 2020 2021)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

日本未発売ラケット。

実店舗では売ってないから、楽天などのネットショップからのみ入手可能。

本記事の内容

  1. スペック、使っているプロの紹介
  2. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー
  3. 類似・競合ラケットの紹介

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年
  • ラケット試打数&購入数合計130本以上
  • ガットインプレ数70種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「球離れの良さと軌道低めのスピードショットの打ちやすさが特徴的な中級者向けフラットドライブ系ラケット」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

スポンサーリンク

ウィルソン バーン 100 V4 2020 2021のスペック

ウィルソン バーン 100 V4.0

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚23-25-23㎜
ストリングパターン16×19

100平方インチ/300g/バランス320㎜の黄金スペックモデルです。

黄金スペックは幅広い層に最適化された使いやすいスペックで、非常に人気が高い。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

バーンシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

※プロテニス選手は独自にラケットをカスタマイズしているので、市販品とスペックが違うことがあります。

☑アナスタシア・パブリュチェンコワ

ウィルソン バーン 100 V4 2020 2021のデザイン

ブラック×グレー×オレンジのシンプルなデザイン。

ウィルソン バーン 100 V4 2020 2021のインプレ・評価・レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、レビューを書いていきます。

打感の柔らかさ: 7/10

硬すぎず柔らかすぎずな印象。

球離れは早く、あっさりスカッと軽めの打感でボールが飛びます。

弾きが良く、ガットがたわむ前に飛んでいく。

特別ソフトさは感じないけど、ハードな硬さもない感触。

ボールの飛びの良さ: 7.5~8/10

反発力はやや強く、比較的ボールは飛ぶ。

ただ、飛びすぎてアウトしやすいというほどは飛ばず、割とコート内に収まりやすい印象です。

飛びすぎないパワー系。

スピーディなショットが打ちやすい。

【軌道について】

軌道はやや低めの直球になりやすい。

あまり高く上がる感じではないですね。

スピンのかけやすさ: 7~7.5/10

基本的にフラット~フラットドライブ辺りのショットになりやすい。

ガンガン回転をかけていくよりもフラット系のショットを打つ方が向いていると思います。

クリーンヒットして直球のフラットショットを飛ばすのが気持ち良い。

【スライスについて】

スライスはやや軌道が上がりやすく、中~高軌道のショットがあっさり飛んでいきやすいです。

コントロール性能: 7.5/10

打球を狙った所に打つボールコントロール性能は標準的といったところ。

球離れが早いのでコースを狙っていくのはそこまで得意じゃないですが、しっかりスイングしてもそこまでアウトしない所は良いと思います。

操作性&取り回しの良さ: 8/10

標準的なスペック(100インチ/300g/バランス320㎜)なので、違和感ナシ。

ストローク

あっさり軽く弾きの良い打感でやや低めのスピードボールを打ち込める◎

球離れの早さと反発力の良さが特徴的で、テンポよくスピーディにストローク展開していけます。

ガットとボールの接地時間が短く、打球をスパーンと弾いて飛ばせる。

一方、モチっとした打ち心地で打球をホールドする感触は薄いので、球持ちの良い打感が好きなプレイヤーには合わないですね。

また、飛ぶタイプのラケットではあるので、元々パワフルな上級プレイヤーだとちょっと飛びすぎるかもしれません。

一般的な筋力で、ラケットのパワーを借りつつスカッとスピードショットを打ちたいプレイヤーにおすすめ。

【守備について】

走らされた時のボールの処理はややカンタン寄り。

反発力があるおかげで返球時に飛ばなくてツラいということにはなりにくいです。

ボレー

ストローク同様に弾きが良く、ミスヒットすると硬さと飛ばなさを結構感じやすいですが、ちゃんと打てたときはスパーンと速いボールが飛ぶ。

飛距離は丁度良く、アウトしにくい印象です。

面の安定性が高く打ち負けにくい使用感。

サーブ

フラットサーブ⇒しっかり打つと飛びすぎ、コントロール性能はボチボチ。

一方、軽く打ってもスピードが出るので、球速は上がります。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒スピンサーブのハネはそこそこといった感じですが、スライスサーブはかなり曲がりやすいです。

 

類似・競合ラケットの紹介

☑ウィルソン ウルトラ 100 V3.0

ほぼ同じスペック(100インチ/300g/バランス320㎜)のウィルソンの人気ラケット。

弾きの良いバーンに対し、ウルトラはガットのたわむ柔らかさと球持ちの良さが魅力です。

とても良くたわむタイプ。

弾きよりソフトさ重視ならウルトラ100の方がおすすめ。

ウィルソン ウルトラ 100 V3.0 2020 インプレ 評価 レビュー たわみ最高
「Wilson Ultra 100 V3.0 2020」(ウィルソン ウルトラ 100 V3.0 2020)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ウィルソン ブレード 100 V8.0

ほぼ同じスペック(100インチ/300g/バランス320㎜)のウィルソンの人気ラケット。

フレームが薄くてボールの飛びを抑えられている点が特徴的で、ガンガン打ってもアウトしにくいボールコントロール性能の高さに定評のあるタイプです。

ラケットのパワーはそれほどいらなくて、自分からきちんとハードヒットしたいならバーンよりブレードの方が良い。

ウィルソン ブレード 100 V8 2021 2022 インプレ 評価 レビュー
「Wilson Blade 100 V8.0 2021 2022」(ウィルソン ブレード 100 V8.0 2021 2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑バボラ ピュアドライブ 2021

ほぼ同じスペック(100インチ/300g/バランス320㎜)のバボラの人気ラケット。

ピュアドライブはバーンよりもう少しボールが飛び、球持ちが良いタイプのパワー系の印象です。

バーンよりちょいソフトで飛ぶ。

バボラ ピュアドライブ 2021 インプレ 評価 感想レビュー
「バボラ ピュアドライブ2021(Babolat Pure Drive 2021)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ウィルソン バーン 100 V4 2020 2021はこんな人におすすめ

  • ボールを楽に飛ばしたい人
  • 球離れの良さや弾きの良さを求める人
  • フラットドライブ系プレイヤー
  • ボールスピード重視の人

こんな人には向いてない

  • ボールの飛びを抑えたい人
  • ホールド感や球持ちの良さを求める人
  • ガンガンに回転をかけたい人

まとめ:弾きの良い打感でスピードボールが打てる

本記事では「ウィルソン バーン 100 V4.0」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

球離れの早い打感、強めの飛び、球速の出しやすさが特徴のラケット!

あっさりスカッと弾いてスピーディなフラットドライブを打ち込みたい中級者の方には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したテニス用品一覧

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました